夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
年越し大喜利に行った話
【18:00】

昨年同様に年越しは喜利の箱で。
みんなで食べるフード・ドリンクなら持ち込みOKとのことなので、おつまみミックスを持って喜利の箱へ。

18時の段階では既に、朝のうちに釣りに行っていた山本妄想社さんがいらっしゃっておりました。
「ニジマスとイワナ、2匹しか釣れんかった……」と申し訳なさそうにしていたのですが、釣りをしない身としては、『2匹でも少ない方なのか……』と思ったり。
私は完全に釣果のイメージが、波平のそれ(基本的に釣れないもんだと思ってる)。

そのうちに無名人形師さんがご来店。
時間帯的には一応「今年を振り返る大喜利」が始まる予定だったのですが……まだ人数が少なかったこともあり、なぜか突如始まる「喜利の箱の駄目出し大喜利」。
内容に関しては伏せておきますが、「喜利の箱のこんなところを良くしたら、もっとお客さんが来るようになるのでは?」というのを割とマジなテンションで話しました。

その後、山本さんが釣ってきた魚を鍋にするために、魚二匹を捌き始めます。
魚のお頭だけをサランラップの上に置いて、「画像で一言」お題にしたり。
やがてオーナーと山本さんはスーパーへ鍋の材料の買い出しに行きました。
残された私と無名さんは、なんとなくトランプでポーカーとババ抜きをしていました。
二人でやるババ抜きは、とんでもなく淡々とした感じになりますね。



【19:30】

やがて権藤さん、中野さん、少し遅れて電光石火さん、ぶっきーさんらがご来店。
山本さんが野菜を刻んだりして着々とお鍋の準備をするのを傍目に、他の面々は「今年を振り返る大喜利」を始めました。
権藤さんはむき出しのまま置いてあった生魚に「生臭っ」と言っていました。

Wikipediaの「2014年の日本」の項目を見ながら今年あった出来事をテーマにしつつお題を作成。
良かった回答だけが残り、最後まで残っていた回答をベストアンサーとする方式で大喜利を行います。
回答時間終了後にはいじった出来事以外にも何があったのかを調べてみたりしていたのですが、どう見ても8月だけがやる気が無かったです。



【21:00】

今年一番面白かったやつを決めるローテーション大喜利をスタート。
各々の出題したお題でそれぞれベストアンサーを決め、それを最も多く獲得した人が今年一番面白かったやつになります。

今年私が最後に出したお題は「ギャルに『人生とは?』と尋ねたら、こう答えた」。お題の元ネタは『おしえてギャル子ちゃん』です。
ベストアンサーは山本さんの「ちょっとまって今からジュンヤに電話するから。こういうことはジュンヤに任しとけば間違いないから」です。誰だよ、ジュンヤ! 自分で考えろよ、ギャル子!

そして一周した時点でベストアンサーの数が多かったのは、山本さんとオーナーだったため、2014年一番面白かったやつらは、この二人に決定となりました。
なお、山本さんはこれで二年連続の面白かったやつです。
その後、ばらけつさんが11時頃に来るらしいというので、そのくらいを目処にだらだらとローテーション大喜利を延長。
今年一番面白かったやつを決めている間にはベストアンサーは取れなかったものの、延長戦中では2度のベストアンサーをいただけました。
覚えている回答は、山本さんの「1980年代のSF映画で2015年はこう描かれている」というお題に対する、「少年隊がすごい」。



【23:00】

宇田川ぱるるさん、ばらけつさんがご来店。
この辺りで良い感じの時間帯になってきたため、鍋開始。
白菜にエノキに豆腐にネギを投入、さらに山本さんが釣ってきたニジマスとイワナも投入、お肉も投入。
一煮立ちさせてから、鍋キューブも投入(本当は最初具材が何も入ってない時点で入れてなければいけなかったのに)。
さらには山本さんが「うまいから食べてみて!」と薦める餃子の皮も投入。
鍋キューブを入れるタイミングが遅れたためか最初はちょっと味が薄めで、ポン酢を入れていただきます。
これがまた、普通に美味しいです。
山本さんの釣ってきたお魚も、薦められた餃子の皮も、どっちも普通に美味しかったです。
去年の年越しの時には自宅からそばつゆを作って出前してきてくれたりしたんですけれど、本当に山本さんには美味しいもの何度も食べさせて貰ってて、頭が下がりますわ……。




【23:45】

ゆく年くる年などを見つつ年越し。
すごいだらだらしながら年を越しました。
年を越した瞬間みんな急にテンションが上がって、「明けましておめでとうございます!」「今年もよろしくお願いいたします!」と挨拶していました。

ばらけつさんに冬コミの戦利品の、だりなつの同人誌を渡したら、「いくらですか? 買い取ります」と普通に言われました。
そういう感じになるなら、最初っから2冊買ってきたのに……。なお、売った模様。



【00:15】

鍋の残り汁を利用してそばつゆを作り、そばをゆでます。
年越しそばは縁起物としては年内に食べなきゃいけないものだし、鍋をやったんならうどんとかにしておけばよかったんじゃ……とも思ったのですが、そもそもそばは先に買ってあったしプログラム的にも年を越してから食べる時系列になっていたので、仕方なかった。
というか、プログラム的には1時15分から食べ始めるはずだったのに、鍋をやった惰性でもうそばもゆでてしまう。

なお、この辺りでばらけつさんが帰宅。
年明けからすぐにお仕事なのだそうです。おつかれさまです。今年もよろしくお願いいたします。



【00:30】

ここらで喜利の箱から徒歩2分の御嶽神社へ初詣へ。
さすがに年明けから30分ということで、結構な行列が出来ておりました。
条件反射的にコミケの列整理するスタッフのモノマネをするも、伝わる人が権藤さんしかいなかった模様。
ここで寒さに震えながらも10分程度行列に並び、雑談をちらほら。
オーナーが奇虫好きであるということが分かりました。
なお、私は奇虫というか、虫が苦手です。なんていうか……こう、なんでしょうかね。脚がいっぱいあるのとか、触覚とかが、すごい苦手なのです。触れないし、写真を見るのも無理なので、もしかしたらこれは軽めの精神的疾患なのでは? と思うくらい。

初詣ではご縁があるように5円玉を投入。
今年一年の無事を祈っておきました。
その後は甘酒をいただいてから、みんなでおみくじを購入。
私は「末吉」でした。
資格試験があるのに、学問は「危うし」。
喜利の王があるのに、争事は「悪し」。
果ては恋愛に至ってははっきりと「今はまだ駄目です」。
……もう今年一年、あんまり楽しくない。後厄だし。(本厄は知らぬ間に終わっていたようでした)
そんな中で良さそうなことが書いてったのは、出産。『安産 産後を大切に』。……恋愛運が駄目なのに、出産するわけねーだろ!



【01:30】

我々が初詣をしている間に、うっらいさんがご来店。
元々公開していたスケジュールでは我々は年越しそばを食べているはずなのですが、なぜ初詣に行っていたのか……。
なお、うっらいさんは差し入れとして牛皿を買ってきてくださいました。
我々はもうとっくにおそばを食べ終えていたのですが、『牛皿うめえ!』と美味しくいただきました。



【02:00】

お年玉争奪!初笑大喜利合戦がスタート。
じゃんけんで割り振ったそれぞれの予選ブロックの勝ち抜き2名ずつが決勝戦進出。
予選敗退者はそのまま敗者復活戦にまわり、そこから勝ち上がった1名も決勝進出。
お題は予選敗者復活決勝全て文章お題と画像お題がそれぞれ3分ずつの計2問、という感じ。
決勝進出者5名にはお年玉が出る、というルールでやっていました。

予選第1ブロックは、権藤さん、山本妄想社さん、無名人形師さん、うっらいさん、私、という喜利の箱で普通に見かける人たち組。
ルール確認の際にうっらいさんが、『つまり……好きなAV女優の名前を言えばいいんですか?』とか言い出すものだから、開幕から山本さん、私、うっらいさんがお題無視して好きなAV女優の名前を出すというお正月からドイヒーな大喜利。
AVにまみれたふざけたことをやった報いか私は予選敗退、権藤さんとうっらいさんが決勝進出となりました。
(うっらいさんこそが元凶だったのに!)

予選第2ブロックは、宇田川ぱるるさん、ぶっきーさん、中野さん、電光石火さん。
こちらはAV女優のことは忘れて正統に大喜利をしました。
このブロックの中では中野さんが飛び抜けていて、ぶっきーさんがその後に追いすがった感じです。

敗者復活にまわったのは、山本妄想社さん、無名人形師さん、宇田川ぱるるさん、電光石火さん、私。
文章お題は「世界一アホな居酒屋で『生一丁!』と頼んだら何が出てくる?」、画像お題は高校野球の優勝旗を持って凱旋する高校球児の画像。
出した回答として覚えているのは、1問目が「店長の生写真」「注文した後、厨房から『ジュージュー』と音がしてきて、明らかに焼いている」「生そば」、2問目が「お昼なんですけれど、定時制の連中が意気揚々とやってきた」「『これ、紅白歌合戦の優勝旗です!』『返してきなさい!』」。
その結果、2位の方と非常に僅差ではありましたが、私が決勝進出となりました。ほっとしました。

決勝戦は、権藤さん、うっらいさん、中野さん、ぶっきーさん、そして私です。
ここでもまた謎のAV女優回答が飛び交う奇妙な空間に……。
さて、その結果、1位はうっらいさん、2位は私(サドンデス1問1答で勝利)、3位は中野さん、4位は権藤さん、5位はぶっきーさん、となりました。
1位のうっらいさんから、1〜5番の番号がつけられたお年玉袋を選ぶことができます。
と、ここでオーナーから「僕は、イチゴの乗ったショートケーキが嫌いです」というヒントが。
するとうっらいさんは、「イチゴが嫌いと言うことは、1と5は当たりじゃない! そしてショートケーキというのは意味が分からないけど……きっとオーナーはそこまで考えていない!」という名推理を披露し、2番をチョイス。
続いて2位の私は、『4番打者になりたいから』という理由で4番をチョイス(どこの? と聞かれたので、カープの、と答えました)。
3位の中野さんは、『イチゴが嫌いらしいので、1と5以外の3番』をチョイス。
権藤さんとぶっきーさんは、残った1と5をそれぞれ。
結果、うっらいさん、私、中野さんはそれぞれ喜利の箱無料招待券やクオカードなどをゲット、権藤さんとぶっきーさんはどちらもはずれくじを引いてしまいました……。

ある程度空気も落ち着いてきたところで、権藤さんはご帰宅。おつかれさまでした。今年もよろしくお願いします。
と、そんな中で『みんなのハンドルネームって、どういう由来なのよ?』という雑談が始まったり。
個人的にしっかりとした由来があるなあと思ったのは、権藤さんと山本妄想社さん、うっらいさんです。
ちなみに私の『星野流人』は、お笑いコンビの『流れ星』が好きだったからそこから流と星をとって、人っぽい名前にしたというしょーもない由来です。
流れ星に微妙に人気が出てきてしまったので、ちょっと由来の説明が恥ずかしい。



【03:30】

ドイツ生まれのカードゲーム「ニムト」で遊び始めます。
これは牧場の8人の息子達がそれぞれ牧場を継ぎたくないため牛を押し付け合うカードゲーム。
66頭の牛を押し付けられた時点でゲームが終了となるのですが、2周終わってうっらいさんが64頭の牛を押し付けられているという極限状態。
ほとんど運の要素が絡むゲームではあるものの、経験者の私とオーナーは1周目牛が0頭。
そして誰もがうっらいさんが牧場を継ぐのだろうと思っていた3周目……無名人形師さんが圧倒的な追い上げを見せ、見事うっらいさんをまくって牧場を継ぐこととなりました。
でもうっらいさんも普通に66頭をオーバーしていたので、「もう2人で共同経営すればいいだろ」という結論に。
他の6人の息子達は都会へと帰っていきました。



【04:00】

艦隊これくしょんとは何の関係もないボードゲーム「漢コレ!」で遊び始めます。
漢字の部首とつくりの部分に分かれたカードを組み合わせ、新しい意味の漢字を作るというゲームです。
今回私が出したのは、「食へん」に「怒」で『おのこしはゆるしまへんで〜!』、「魚へん」に「驚」で『(さかなクン風に)ギョギョギョッ!』みたいな感じでした。



【04:30】

「かぶっちゃだめよ」ゲームを始めます。
これはテーマを決めてそれぞれ一人一つずつ回答を書き、その答えがかぶったらドボン、という単純明快なルール。
5周を目標に始めたのですが、さすがに参加人数が9人ともなるとかぶるわかぶるわ……3周目にすらなかなか入れません。
「赤いもの」「スポーツ漫画」「読売ジャイアンツに所属したことのある選手」「阪神タイガースに所属したことのある選手」「サッカー日本代表」「県名」「お菓子の名前」「吉本興業のお笑いコンビ」「国名」「国名(再チャレンジ)」等で挑戦するも、ことごとく1周目ないしは2周目で撃沈。
なんでや……なんで、かぶるんや……。
途中からは年末から年始にかけてのお仕事を終えたばかりのいいさんも合流して、10名によるチャレンジが始まるも、なかなか3周目に入れません。
そしてうっらいさんの提案による『ジャニーズアイドル』にて……ようやく3周目突入!
ジャニーズにてようやく3周目に入れたものの、そこでかぶりが発生してしまい、夢の5周目には行けずじまいでした。残念。



【06:00】

山本妄想社さん考案の「第三の男ゲーム」を行います。
これはあるテーマに沿って各自が回答を出し、それらを順番になった時に「3番目」になった者が勝者、というゲームです。
「『あ』から始まる芸能人」「木へんの漢字の画数」「魚へんの漢字の画数」「FIFAランキング」等のお題でやりました。
サッカーをまったく知らないのでFIFAランキングでは、何となく強そうなイメージのあったドイツを回答として出したのですが……まさかの、FIFAランキング1位でした。……うそ、そんな強いのドイツ……。



【07:00】

電光石火さん、山本妄想社さん、ぶっきーさんらがこの辺りで帰られます。
最後にちょっとクイズ談義をしたりとかしていました。皆さんクイズがお好きなのですねえ。
最後まで残ったメンツは、頭がもうぼんやりとしているのか、だいぶゲスい話をしていました。
ここでいいさんのアラームが鳴り響き、自宅のテレビがアラームに連動して点いてしまうアクシデント発生。
しかし発生してしまったものはもうどうしようもないので、帰って消すまで放置しかできません。



【08:00】

喜利の箱をようやく後にした我々は、その脚で朝ご飯が食べられそうなお店探し。
結局、私、うっらいさん、いいさん、無名人形師さん、中野さん、のメンバーで早朝のガストへ。
いいさんはガッツリ食べたがっていたのですが、モーニングメニューしか無いとのことなので、仕方なく全員モーニング。
すっかりスイッチの切れてしまったいいさんは、ものすごい眠そうな表情。
食べ終えた後はだらだらとしながら、なぜかAV女優談義をしていました。
正月の朝8時のファミリーレストランでするべき内容ではないです。絶対にです。



というわけで私の2014年はそんな感じで終わって、2015年はこんな感じで始まりました。
至らぬところの多い私ではありますが、何卒、本年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
大喜利悪の組織『悪答』第1回会合
共通の理念など無いままに集まった「大喜利悪の組織」の第1回会合が、9月13日に池袋『喜利の箱』にて開催されました。
参加者は、以下の通り。

・ネイノー(発起人)
・ばらけつ
・お粥
・六升
・星野流人
・ブルペン
・羊狩り
・星野児胡
・権藤
・スパムちゃん

・ステイゴールド(構成員では無いが一日店長の為参加)
・秦小池(構成員では無いが参加。後に構成員入り)
・いしだ(構成員では無いが、たまたま居合わせたためサイキック大喜利より参加)



まずは挨拶代わりにローテーション大喜利を行いました。
こちらは各々悪っぽいお題を出し合い(別に悪っぽくなくてもOK)、各々が選んだ悪っぽいBGM(別に悪っぽくなくてもOK)を流しながら大喜利を行うというもの。
特に時間は計らず、それぞれの選んだBGMが終わったら終了という形を取りました。
ネイノーさんの選んだ『死ね死ね団のうた』が流れる中、和やかなムードで(悪の組織なのに!)会合がスタート。
私は実在のライトノベルタイトルからネタを拝借した「斉藤アリスは有害です。なぜ?」というお題を出しました(私はローテーション大喜利でお題を出す場合、大体このラノとかを持っていってそこに掲載されているタイトルからお題を出しているので)。
BGMには能登有沙さん(StylipS)の「Blue Moon Dream」を選びました。
田中ロミオさん原作の傑作映画『AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜』の主題歌です。
なぜこの曲を選んだのかというと、『AURA』のテーマが厨二病なので、『厨二病って悪っぽいよね』という感じで。
ちなみにローテーション大喜利の中身に関しましては、悪の組織の公式ブログにて公開予定ですので、そちらをご参照ください。
あと、私はブルペンさんの『100万円あってもできないこと』というお題に対する、羊狩りさんの回答がめちゃくちゃ好きです。どんな回答かは、公式ブログの方で確認してください。

各自が流したBGMは、大体こんな感じ。

ネイノーさん『死ね死ね団のうた』
ばらけつさん『マック・ザ・ナイフ』
六升さん『マタンゴ(筋肉少女帯)』
星野流人『Blue Moon Dream(能登有沙(StylipS))』
羊狩りさん『world end(FLOW)』

……ほぼ覚えてない……!?




続いて、『悪の組織の組織名を決める大喜利』を行いました。
また、大喜利の始まる前に、ネイノーさんがS-Andyさんから寄せられていたというご意見『悪答』が紹介され、もうこの時点で『これでいいんじゃね?』感が漂う。
しかし悪の組織関係者でないS-Andyさんの案を採用するには、悪の組織の沽券に関わる!
ということで、星野児胡さんと秦小池さんの選ぶ悪っぽいBGMが流れる中、10分間組織の名前を決めるべく各自が案を出しまくる。
そんな中、私は『(我々はひなどりでなければ、おやどりでもない。また、悪の組織である。従って我々は)チキンマックナゲット』という回答を出し、会場の大爆笑を引き出しました。
しかしながら、『前口上を言わないと組織名の由来が分かりにくい』ということから、採用は見送りに。
その後も様々な大喜利団体名やらまったく関係ないものやらをもじりまくった名前が飛び交い、最終的に『これだ!』と一発で決まるようなものが出なかったために決選投票へ突入します。
ちなみに出た候補の中で有力だったのは、こんな感じ。

・チキンマックナゲット
・ゾゾゾゾゾフィー
・鉤十字666部隊
・問666
・げん死けん

投票の結果、結局『悪答』が賛成多数で採用となりました。
よって、まったく関係ないのもアレなので、S-Andyさんは悪答の顧問に就任することとなりました。
尚、(半ば強制的に)顧問にはなったものの、悪堕ちはしてもらえない模様です。




そして、かつて純豆腐の会TOKIOにて開催された『サイキック大喜利(参考/http://www.ustream.tv/recorded/51122454)』を、ネイノーさんの主導により悪答でもやってみることにしてみました。
ルールとしては、参加者はそれぞれ一人一つ超能力を保持しており、それを大喜利の最中に使用できるというもの。また、その能力を使用しないと能力が暴走して死んでしまうため、試合中1度は必ず使わなければなりません。
お題は一問四分で、二問出題されます。
投票は、二問終了後に観客による挙手投票という天下一形式(なお、純豆腐では一答ずつの得点加算の蛇口形式でしたが、運営の負担が大きいという理由から今回は変更しました。悪答ルールです)。

お題であるとか回答の中身に関してはメモをとっていたわけではないので書けないのですが、なんとなーくの雰囲気はつかんでもらえるとありがたいです。
また、個々の能力や、その能力の名前等もうろ覚えな部分が非常に多いので、完全に印象に残った部分のみを記載しているということも……。

・第1ブロック(秦小池、ブルペン、お粥)

サイキック大喜利経験者がネイノーさんとお粥さんしかいないという手探り状態の中、第1ブロックの対戦がスタート。
緊張感高まる雰囲気の中、お粥さんが能力を発動!
お粥さんが高らかに『ヒール・オブ・ワルキューレ!』と技名を叫びます!
一体、どのような能力なのでしょうか! お粥さんはその能力で、この空間を自らの支配下に置いてしまうのでしょうか!
進行役兼司会のネイノーさんが叫びます!
「で、出たー! ヒール・オブ・ワルキューレ! この能力は、“サロンパスを貼って体力を回復することのできる能力”だああああ!」
ネイノーさんの説明口調の絶叫(そういうものです)を聞き、会場は大爆笑に包まれます。
意味ねええええええ! サロンパスを貼るだけかよ!
夏に喜利の箱に来ていた純豆腐が置き土産に置いて行ったサロンパスを、ばらけつさんの助けを借りて肩に貼るお粥さん。
『完全にお爺ちゃんじゃねえか!』と客席からガヤが飛び交います。
そしてそれに対抗するように、今度はブルペンさんが能力を発動する!
「能力を使います。『ゼログラビティ』!」
「で、出たあああ! 『ゼログラビティ』! これは自分以外の回答者が全員重力が無くなり、ふわふわした状態で回答をしなければならなくなる能力だああああ!」
なんだそれは? なんだそれは!? それ、要る能力なのか!!???
しかしブルペンさんの能力によって強制的に重力から解き放たれる秦小池さんとお粥さん。
二人がふわふわしながらアワアワしている一方で、椅子に座って淡々とお題に向き合うブルペンさん。なんだこの光景?
ふわふわしている秦さんは、ふわふわしているというよりもその場でくるくる廻っているだけという、『無重力……?』な感じになっていました。
一方でお粥さんは無重力状態を熱演……というか、『うわあああ重力が無くなってしまったあああ』ということを表現するのに必死で、もはややっていることが顔芸へと変貌していく。
するとお粥さん、おもむろに口を開き、「『ヒール・オブ・ワルキューレ』!」
またかよ! そんなに何度もサロンパス貼らなくてもいいだろ!(尚、まだあと1回使える模様)
再びばらけつさんがふわふわしているお粥さんにサロンパスを貼りに行く。
ばらけつさん、「うわあ、手がサロンパス臭えよおお!」。
……お粥さんの能力は、自らが回復するのの代償に、ばらけつさんに甚大なるダメージを与えてしまったようであった……。
と、そんなこんなでゼログラビティにより対戦相手がアワアワしている間にコンスタントに回答を重ねたブルペンさんが決勝戦へ。
なお、秦さんはふわふわしている間にほとんど回答することが出来ず、二つのことを同時に行えないタイプの人だということが判明しました。

・第2ブロック(ばらけつ、六升、ステイゴールド)

試合前にまずサロンパスに汚染された手を洗いに行くばらけつさん。
ばらけつさんが帰還するのを待ち、第2試合が開始されます。
このブロックではステイゴールドさんがまず能力を発動します。
「『ビューティフル・フォレスト』!」
「出たああああ『ビューティフル・フォレスト』! この能力は、2分の間、回答者全員が下ネタ回答しかできなくなるというものだあああ!」
この能力は使い手次第では相当にヤバい独壇場になってしまう恐ろしい能力なのでは無いだろうか……。
また、この能力の影響により、普段あまり下ネタ寄りの回答をする印象の無い六升さんの積極的な下ネタ回答という珍しい光景も見られました。
そしてステイゴールドさんが回答をしようとしたその時、横から声を発するばらけつさん。
「この時を待っていたぜ! 『インビジブル・ワン』!」
「出たああああ! 『インビジブル・ワン』! この能力は、他の回答者の回答の一部を消すことができるという能力だああああ!」
なんという鬼畜能力! せっかく考えた回答を、ばらけつさんの一存によって消されてしまうとは!
ばらけつさんによってホワイトボードに書き込んだ回答の一部を消されてしまうことで、ステイゴールドさんも、そして後にまた同じくこの技を喰らうことになる六升さんも、回答を出すも趣旨すら観客席に伝わらない事態に……。
そして戦いは進み、やがてタイムリミットの時間を迎える。
大喜利ではおなじみの、タイムリミット後のマジックタイムへと突入するかと思われたその瞬間、六升さんの能力が火を噴いた!
「喰らえ!『アジカンズリライト』!」
「で、出たああああああ! 『アジカンズリライト』オオオオ!」
その瞬間、会場に流れる、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『リライト』!
「この能力は、アジカンの『リライト』が会場に流れたことにより、対戦相手は全員ホワイトボードの回答を消さなければならないのだ!」
消してええええええええええ! リライトしてええええええええええ!
なお、既に残り時間は無くなっているので、リライトする時間は無いあああああああ!
こちらもなんという鬼畜戦法! ステイゴールドさんにいたっては、ガッツリ書き込んでいたものを消さざるを得ないという悲しい結末!(尚、投票後に改めて消した回答を書いてもらいました)
かつて純豆腐にて『アジカンズリライト』の使い手だったネイノーさんも、「終わる直前に使うというのは思いつかなかった」と、能力発動の巧さを褒めていました。
サロンパスとか無重力とかふざけた能力が蔓延る第1ステージとは対照的に、対戦結果に如実に影響が出るようなエグい能力がぶつかりあいました。
そして気になる対戦結果なのですが、全員がそれぞれに奮闘した結果、ステイゴールドさんが見事に決勝戦へと駒を進めました。

・第3ブロック(星野流人、権藤、羊狩り)

いよいよ私の登場です。
運良くお題をしっかり覚えていたのですが、最初のお題は『ゲスペラーズの新曲のタイトルとは?』。
ゲスペラーズと言われましても……。
ゴスペラーズの曲で知っているのが『ひとり』『promise』『1,2,3 for 5』くらいしか無い……というか、それ以上に深いとこを知っていたとしても、観客に伝わらなさそう……。
サイキック大喜利でなくても辛いなあと思いながら回答を書こうとすると、権藤さんの能力が炸裂する!
『で、出たあああ! この能力は、自分以外の回答者の性別を逆転させるというものだあああ!』
ええええええええ!?
『ということで、羊狩りさんは羊狩りちゃんに、星野さんは星野ちゃんになってしまったああああ!』
ええええええええええええ!?
『なお、この能力は、この対戦中ずっと続きます!』
ええええええええええええええええええ!?
女体化は夢だけど! TSF大好きだけど! でも、そんな大喜利で、しかもこのお題でかよ!?
女らしいゲスペラーズって、なによ!?
すると横で羊狩りさん……いや、羊狩りちゃんが絶叫。
『ちょっと、どういうことなのよ〜!』
それにしてもこの羊狩りさん、ノリノリである。
正直、このお題では大喜利的にボロッボロだったと思います。
苦手なお題に対して女体化が着実に邪魔をしてきていて、どうしようもないわよ、こんなの……。
しかも女性らしく回答してみても『女性というよりも、オカマっぽい』と言われる始末。
「仕方ないじゃない! アンタたちに、付いて生まれてきてしまった気持ちがわかるっていうの!?」
「やっぱ付いてんじゃねえか!」 あ、確かに。
続いて出てきたお題が『熱血教師「○○」』という穴埋め問題。いや、穴埋め問題のくせに答えられる範囲広すぎだろ。
そして女体化しているということで、頭の中には完全にヤンクミしか浮かんでいません私。
さらにここで羊狩りちゃんが能力発動!
「で、出たああああ! この能力は、対戦相手の一人の利き手の指に五本全部に、洗濯バサミをつけられる能力だああああ!」
なによそれええええええ!
「羊狩りちゃん、誰にこの能力を使いますか?」
「ほしのちゃんで!」
なんでよ!? なんで私なのよ!? 悠々と大喜利をしている権藤さんに仕掛けなさいよ! 私を一体何重苦にする気なのよ!?
ということで右手の指五本に洗濯バサミをつける私。
「シザーハンズみたい」とガヤが飛ぶ中、親指と人差し指の間にペンを挟んでホワイトボードに回答を書き込む私。か、書きにくい……文字が、へろへろになるわ……。
しかしこの能力、ほぼ相手の回答を封じ込める強力な能力ですが、効果持続時間が1分程度と短いため、すぐに時間が来て洗濯バサミをかなぐり捨てる私。
そこでお返しとばかりに、私も能力を発動!
「くらいなさいな! アース・ウィンド・アンド・パイパー!」
「出たあああ『アース・ウィンド・アンド・パイパー』! この能力は、自分以外の他の回答者が口笛でしか回答できなくなってしまう能力だあああ!」
強すぎだろ。ほぼ回答できないようなものよ、こんなの。
しかも権藤さんも羊狩りちゃんも口笛は苦手らしく、ラスト前の駆け込みに大事な1分間を足止めに成功。
この間に私は『いいかしら! 腑抜けたあんたらを、アタシは今から殴るわよ! えいっ! 痛い! ……もう!!』という回答でなんとか大きな笑いを獲得し、滑り込むように勝利を得ました。
この回答は女性化という要素があったからこそという感じなので、結果的には権藤さんの能力に振り回されつつも最後はそれを逆手に取って勝てたみたいになりました。
ちなみに最後の回答を終えた後、他の二名がマジックタイムに突入している最中は、髪の毛をいじったりメイクを直したりして今更ながら女子っぽい行動をしていました。
というわけで第3ブロックでは星野流人が決勝戦に滑り込みです。

・第4ブロック(星野児胡、スパムちゃん、いしだ)

このブロックでは、緊急参戦のいしださんの能力が火を噴きました。
「能力を使います。『ハングリーハングリー』」
「出たああああ『ハングリーハングリー』! この能力は、他の回答者にパンを食べさせ、他の回答者はこのパンを食べ終えるまで回答ができなくなってしまうのだああああ!」
というわけでオーナーとスパムちゃんの口の中にロールパンが放り込まれる。
スパムちゃん、ロールパンを一口で口の中へ! おお、凄まじい気迫!
……しかし口の中へ入れたはいいものの、その後は咀嚼に苦しむスパムちゃん。
なんという女性殺しの能力なんだ……!
ちなみにスパムちゃんはこの試合中能力を発動しないままに終えたのですが(能力の効力が受け身のため)、保持していた能力は『幻想殺し』というもの(特にイマジンブレイカーとは読ませない様子?)。
この能力はラノベ好きなら察せるかと思いますが、他人の発動した能力を打ち消せるというもの。
試合終了後「ハングリーハングリーを打ち消せば良かったじゃないですか」と言われますが、スパムちゃんは「お腹が空いていたから、いいかなと思いまして」。はらぺこさんか。
(なお、スパムちゃん、会合の終了後に余っていたパンも貰って食べていました。やっぱりパンおしえてくださはあわてて食べない方が美味しいと思います)
というわけで、パンによって相手を苦しめたいしださんが決勝戦に駒を進めました。

・決勝戦(ブルペン、ステイゴールド、星野流人、いしだ)

決勝戦は、各ブロックの勝者がそろい踏み。
しかもそれぞれの保持している能力にプラスして、それぞれもう一つずつ能力を得ているため、最大8つ能力が飛び交うカオス空間となる可能性があるのです。
それでは運命の決勝戦の火ぶたが切って落とされる。
……すると、始まるや否やブルペンさんが動いた!
ふわふわ「能力を使います。『ゼログラビティ』!」
「出たああああ『ゼログラビティ』! この能力は以下略」
第1ブロックで秦さんとお粥さんを苦しめたこの能力が、今度は決勝メンバーに牙を剥く!
タイトルというわけで私とステイゴールドさん、いしださんはふわふわしながら大喜利の回答をするはめに。
さらにこれより前に全員の動きが通常の半分になる能力も使用されていたため(発動者は忘れました。ブルペンさんだったかな?)、緩慢な動きでふわふわするという二重苦。つ、辛い……。
私はもう半ばやけくそになっていたので、ふわふわしながらスタッフルームの方へ飛んで行ったり、観客席の方へ飛んで行ったり。自由にやっていました。
さらにいしださんからも呼応するように能力発動が!
「『ハングリーハングリー』」
出たあああああ! 先ほど他人事のように笑ってみていたパン食い大喜利を、今度は自分がやるはめにいいいい!
さっきはロールパンでしたが、ロールパンが品切れになったのか今度はチョコスティックパンが出てきました。美味しいけどさ。
さらにステイゴールドさんも1回戦で見せた「ビューティフル・フォレスト」で回答を下ネタオンリーにしてしまう! なんということだ!
ちなみにこの時のお題なんですが、『妖怪ダイエットについておしえてください』というものでした。
覚えている範囲内では、確か自分は口避け女風の『あたし、太い?』という回答、さらには『ビューティフル・フォレスト』タイム中に『稲川淳二が「濡れたんですねー」と言ってる』『「大できなくなってしまうのだ変です! 今そこで、妖怪を見たんです!」「ほう……その妖怪は、こんな股間をしていましたか?」「ぎゃー! チンコが無いー!」』とか出していました。『ビューティフル・フォレスト』タイム中は、もう入れ込むべき要素が多くなりすぎてて、ダイエット要素を忘れてしまっていますね。
そして決勝戦は五分二問だったのですが、一問目が三分程度過ぎたところで私の能力を発動!
「能力を使用します!」
「出たあああ! この能力は、自分の好きなタイミングでお題チェンジをすることが出来る能力だあああ!」
なに別に苦手なお題だったというわけでもないのですが、心の準備も無く急にお題を替えられるという精神的動揺を誘うべく、能力を使用します。
しかもこの能力は一度の対戦で三度使用できたため、二問目に突入してからも、一分経ったらすぐお題チェンジ。
さらに残り時間一分となったところで、再度お題をチェンジ。
そしてここで伝家の宝刀!
「『アース・ウィンド・アンド・パイパー』!」
この能力を使用すると、他の回答者は口笛以外の音を発することができなくなってしまうのだ!
というわけで他の回答者に一切しゃべらせること無く、しかも口笛しか発せないため能力名を読み上げることもできず(能力を使うためには能力名を読み上げなければならないのだ!)、完全に他の方々を封じ込めた形に。
というわけで残りの一分間は完全に独壇場!
かと思われたがしかし! この能力を逆手に取ってくる器用な相手がそこにはいた!
お題は『そんな書き初めを小学生に書かせるな』というものだったのですが、ステイゴールドさんは、『世にも奇妙な物語』のテーマソングを口笛で吹きながら『世にも奇妙な物語』のタイトルロゴの書かれたホワイトボードを見せるという形で対抗! すげえ! かつて口笛大喜利でここまで器用なことをやってのけた者がいただろうか!? いや、いない(と思う)!
というわけで互いの持つ超能力を存分にぶつけ合ったこの試合、制限時間を迎えたため終幕となった。
投票タイムへと移り、その結果は……

「優勝は……星野流人!」

やりましたー!
というわけで、悪答内サイキック大喜利で見事に優勝を果たした私は、予定していた首領決定トーナメントを行う時間が無かったためそのまま首領の椅子に納まることとなりました。
……といっても、別になにをするとかでもないんですけれどもね。たぶん次の開催も、ネイノーさんが主導になって開催されることとなるでしょう。
次もまた出来ればサイキック大喜利、やりたいですね。それから今回お流れとなってしまった分の企画についても……おそらく次回やることになるでしょう。
楽しみですね!

何の共通理念も無い状態で集まったながらも、サイキック大喜利という反則的におもしろい企画があったおかげかものすごい楽しい会になりました。
また次回も、今度はもっと他にもいろいろな企画を交えて盛り上がれたらいいなと思います。
本当に楽しい会合になりました! ありがとうございました!

ちなみにサイキック大喜利、本当はもう一巡やっているのですが、ここまで書いたところで力つきてしまったので……すいません。
いえ、盛り上がりすぎたんです。ほんとに。すごいおもしろすぎたんです。









ちなみに。
会合終わりに、ばらけつさん、ネイノーさん、羊狩りさん、権藤さんとゲーセンにQMAをやりに行きましたが、夜中なのにめちゃくちゃ混んでました。
協力しながら全国対戦をした結果、私の所属する組が上がりました。やったー。ありがとうございます。
……というかみんなクイズ凄すぎだろう。私、渋川春海くらいしかまともに答えられなかったぞ……
ほしの選長文ネタ100選
選出基準について
ほしのさんが「このネタ、好きだな〜」「印象深いな〜」と思ったネタを100作品選びました。
選出者はほしのさん一人です。独断と偏見オンリーで選出した100作品であることを、念頭に置いてご覧下さい。
ここに厳選した100の名作を集めることにより、長文界の新たな可能性を見据えるとともに、長文界隈の今後のますますの発展を祈願しております。云々。
この100選が来年の今頃にはまったく別の作品の数々に塗り替えられているよう(私の長文歴が浅いこともあり、最近のネタが非常に多いですからね)、頑張っていただけると幸いです。

また、今年の年末には、昨年好評を博しました『この長文がすごい!』の2013年版を開催いたします。
「このユニットがすごい!」「このネタがすごい!」「このキャラクターがすごい!」「このフレーズがすごい!」(他、部門新設予定)等等、100個も選べないけど、5つくらいなら……という皆様からの投票をお待ちしております。


では、ほしのさんの選びました珠玉の100ネタ。一気にご覧下さい。
……あ、かなりネタのタイプが偏ってるけど、それは完全に好みが影響したものです。俺はこういう感じのネタが好きなんやでー。





リーベルパウンド 漫才/土産話
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/c7.html

トリックル 漫才/迷子センター
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/099.html

炭酸電池 漫才/開かずの扉
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yb.html

バトルロワイR コント:この会議は会議室で起きている!
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-57-1.html

生涯探究 雑/漫才という名の罠
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-ya.html

安物鬼 コント/フライングボディアタック
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yh.html

エバーグリーン コント/給食費
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/084.html

アップルゲンガー コント/勝ちと負け
http://fanfare34.web.fc2.com/neta64.html

1/4の騎士団 コント/説得の難事
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-56-1.html

愛と誠 コント/(無題) (※手術)
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.byoin006.html

百鬼夜行 コント/10年後の2人
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka1a-8.html

灯風 コント/歯医者
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka1a-8.html

終末理論 漫才/ウォーターカット
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9a.html

パクリエンタルテレビ 漫才/別に形式パクろうがいいじゃないか。ネットなんだから多少自由にやっていこうという気持ちから出来た武勇伝。大学受験編
http://www.geocities.jp/kako0o/mm-1yosen1-b.html

QQQ コント/遭難
http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.meikan.qqq.html

ヘテロ失楽園 コント/すごろく
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/semi5a.html

アイノチカラ その他/無題7
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/078.html

茨木からの刺客 漫才/サザエさん
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/086.html

KinKi Kids 楽曲/硝子の少年
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.idol04.html

くるぶしソックス コント/冠婚葬祭赤道直下
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/087.html

優しい朝の光に包まれて 漫才/キャラクター作り
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9b.html#5

ヒ(ーロー) 漫才/枕投げを軸とした修学旅行
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yc.html

大浦崎 漫才/シリ・ト・リ
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yh.html

サンザンヒーローズ 漫才/野菜
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenAa.html#3

2人ほどメンバーがおかしい気がしますが、気にしないでください コント/あがく人嫌い? 私は好き。大好き。
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-36-1.html

リズミックス その他/1998年発売 PS用ソフト
http://8203.teacup.com/kyokutosamba/bbs/t33/3

三行革命 漫才/私立お茶漬け学園
http://www3.ezbbs.net/cgi/reply?id=6mas&dd=05&re=683

池田佐藤 漫才/ゲーム
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBd.html#4

比梅津よろしかば コント/学校
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yj.html

シュビビン! コント/新婚闘者皆陣列在前
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka2a-4.html

エバーグリーン 漫才/頭屋
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBc.html#8

岡山エンジェルズ 漫才/子供の頃
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-ye.html

ハーベストムーン 漫才/温泉
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/078.html

血華美人は愛の華 コント/プロポーズ大錯綜
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/festa05-2.html

バニーガール 漫才/国民栄誉賞
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBb.html#7

理系文系 漫才/日本創造Ver.2013
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBb.html#4

あかつき おしゃべり/華は短し恋せよ女子達
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-34-1.html

第二科学部 コント/ツーバイフォー住宅
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-44-1.html

ようこそ哲夫ワールド ピンネタ/証明写真
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/c5.html

暗黒天国 コント/携帯で「GAME」って打つと、「たかはし」って出てくるよね
http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.meikan.ankoku.html

フランスパン コント/卒業式の日に告白を
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yb.html

チキンハートブレイカーズ コント/イカサマポーカー
http://book.geocities.jp/hoshino396/onair/onair001

俺の塩 漫才/昔話
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9b.html#4

言霊連盟 コント/サファリゾーンにて
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.doubutu04.html

whitewhite コント/入院
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-2wc-1.html

優しい朝の光に包まれて コント/このコントでは木下がとんでもない活躍を見せます
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-2wc-1.html

The Love and Hate Collection コント/縁日行脚
http://www.geocities.jp/zabmarine287/entry-no4.html

アベレージ 漫才/アイドルをプロデュース
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9e.html#A

ブックマーク ア・ヘ顔 コント/高級イタリアンレストランにて
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka2a-8.html

バトルロワイR コント/新幹線
http://fanfare34.web.fc2.com/neta84.html

後藤○○ コント/見舞い
http://blog.goo.ne.jp/koume5_2006/e/19f601ff61257e5994de36e59e0abde9

kissしてシクラメン 漫才/笑うハンミョウ
http://fanfare34.web.fc2.com/neta42.html

海洋ブリザード 漫才/ごきげんよう
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/089.html

百鬼夜行 コント/RPG
http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.meikan.hyakki.html

みやこ コント/交響曲第2番『将来』
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka3a-2.html

XENOGLOSSIA コント/お嬢様を飼うお☆
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-21-1.html

ハルマトメリー  漫才/僕の相方はフォークロア
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9d.html#2

アルティメット愛して コント/それがネック
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/097.html

灯風 コント/前説
http://www.geocities.jp/dyiakka/midaket1.html

マッグガーデン コント/すみっこの空さん/映画のてちゅがく
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.eiga04.html

第七女子会 その他/新世紀ナナジョゲリオン 四谷チアキ改造計画
http://www.geocities.jp/dyiakka/midaket3.html

孤独なスメル コント/主に下半身の大掃除
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.osoji07.html

シュビビン!  漫才/漫才を全くやったことがない野郎共による奮闘
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenAa.html#6

Kevin Haloweld with culture deadness club コント/日々の慟哭
http://fanfare34.web.fc2.com/neta99.html

シアンビッツ コント/君を飾る花火を咲かそう
http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/tandoku.ca07.html

ナカギ コント/献血バス
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-ya.html

ガンバラナイズ 漫才/ツッコミクエスト
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-33-1.html

清澄白河 コント/(無題) (※タイタニック号)
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.eiga04.html

バニーガール・陽子 ピンネタ/ファンと
http://kyokunyan.web.fc2.com/sokkyou.hanami04.html

みるくちょこれーと 漫才/じんせいせっけい
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9d.html#7

暗黒天国 漫才/マツコ・デラックスと一晩を共にした事を苦に去勢
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/c6a.html

中指ニコラ  漫才/無題.txt
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBb.html#10

後藤○○ コント/ホールインワン
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/c7.html

優しい朝の光に包まれて コント/あ、このコント進研ゼミでやったことある!(パクリとかそういう意味じゃなくて)
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/058.html

犬死に コント/ブチ切れ禅問答220章「境地」
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka3b-1.html

インパク×インパク コント/待てセリヌンティウス
http://www.geocities.jp/papygeba/PGGP/P009.html

月影連盟  漫才/或いは抗争の渦中
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBd.html#10

ザララ記念日 コント/進路相談
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-28-2.html

インタープラグ コント/義理の親子
http://book.geocities.jp/hoshino396/onair/onair002

サンザンヒーローズ コント/半自動洗濯機
http://akneda-p.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=4206799

センチメンタルゼリービーンパニック コント/境地
http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.kekka.bc8fcapslock.html

PARTY NOISE 漫才/Base×Ball×Better
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yc.html

雷神舞踏組曲 漫才/免許
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yc.html

ノーセンス コント/作って遊ぼう!
http://www.geocities.jp/ginsyadan23as/aobato.kekka.a83b.html

生姜焼きが大好きなユウスケ 漫才/ユウ君DIARY〜ユウ君がいる限り悪は栄えない!〜
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen8f.html#0

ようこそ哲夫ワールド ピンネタ/おいでよ どうぶつの森
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/neta-k006

俺の塩 コント/クイズ俺の塩
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-27-1.html

パミュエル 漫才/パミュエル
http://www.geocities.jp/dyiakka/plus-47-2.html

みやこ コント/ふりかけ部
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/choubun-yd.html

あかつき 漫才/リードル・アイ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBc.html#6

言霊連盟 漫才/同窓会
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBf.html#1

有機丸アポロ コント/太陽にぼやけ
http://music.geocities.jp/selfishgirl_selfishboy/andoro08.html

バトルロワイR  漫才/V/I
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBd.html#1

ENDGREEN 漫才/動物園
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBd.html#6

天体観測 漫才/デート
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosen9b.html#1

八つ裂きジャンキー コント/ヒーローインタビュー
http://siclebattle.web.fc2.com/battle2/099.html

フェイクアウト 漫才/球児開眼の章
http://onielephant.web.fc2.com/tatato/kekka2a-7.html

kissしてシクラメン 漫才/はじめてのよるにそなえて
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenBe.html#6

池田佐藤 漫才/遊園地
http://siclebattle.web.fc2.com/battle/083.html

whitewhite  漫才/陰の国、スペイン
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tyobi/MM-1/mm-yosenAc.html#5
第11回MM-1グランプリ全組審査(不完全版)
第11回MM-1グランプリの全組を見て、自分なりの点数をつけてみたので、参考までに。
コメントは23組目まではしっかりと書いてますが、それ以降は時間がなかったため『気になったユニットだけ』一個くらい書いてます。





001 モダンカメハメハ 4点

こじゃれたことをしようとして、そのせいで余計に取っ付きにくいネタになってしまっているような印象を受けました。
『メイドカフェ』をして『料亭か!』という被せツッコミをするという手法自体は悪くはないのですが、いかんせんボケそのものの破壊力が弱かったり、そもそもボケがそんなに『料亭っぽくない』というような致命的な部分もありました。
ボケ自体全体的に安易で、また同じツッコミをするという形式の弊害で、どんなボケがくるのかということが非常に先読みがしやすかったです。
そもそもの問題として、導入から何の区切りもなくメイドカフェコントに入ってしまうあたり、読み手をしっかり意識できているとは思えません。
読み手を意識して、しっかり伝えようという意識が働くからこそ分かりにくい表現や文章を削ろうと思えるわけです。
人に内容を見てもらい評価を貰うんだという作り手の意識がない限り、ここからさらに上に行くことは、まぁ、無理ではないかもしれませんが、かなり難しいのではないでしょうか。



002 ブックマーク ア・へ顔 42点

どんだけストライクウィッチーズ……というか「ブックマーク ア・ヘッド」を推してるんですか。
台詞のところどころに「ブックマーク ア・ヘッド」の歌詞を紛れ込ませているのは、なかなかニヤリとさせられるものがありました。
しかしながら歌詞を無理矢理台詞の中に入れているため文章のリズムは悪く、またストライクウィッチーズを知らない、あるいは詳しくない人たちにとってみれば、単なる表現がおかしな会話文にしかなっていなかったのではないでしょうか。
できうる限り違和感を消そうとする努力くらいは欲しかったです。
「生ドら」のくだりはインパクトの強いボケこそありませんでしたが、クスリと来るボケがいくつも連なっていて良かったです。
ただ全体的に支離滅裂になってしまっているような感がややあるため、もう少しバランスを考えた方がいいかもしれませんね。



003 フェイクアウト 76点

開始2行目から一気に引き込まれる、良い導入だったかと思います。
しかしながらせっかく“概念”を引っ張りだしてきたわりには、あまり“概念だからこそ”という点を活かせていなかったようにも感じられました。
ツッコミの言い回しや言葉選びがうまかっただけに、ボケそのものでいまいち爆笑に繋がるものが少なく感じられたのが気になりました。




004 炭酸電池 68点

一つ一つのボケをしっかりと積み重ねており、全体を通して高いレベルを維持し続けたネタだったと思います。
ゴーグルやワーナーなど、要所要所での被せボケもいい味を出せていました。
既存のストーリー(鶴の恩返し)をなぞる構成ながらも、予想外のボケが連続していたため新鮮味を感じながら読むことができました。



005 巨獣特捜ジャスピオン 67点

正直なところ、全体を通して読み手としての心情は「ポカーン」ですわ。
けれど時折ハッとさせられるボケも飛び出しており、全体を包み込む馬鹿馬鹿しい雰囲気に反して、油断も隙も無いネタだったと思います。
単語の選び方が非常に上手く、どんなに表面上で馬鹿馬鹿しいことをしていても、単語の一つ一つでしっかりとつなぎ止めてくれているため、最後まで読者を振り切ってしまうことなく楽しませてくれます。



006 ステレオミサイル 78点

ボケに上手さとおもしろさが共存できており、非常に小気味良い漫才でした。
冷静に考えてみるとかなり無茶苦茶なストーリーながらも、ボケに上手さを感じるあたりが一筋縄にはいかないなといったところでしょうか。
“チーズ”という非常に限られたテーマの中で、最高のパフォーマンスを提供することができていたと思います。
マグロが高速道路を走る辺りが個人的にはお気に入りでした。



007 スオムスいらん子中隊 自薦

第七女子会五島さん、XENOGLOSSIA歌姫さん、驚愕ラボ学美ちゃん、という“いらん子”を集めたユニット。
いらん子の割には、なかなかアクの強いメンツになりました。
メンツの濃さに対してハチャメチャ具合が足りなかったかな、と反省しています。
もしまた彼女たちを書く機会があれば、今度は読者を置いてきぼりにしかねないレベルのハチャメチャさを描きたい。
あと、今ならろりぽっぷのあかりちゃんもメンバー入りするんじゃないかなと思います。



008 PARTY NOISE 47点

寒いです。ひたすら固有名詞を使いまくっているため、情景が思い描けないとまったくおもしろさが伝わってきません。
私はLiLiCoさんという方を知りませんし、さんま御殿もほとんど観たことがありませんし、ジョン・レノンはイマジンしか知りません。
絶対的に読み手の知識に依存しすぎのための弱点がモロに出てしまったように感じました。
また鳴子さんのボケが突拍子も無いくだりが何度も登場しており、いくらなんでも自由すぎます。
神崎さんのツッコミである程度のフォローはできているものの、最後まで鳴子さんをうまく操りきれてはいなかったです。



009 リーベルパウンド 66点

しっかりと着実におもしろいボケを重ねてくる印象です。
けれど似た傾向のボケが続き、いまいち予想外という意味では物足りなさを感じもしました。
それまでにも散々それを想起させるボケを連ねていたため、オチの一言にも弱さを感じました。



010 優しい朝の光に包まれて 98点

なんだそりゃ、おもしろすぎる。
前半と後半でパートが分かれていますが、後半で非常にうまく前半に登場していた要素をいじくり倒せていたと思います。
ボケのほとんどにしっかりとした爆発力が伴っており、馬鹿馬鹿しいながらも非常におもしろい作品でした。




011 童貞ソーヤング 64点

ド下ネタがテーマなのにこじゃれた雰囲気を感じるのはなぜなんでしょうか……。
独自の設定をうまく活かせていましたが、どうせならもっと深く動物要素を絡ませてもよかったかもしれません。
ワンさんの含蓄ある言葉が聞けたかと思ったらピョンさんの突き抜けた下品さが登場するなど、落差があっておもしろさがありました。



012 TOMONAGA 47点

ゴーイングマイウェイが過ぎます。
一番最初のブラックバスのボケは非常におもしろかったのですが、それ以降は読み手を突き放した展開が続き、いまいちおもしろさが伝わってきませんでした。
ある程度は抑えてあるのかも分かりませんが、ちょっと自由にボケすぎている印象です。



013 XENOGLOSSIA

こいつらは本気出そうとすっと微妙なネタになるな。



014 理系文系 84点

ストレートに、おもしろい、と思える漫才でした。
日本を非常にうまくいじくり倒せており、読み応えがありました。
前半はお料理形式、後半は工作形式と日本創造の基盤を変えることに、最後までだれることなく楽しめました。
また、理さんの短くも的確なツッコミは切れ味がよく、ボケの印象をより良くしていました。
「次は本州と九州の政策に移って行きますね。」→誤字は気を付けましょう。



015 ガンバラナイズ 69点

おもしろくはありましたが、あと一歩、といったところでしょうか。
ゲームオーバーや毒矢など、展開が一本調子のように感じられました。
もっと意外性のある展開に持ち込んでもよかったかもしれません。
しかし奇抜な発想も多く盛り込まれており、最後まで楽しんで読める作品ではありました。



016 天体観測 65点

「真冬の北海道」というワードがありましたが、挨拶で口にしている北海道はともかくとして、「真冬」という情報はどこから察せばよかったのでしょうか。今、どちらかというと夏に近づいているくらいなんですが……。
小ボケなどはしっかりとしていておもしろいのですが、大ボケには決定打となり得るものが無かったです。



017 バニーガール 76点

私自身も長嶋・松井の国民栄誉賞授賞式を観ていたため、感慨深い気持ちで読ませていただきました。
うまく長嶋・松井の国民栄誉賞であった出来事をネタの中に取り込み、アレンジできており、おもしろかったです。
欲を言うならば原監督のダイナミックなキャッチングや、首相のアンチ巨人発言など、もっとネタに活かしてほしい部分もありはしましたが……まぁ、それは“欲を言うなら”ということで。
後半でも前半の流れを汲んでうまく話を繋げられており、最後までしっかりと楽しませてくれました。



018 副社長同好会 37点

今一歩、押しが弱いです。
やっていることは似たようなパターンの繰り返しであるため、もっとやりとりの中身にバリエーションが欲しかったです。
しかしほぼ記号だけというしゃべり方でうまく感情やニュアンスを伝えられている点は評価したいです。



019 ヒ(ーロー) 59点

とてもうまく構成されている漫才だと思いました。
上手さを感じる良い漫才ではあったのですが、一方で派手さは無く、手堅いボケが連なってばかりいたように感じられました。
妙な表現になりますが、ちょっとやり口が“渋い”です。
もちろん上手さを感じられるだけ、価値のある漫才ではあったので、この方向でも極めていけば十分に開花する可能性はあるでしょう(先人にも、渋い漫才を披露していた強豪長文ユニットが何組かいますしね)。



020 中指ニコラ 85

君ら、アホやろ(超褒め言葉)。
なんでしょう、単純な笑いの爆発力的にはもっと上のユニットはたくさんいるのですが、このユニットにはそれ以上に大きな魅力があるように感じられました。
ほぼ秋川さんの独壇場でしたが、しっかりと読み手に興味を最後まで持たせることに成功できていたと思います。
シンプルなオチも、それまでのしつこい秋川さんの語りとの対比になっており、おもしろさがありました。
見事に飛び道具が決まっていたと思います。




021 ササキに願いを 42点

いや、カープも野球も好きですけどね。
お二人の中にある知識が存分に生かされているとはいえ、逆に言うならお二人だけが楽しむだけの漫才になってしまっていたかと。
要所には笑いを誘う技術も忍ばせているだけに、メインテーマで読者を突き放してしまっているのが残念でした。
私信。赤松、天谷、丸、中東、下水流 ← 5人をフュージョンして最強の外野手を作りたいです。



022 whitewhite 79点

やりたい放題ですね。
けれどそんな中でもきちんとしたルールが存在し、うまいことストーリーが構築されていたと思います。
表現上やや読みにくさのある部分もありはしたのですが、もののみごとにおもしろさで読みにくさを吹き飛ばしていたと思います。



023 一夜の幻影 38点

決して悪くはないのですが、然りとて特筆するほどの魅力も感じなかったのも事実です。
小手先だけの技術や小綺麗に整えられたボケばかりが顔を見せていたように感じられ、いまいち爆発力に欠ける印象でした。
心の琴線に触れなかった、といった感覚です。
一度、殻を破っためちゃくちゃなネタをやってみるのも手かもしれませんね、などと。まぁ、これは個人的に思っただけです。現状のお二人のやり口がまずい、といった話ではまったくありません。



024 血華美人は愛の華 65点

勢い、発想ともに、今一歩押しが足りないように感じました。
特にビームのくだりはそれが顕著に感じられたため、もっと奇抜なボケが欲しかったです。。



025 世田谷ポンポロリン 28点



026 あかつき 85点

キャラクターの回し方、天才的か。



027 バーローパラダイス 53点

せやかて工藤。



028 エバーグリーン 71点

発想良し。



029 お受験Boys 27点

近年まれに見る出落ち負け。



030 トリックル 47点



031 バトルロワイR 80

なんちゅう演出をしとるんじゃ。おもしろいわ。



032 KOYOMI 87

もしかしたらネタを拝見するのは初めてかもしれないのですが、すごくおもしろいですねえ。



033 インパク×インパク 86



034 池田佐藤 99

こうして改めて見てみると、すげえおもしろいネタだなあ、これ……



035 お味噌ズ 82



036 ENDGREEN 86

ツッコミの妙、というあれ。



037 茨木からの刺客 78



038 俺の塩 71



039 ハーベストムーン 14

下品にすればとりあえずおもしろくなるってもんでもないと思いますです。



040 月影連盟 64



041 アンダーμンズ 16点



042 メリースリー 78点



043 神風とくやこうや 5点

気配消す云々という流れ、何度も繰り返すわりにはそんなにハマってなかったです。



044 オールナイトスター 28点



045 百鬼夜行 78点

よぉこんなバカバカしいの思いつきますなあ(当然のことですが、褒めてます)。



046 kissしてシクラメン 88点

峰岸さんのツッコミが冴え渡りまくり。



047 アッサムティーのほころび 26点



048 こけまみれコオロギ 59点



049 ワイトラック 46点



050 飴細工が壊れた 0点



051 言霊連盟 86点



052 前髪 53点



053 灯風 78点



054 カザン・ドレ・シンク 14点



055 モノクローム -2点

わざわざ『ツッコまれることを狙ってる』ようなタイプのラノベのタイトルに対して、作者の想定通りのツッコミを入れられましても。



056 サンザンヒーローズ 59点



057 乙女の方程式 58点






点数関係なく個人的に気に入ったユニット10選
(決勝進出予想、とは別物です。あくまで点数を度外視した「このネタ、好きやな〜」っていう感じのベスト10です)

ステレオミサイル(近頃のステミサさんは確変中なんですか?)

理系文系(『理系文系がこのネタをMM-1に持って来たら、絶対に決勝進出するやろ……(絶望)』と常々思っていたが、果たしてどうなるでしょう)

バニーガール(過去に見てきたバニーガールさんのネタの中で一番のお気に入りかもしれません)

中指ニコラ(長文ではこういうタイプのネタで突っ走り続けるのは難しいかもしれませんが、個人的には大好きです)

あかつき(女の子ユニットにまた凄いのが出て来て、396プロが霞んで見える)

エバーグリーン(なんていうか、求心力のあるネタですよね)

池田佐藤(おっ、昨年の「この長文がすごい!」ユニット部門優勝コンビぃー!)

ENDGREEN(このツッコミのうまさ、嫉妬しか湧かない)

百鬼夜行(読み手の気を惹き付けるのがうまいというか、そんな感じの文章でした)

kissしてシクラメン(強豪すぎて手が付けられないよ)
396プロ そこそこオールスター
「けいおん!着せ替え2」にて、我が396プロ・バラエティ部門の主要メンバー9人を作ってみた。
ピクチャ 5

左から四谷千秋、二階小梅、一条春香、三田夏奈、五島冬馬、六川歌姫、七瀬寛子、八戸教子、九州学美になります。





それからお知らせですが、大喜利掲示板「サブカルチャー大喜利」を運営開始しました。
ライトノベルや漫画等をテーマにした大喜利になりますが、テーマになっているだけなので作品に関する知識は必要ありません。
成績が打率やホームラン等の形で残ることと、ボケの数が無制限になっているのが、特色といえば特色でしょうか。

参加者が少ない現状なので、是非是非皆様の参加をお待ちしております!

参加していただける皆様も、積極的に「こんなのやっているらしいよ?」と広めていただけるとありがたいです……!