夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
アニメで振り返る2011
この企画は、俺が2011年を振り返って、「このアニメ、良かったなあ!」と思った作品を、ランキング形式で発表しちゃうぞ、的な企画だぞ!
俺が勝手に決めてるから、「え、そう?」みたいな作品も含まれるぞ!
それともちろん、ベストテンには入らなかったものでも、名作はいっぱいあるんだぞ!
まあ、そんな感じの企画だぞ!
ちなみに去年もやってるんだが、去年はこんな感じだったぞ!

特/ストライクウィッチーズ2
10/神のみぞ知るセカイ
9/けいおん!!
8/俺の妹がこんなに可愛いわけがない
7/WORKING!!
6/みつどもえ
5/世紀末オカルト学院
4/刀語
3/デュラララ!!
2/Angel Beats!
1/涼宮ハルヒの消失





さぁ、ではいよいよ今年のランキングに行くぞ!





第10位/WORKING'!!(A-1 Pictures)

ファミレスラブコメ。
昨年7位から後退も、2年連続でトップテン入り。
キャラクターの個性が非常に強く、またそのキャラクター同士の複雑な関係性も印象的。
2期になってから更にキャラクターが増えてきて、ごちゃごちゃした人間関係もますますおもしろいことに。





第9位/神のみぞ知るセカイ2(マングローブ)

正式な表記は「2」がローマ数字。
昨年10位から一つ順位を上げる。
ギャルゲーの神様とまで呼ばれるほどの主人公が、現実世界(リアル)での恋愛に挑む話。
メインヒロインのエルシィが可愛いのはもちろんのこと、リアルでの攻略対象の女の子たちもいちいち可愛い。
ギャルゲーでよく見られる要素を上手く使っている他、純粋にアニメーションらしい演出の良さも光った。





第8位/未来日記(アスリード)

未来を予測することのできる日記の所有者同士によるバトルロワイアル。
物語が常に二転三転し、先の読めない展開に引き込まれる。
ハマった後で、あの因縁のアスリード×細田守だということに気付き、「ぐぬぬ……」となる。





第7位/あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(A-1 Pictures)

昨年は全滅となったノイタミナ枠から、今年はトップテン入りが登場。
通称・あの花。
死んでしまった一人の少女の存在が、バラバラになってしまった幼馴染みを再び繋ぐ物語。
常に修羅場と隣り合わせ(時々マジ修羅場)なので胃が痛くなるアニメではありましたが……それでも最後まで観る価値はあった。おもしろかった。
最終回は普通に泣いた。
まぁ、あと……あなる可愛いよ、あなる。
なんだあの流され系純情娘は。可愛すぎだろ。くるむちゃんかよ。





第6位/アイドルマスター(A-1 Pictures)

弱小芸能プロダクションが12人のアイドルを売り出していく話。
ロボ物とか紆余曲折を経て、ようやくちゃんとしたアニメ化。
アイマスの可愛くて個性豊かなキャラクターたちが動く様子は……観てて本当に楽しかった。
まぁ、あまりストーリー性の感じられない、キャラクター推し系のエピソードが多かったのだけれど……
千早回「約束」だけは飛び抜けてすごかった。
なんだあれ。泣くに決まってんじゃねえか。





第5位/レベルE(Studioぴえろ×david production)

宇宙からやってきたバカ王子の巻き起こすハチャメチャコメディ。
何故か今更のアニメ化。おもしろかったけどね。
「レベルE」っていう作品があるのは知ってたけど、こういうテイストの作品だとは思わなんだ。
カラーレンジャー編が好き。





第4位/日常(京都アニメーション)

不条理な日常系アニメ。
原作からのファンだけれど、かなりよかった。
アニメでは、なのが化けたね。声が可愛くなるだけであんなに破壊力が増すとは。
動きのあるネタの再現度が高かったのと、声優陣の奮闘っぷりは賞賛に値する。





第3位/魔法少女まどか☆マギカ(シャフト)

一世を風靡した魔まマ。
我々に、感動とトラウマとネタを提供し続けてくれた。
世間的には今年は今年はこれがナンバーワンなのかな?
ストーリーを知ってから改めて聴く「コネクト」の破壊力は異常。





第2位/夏目友人帳 参(ブレインズ・ベース)

久しぶりのアニメ化となった「夏目友人帳」の3期。
1話完結としての完成度が高すぎる。
妖との交流や人間の友人との友情で、ほのぼのしたりしんみりしたり。
心の琴線に触れまくるアニメで、とてもおもしろかった。
4期にも期待してます。





第1位/STEINS;GATE(WHITE FOX)

強豪を蹴散らして1位に君臨したのは、想定科学ADV・シュタインズゲート。
タイムマシンを開発してワクワクする前半戦に、タイムマシンを作ったことにより発生した綻びを修正すべく奔走する後半戦。
話が重くなりすぎない程度にギャグが入り、ストーリーの構成も抜群。
単純にひとつのアニメ作品としても、時間ネタ作品としても、非常に完成度が高かった。
ラジ館に人工衛星が突き刺さるなど、メディア面でも大いに賑わせた。
クライマックスの盛り上がりは素晴らしかったし、文句なしだね。





特別賞/うさぎドロップ(プロダクション I.G)
特別賞/テガミバチREVERSE(studioぴえろ)

特別賞は以上の2作品。

「うさぎドロップ」は、単純に次点。
大吉とリンの交流に、心あたたまる。

「テガミバチ」は、震災後初めて地上波で流れたアニメということで。(いや、もちろん話もおもしろいけどね)
震災発生から約33時間後、それまでずっと震災報道をしてきたテレ東が通常体制に戻った瞬間だった。
アニメ放送に関しては非難も多かったそうだが、個人的にはあの判断には大賛成。
あの頃には日本中が疲れきっていたし、他局はまだまだ報道を続けてたんだから。





オマケとして、シリーズではなく単発のエピソードのランキングも載せときます。

1/「第20話 約束」(アイドルマスター)
2/「第11話 あの夏に咲く花」(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)
3/「第10話 もう誰にも頼らない」(魔法少女まどか☆マギカ)
4/「第22話 存在了解のメルト」(STEINS;GATE)
5/「第3話 偽りの友人」(夏目友人帳 参)
6/「第24話 死神の肩越しに永遠をみる」(GOSICK)
7/「第8話 ツィオルコフスキーの祈り」(電波女と青春男)
8/「第3話 もう何も恐くない」(魔法少女まどか☆マギカ)
9/「第1話 真剣で私にかかってきなさい!!」(真剣で私に恋しなさい!!)
10/「第15話 みんな揃って、生放送ですよ生放送!」(アイドルマスター)

以上。
来年も素晴らしいアニメが放送されるといいですね。

とりあえず1月からは、ノイタミナ枠で「テルマエ・ロマエ」と「ブラック★ロックシューター」が、それぞれ短めながらもアニメ化。
他、漫画では「めだかボックス」、ラノベでは「アクセル・ワールド」「ココロコネクト」「ソードアート・オンライン」「パパのいうことを聞きなさい!」などがアニメ化。
そういえば「ささみさん@がんばらない」のアニメ化も発表されたばかり。
いやあ……チェックするの大変ね!
スポンサーサイト
4月より開始予定アニメ
果たして通常通りに始まるのかすら分からないが……。
4月から放送開始予定のアニメのうち、俺がチェックするつもりのものをまとめてみた。
ちなみに今期から続投するものは、わかっているものでは「GOSICK」のみ。





☆日常(京都アニメーション)☆
相生祐子/本多真梨子
長野原みお/相沢舞
水上麻衣/富樫美鈴
はかせ/今野宏美
東雲なの/古谷静佳
阪本さん/白石稔

京アニの新作は、まさかの「日常」。
原作の大ファンである身としては、期待半分不安半分。
ただ、PV観たら原作の雰囲気をしっかりと出せていたので、期待しちゃって良さそうかな!?
声優陣は京アニお得意の、“未来を見据えた”キャスティングで、ゆっこは本多真梨子さん(桜野くりむ(生徒会の一存)など)、みおちゃんは相沢舞さん(峰岸あやの(らき☆すた)など)、そして麻衣ちゃんは富樫美鈴さん(椎名深夏(生徒会の一存)など)が務める。
また、研究所のメンバーでははかせが今野さん、阪本さんが白石さんと……なんだか某らっきー☆ちゃんねるを彷彿とさせる組み合わせ。
今んとこ、阪本さん=白石稔、はナイスキャスティングだと思ってる。
期待度100%



☆神のみぞ知るセカイ2(マングローブ)☆
桂木桂馬/下野絋
エルシィ/伊藤かな恵
春日楠/小清水亜美
ハクア/早見沙織
長瀬純/豊崎愛生
小阪ちひろ/阿澄佳奈

昨年秋に放送した「神のみぞ知るセカイ」の続編、というか、分割2クール目。
2期からの新たなキャスティングに関しては、一期の下野さんとかな恵さんも含めて、“手堅い”な、と。
ストーリーの良さ、作画のクオリティの高さは1期で証明済みなので、2期はひたすら突っ走るのみ。
期待度95%



☆Aチャンネル(Studio五組)☆
るん/福原香織
トオル/悠木碧
ユー子/寿美菜子
ナギ/内山夕実

コミックスは持ってないけど、雑誌で読んでるから知ってる「Aチャンネル」。
こっちを京アニがやればいいのに、とかこっそり思っちゃったのは秘密だ。
そして流行りの声優が顔を揃える中、明らかに浮いてる内山さん。
調べてみるとメインキャラクターは今回が初めてで、今までには「侵略!イカ娘」の客と後輩B、「GOSICK」の生徒くらいしかやっていない。拭いきれない不安。
期待度90%



☆電波女と青春男(シャフト)☆
藤和エリオ/大亀あすか
丹羽真/入野自由
御船流子/加藤英美里
前川さん/渕上舞
藤和女々/野中藍

入間人間さんの初アニメ化作品。
私は入間作品は、ストーリーはおもしろいとは思っているのですが、文章は苦手なので、このアニメにはけっこう期待しています。
エリオ役は、大亀あすかさん(リズリット・L・チェルシー(おまもりひまり)など)。
期待度85%



☆そふてにっ(ジーベック)☆
春風明日菜/伊藤かな恵
沢夏琴音/喜多村英梨
秋山千歳/伊藤静
冬川来栖/明坂聡美
エリザベス・ウォーレン/矢作紗友里
三島木洋/松本忍
天地玲緒/沢城みゆき

手堅き声優陣。
“ひらがな四文字”という近代アニメの売れる法則は満たしてはいるが、もしかしたら跳ねるんじゃないかしらと期待。
期待度80%



☆変ゼミ(XEBEC)☆
松隆奈々子/花澤香菜
武蔵小麦/石田彰
水越美和子/高口幸子
田口イエスタディ/白石稔
蒔子=グレゴリー/河原木志穂
市河菱靖/森訓久
加藤あんな/新谷良子

ベテランが顔を揃える中、やっぱり注目は主人公役の花澤香菜さん。
最近やっとハマり役がいくつか出てきて、まさにノッてる時期だけに期待大。
……ただ、作品事態のアクが強そうで(変態がいっぱい出てきます)、内容的な面で不安でもある。
変態を見て吃驚仰天する香菜さんは、かなり良さそうな雰囲気だけど。
期待度70%



☆銀魂'(サンライズ)☆
坂田銀時/杉田智和
志村新八/阪口大助
神楽/釘宮理恵

特にコメントなし。
みんなわかるやろ。
期待度65%



☆戦国乙女~桃色パラドックス~(トムス・エンタテインメント)☆
豊臣ヒデヨシ/日高里菜
織田ノブナガ/豊口めぐみ
明智ミツヒデ/喜多村英梨
伊達マサムネ/平田裕香
今川ヨシモト/持月玲依
徳川イエヤス/明坂聡美
武田シンゲン/國立幸
上杉ケンシン/伊瀬茉莉也

最近流行りの戦国武将萌え化作品の一派。
ちなみに原作というか元々はパチンコであり、その時はキャストにくぎみーやらゆかりんやらがいた。
期待度50%



☆花咲くいろは(P.A.WORKS)☆
松前緒花/伊藤かな恵
鶴来民子/小見川千明
押水菜子/豊崎愛生
和倉結名/戸松遥
輪島巴/能登麻美子

P.A.WORKS 10周年記念アニメーション作品であり、同社初のオリジナルアニメ、というわけで、力だけは入ってます。
声優も今が旬な人ばかりで、これでコケるわけがあるまい。
期待度45%



☆あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(A-1Pictures)☆
じんたん(宿海仁太)/入野自由
めんま(本間芽衣子)/茅野愛衣
あなる(安城鳴子)/戸松遥
ゆきあつ(松雪集)/櫻井孝宏
つるこ(鶴見知利子)/早見沙織
ぽっぽ(久川鉄道)/近藤孝行

ノイタミナ枠アニメ。
おま……とまっちゃんになんて名前(あだ名)のキャラクターを演じさせてんだよ!
つーかタイトル長いな!
期待度35%



☆アスタロッテのおもちゃ!(ディオメディア)☆
ロッテ/釘宮理恵
直哉/佐藤利奈
明日葉/田村ゆかり
ユーディット/生天目仁美
ゼルダ/藤村歩
エフィ/堀江由衣
クー/鈴木美咲
オラフ/チョー
メルチェリーダ/皆口裕子

「バカとテストと召喚獣」でお馴染みの葉賀ユイさんの漫画(「ロッテのおもちゃ!」)が原作。
くぎみーがヒロインとして出てるというだけで、「あぁ、そういう感じですか」と何となく悟ってしまうこの感じは何なんだろう。
今のところ、
期待度25%



☆30歳の保健体育(ギャザリング)☆
今河駿/下野紘
安藤なつ/名塚佳織
大五郎/置鮎龍太郎
マカロン/渡部優衣
ぴぃちゃん&くぅちゃん/喜多村英梨

原作はハウツー本。
何となく「もえたん」?
心憎い実力派声優が揃ってます。
期待度20%



☆俺たちに翼はない(NOMAD)☆
渡来明日香/吉田真弓
玉泉日和子/小野涼子
鳳鳴/後藤邑子
羽田小鳩/又吉愛
日野英里子/浅井清己
望月紀奈子/たかはし智秋
羽田鷹志/下野紘
千歳鷲介/三浦祥朗
成田隼人/諏訪部順一
鳳翔/日野聡
森里和馬/萩原秀樹
軽部狩男/石川英郎
DJコンドル/杉田智和

エロゲ原作アニメは個人的には鬼門。
久しぶりにメインキャラクターにゴトゥーザ様の名前を見た気がします。
期待度15%



☆よんでますよ、アザゼルさん。(プロダクションI.G)☆
アザゼル/小野坂昌也
佐隈りん子/佐藤利奈
芥辺/浪川大輔
ベルゼブブ/神谷浩史
サラマンダー/中井和哉
アンダイン/小林ゆう
堂珍光太郎/白石涼子
モロク/玄田哲章

15分アニメ。
サンレッドみたいな感覚で観れたらいいかなって。
期待度10%



☆C(竜の子プロダクション)☆
余賀公麿/内山昂輝
真朱/戸松遥
三國壮一郎/細見大輔
Q/後藤沙緒里
真坂木/櫻井孝宏
生田羽奈日/牧野由依
井種田/三ツ矢雄二
ジェニファー・サトウ/浅野まゆみ

ノイタミナ枠アニメ。
さおりん出てるー。
期待度5%



「STEINS;GATE」「昭和物語」「DOG DAYS」「トリコ」「緋弾のアリア」「星空へ架かる橋」「まりあ†ほりっく あらいぶ」は、数が多すぎるので削ったのと、他アニメと時間が被ったのとで。

以下、春以降の予定。



2011年夏放送予定
・R‐15
・うさぎドロップ(ノイタミナ)
・神様ドォルズ
・ダンタリアンの書架
・No.6(ノイタミナ)
・猫神やおよろず
・バカとテストと召喚獣 2期

2011年秋放送予定
・COPPELION
・たまゆら

2011年内放送予定
・THE IDOLM@STER
・夏目友人帳 参
・Fate/Zero
・真剣で私に恋しなさい!!
・まよチキ!
・未来日記
・モーレツ宇宙海賊

時期未定
・Another
・いつか天魔の黒ウサギ
・乙女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー
・ガールズワーク
・神様のメモ帳
・傷物語
・君と僕
・境界線上のホライゾン
・侵略!イカ娘 第2期
・人類は衰退しました
・生徒会の一存 新企画
・ベン・トー
・マケン姫っ!
・ロウきゅーぶ!
今週のアニメ感想一覧
夏のあらし!
12 時の流れに身をまかせ
やよゐ&加奈子編が終了。
そして作中ずっと「塩、ください」としか言ってなかった(ホントは、他にも言ってたけど)杉田さんも、ちゃんと普通にしゃべれるキャラ・山代さんとして登場。
個人的に言っておきたいことは、いつもの定番の「やよゐ&加奈子」ネタが、カヤと潤とマスターだったこと。
「キテレツ大百科」とはね。
そして最後の全員集合は、ちょっと心に響くものがあった。全員集合と言う割には、山代さんいなかったけど。



咲 -Saki-
第12局  目醒め
咲は完全にはいていないとしか思えません。
スト魔女の逆バージョンってことですね? どっちもパンツは禁則なんだね?
部長の対局も割とあっさり終わってしまったなあー。
どっちかというと人間模様を描いてばかりで。
次週はいよいよのどっちの登板。あと個人的に期待しているステルス。



けいおん!
番外編 冬の日!
ん……個人的にはあんまり……おもしろく、なかった……かな?
コメディ的なノリが好きだっただけに、前半の暗い感じがなぁ……消化不足。
ただまあ、りっちゃん隊員は可愛かったけどな。前髪おろしたら、誰だかまったく分からなかったけどな!むしろ「唯?」とか思っちゃったけどな!
そして出番のない和とさわちゃん先生。除け者にすんなよな~。
何にせよ、これで「けいおん!」も終わりかぁ……ま、関連グッズの生産はこれからも続くでしょうけども。
これからももっとMステの会場を冷めさせるような曲を、オリコントップ10入りさせてくれ。



涼宮ハルヒの憂鬱
13 エンドレスエイト
まさかの三週またぎ。
……いやいやいや、削るところ削ったら収まってたんじゃないの? 来週どうすんのよ?
また今週と同じペースでやるのか? ……今週の段階で既にグロッキーだった長門が心配になってくる。
そして無意味に古泉が格好良かった件について。



戦場のヴァルキュリア
第十三章 戦慄の移動要塞
ファウゼン奪取作戦。今回はロージー編かな?
ファウゼンのレジスタンス・ザカが登場。
ロージーとザカ、意外とデコボコで良いコンビだ。
帝国兵に見つかったときのザカは、ナイス演技でした。
今週のアニメ感想一覧
咲 -Saki-
第11局  悪戯
部長登場。
マナー最悪な打ち方してましたけど、格好良かったからOK。……格好いいけど、悪役みたいだね。
ちなみに敦賀は中堅・蒲原智美が部長らしい。意外と部長対決だったのね。
そして対局とはあんまり関係ないところで、エトペンが壊されたり。でも来週の予告を見るに、あまり大事には至らなかったようで?
……でも「タコス→タコさんウィンナー」みたいに、ちょっと感覚が違うのでとまどったりしたりするのか? それとも完全スルーか?
ちなみに衣の声優は、柊つかさでおなじみの福原香織さん。
そういえばこのアニメの声優さんって……
清澄…小清水亜美、釘宮理恵、白石涼子、伊藤静、福山潤
龍門渕…福原香織、茅原実里、甲斐田裕子
風越女子…堀江由衣、森永理科
鶴賀…小林ゆう、新谷良子
私の個人的趣味に、ジャストミートな声優が多いような……



宇宙をかける少女
24  終末の呼び声
イモちゃんが生きていることを知った秋葉は助けに行こうとするが、風音に阻止されて監禁されてしまう。
一方でレオパルドが悪の道へ突入。
今回はちょっとだけブーミンの見せ場?があって良かったです。
怪奇課に順応したとはいっても、根はほとんど変わっていないみたいです。
突然攻撃されたベンケイ&つつじは、満身創痍。
もう放送話数は少なくなってきたけど、どうまとめるつもりなんだろうね。今のところ大いにバラバラだけれども。
ちなみに放送スケジュールを見るに、7月にも突入しかねない勢い。



東のエデン
第十一話 さらにつづく東(最終回)
ちょっと「完結」とは言い難い終わりだったけど、個人的には好きな感じです。まあ、まだ映画もあるしね。
ミサイル回避の方法を考えさせるっていうのは面白いけど、その結果意外とあっけなくミサイルを撃墜できてしまうってのはどうなの?あんだけ不安を煽っておきながら。
最後の滝沢くんの語りが好き。でも王様ってのがよく分からないなあ。
……全裸のニートが大量集結している画は、見てらんないね。
そして意外と生きていたパンツくんこと、板津。肉のおかげか?



けいおん!
#12 軽音!(最終回)
最終回、と言ってもまだ特別編があるけどね。「CLANNAD」みたいね。
#11同様にシリアスな展開が多めだったけど、今回は逆にそのシリアス展開が見事にはまりました。
ていうか最初の「たくあん」ネタは許されるのか? あそこまで堂々とやっちゃっていいのかぃ?
憂が軽音部に唯のふりをして行くシーンは、意外と読めた。なんとなくそんな感じがしたから。でも、よく似てる姉妹だこと。
紬の「月が……紅い……」は爆笑。そこまでか。
そして唯よりも憂の方が胸が大きい、という衝撃の新事実が発覚。
無事風邪から復帰できた唯は無事学園祭のステージに立てることに……と思ったら愛用のギター「ギー太」を家に忘れてきてしまった!
というわけでステージ一曲目は、唯の代わりにさわちゃん先生がギターを演奏。
ずっとギャグキャラ一本通してきたけれど、最終回(そして他の生徒の目もあるということがあってか)良い先生、格好いい先生でした。
……そういえば、顧問になる前までは、この印象の方が強かったんだよね?忘れてたけど。
家から学校まで走っていくシーンは、感動しました。
唯にも大事なものが、打ち込めるものが見つかったんだな。#1の頃から比べてみれば、かなりの進歩だよ。
「ふわふわ時間」熱唱!
そして歌い終わった後も、紬がアドリブで演奏を続け、再び演奏再開! 紬かっこいいね。
あれ、今回は紬が大活躍じゃね?
最終回、「けいおん!」、京都アニメーション、この後は「涼宮ハルヒの憂鬱」に引き継がれていきます。



涼宮ハルヒの憂鬱
12 エンドレスエイト
一週で終わるのかと思ったら、二週目へまたぎました。
今週は来週への伏線に過ぎないので、原作読んでない人は「何もない回」として認識するのか?
そして来週また今週と同じ始まりになったりして、「?」と思うのか? それはそれで楽しそうだ。いいな、原作未読者。
でもみんなで楽しく遊んでいるだけのSOS団を見るだけ、ってのも楽しいですね。
みくるちゃんの浴衣姿、可愛いかったしね。「胸がちょっと苦しいけど……」って、あんた。
ボーリング大会をやったときは、長門のエンドレス得点と、みくるちゃんのへっぽこぶりが面白かった。
あと、新オープニングも発表されましたね。



戦場のヴァルキュリア
第12章 さらわれた姫君
何者かに誘拐されてしまったコーデリア姫とアリシアを救いに向かう、ウェルキン達。
姫君にありがちな完全に無気力状態の、コーデリア姫だったが、アリシアの一喝で改心。
ていうかアリシアはもう説教キャラが板に付いてきたね。ミヒャエルの時といい、今回といい……
だけどお叱りを受けたコーデリア姫は、もう王女としても大丈夫でしょうね。
そしてウェルキンとファルディオの間に流れる、微妙な雰囲気。
「俺がアリシアのことが好きだと言ったら、どうする……?」

あと今週もやっぱりハンスが可愛かった。
アリシアが見つけられずに意気消沈・涙目のハンス。





簡易版:今日の日記

7月からの視聴予定アニメが確定しました。

日曜日
25:30~ かなめも
26:00~ 咲 -Saki-
26:30~ 化物語

月曜日
25:59~ 新世紀エヴァンゲリオン(再放送)

火曜日
26:00~ 宙のまにまに

水曜日
25:15~ 狼と香辛料2
26:08~ 青い花

木曜日
24:45~ 東京マグニチュード8.0
25:30~ NEEDLESS
25:59~ 大正野球娘。

金曜日
18:30~ GTO(再放送)
25:30~ うみものがたり~あなたがいてくれたコト~
26:30~ 涼宮ハルヒの憂鬱

土曜日
22:30~ CANAAN
24:30~ 【懺・】さよなら絶望先生
25:00~ GA 芸術科アートデザインクラス
25:30~ うみねこのなく頃に
26:30~ 戦場のヴァルキュリア

全18本。無理無理。絶対無理だから。
「青い花」「NEEDLESS」「うみものがたり」「うみねこ」「マグニチュード」「かなめも」辺りが生き残れるか微妙なラインだな……
とりあえず第一話で一、二作品は消えるな。
先週のアニメ感想一覧
咲 -Saki-
第10局 初心者
夢の眼鏡っ子対決。
……と思ったらまこが早々に眼鏡を外してしまい、挙げ句対局のほとんどを飛ばされてしまいました。
眼鏡対決を制したのは敦賀の素人同然の選手(ビギナーズラック)。
四人の眼鏡っ子の中でもこの子が一番可愛かったしね。
「三つずつ、三つずつ……」良いとこ取りだね。



東のエデン
第十話 誰が滝沢朗を殺したか
ちょっと今日は細かいコメントはしませんが……すっげぇおもしろくなってきた。



けいおん!
#11 ピンチ!
うーん……今回はちょっと個人的にはあまり……
「けいおん!」にはあまりシリアスな展開を持ち込んでほしくないというか……「みなみけ~おかわり~」現象が生じているというか……まさかの京アニでというか。
そしてシリアス展開に突入するや途端に存在感が薄れてしまうさわちゃん先生。
あと、結局雪解け・和解したりっちゃん&のどちゃんが良かった。
もうそろそろ文化祭、という時期にまたしても唯の身に異変が!? またか。
次回はいよいよ最終回。 番外編もありそうなんですが……
来週はとりあえず、どう考えてもシリアスっぽく締めてくるつもりでしょう。
楽しみにしたいです。



涼宮ハルヒの憂鬱
11 孤島症候群(後)
まあー、もろに「逆転裁判」だねっていうね。
面白かったねぇー。

次回はいよいよ「エンドレスエイト」か!? 楽しみに待ってるよ。



戦場のヴァルキュリア
第11章 招かれざる客達
いよいよコーデリア姫が登場。
もろに能登さんでした。
なぜかパーティに連れてこられていた、ハンスが可愛かった。







簡易版・今日の日記

今日も一週間の山場を乗り切った。

そういえば来週には「みなみけ 6巻 DVD付き初回限定版」が発売される予定。
今から楽しみです。