夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
超人計画
超人計画 (角川文庫)超人計画 (角川文庫)
(2006/06)
滝本 竜彦

商品詳細を見る
「超人計画」を読了しました。
(滝本竜彦)角川文庫

表紙は、レイ。

収録内容は、
第0話 電光の到来
第1話 永劫に回帰する出会い
第2話 輝ける明日へ
第3話 運命愛の陥穽
第4話 イクシオンの炎の車
第5話 デュオニソス・ラブ
第6話 インターミッション
第7話 ステアウェイ・トゥ・ヘブン
第8話 おしまい人間
第9話 暑さも寒さも善悪の彼岸まで
第10話 曙光
 レイちゃんの知恵袋
 あとがき
 文庫版あとがき



人生において二つ目のエッセイを読んだ。
一冊目は「その言葉、異議あり!」という外人作家の“笑える”をテーマにした少し毒のあるエッセイだった。
そして二冊目が、この「超人計画」だった。
もはや新書ではなくなった。
エッセイへの入り口がこんなんでも良いものなのかと、ほとほと疑問に思えた。

作品の出来としては、楽しんで読めた部類だと思う。



レイは可愛い。それだけは揺るぎない事実に思えた。
当の本人たる滝本さんの文章よりも、レイの書いた文章の方が好きってのは……。

2006年6月に発行されたはずの本だが、私が今年の1月に買ったのに、初版だった。
レイちゃんの知恵袋を読もう。
[超人計画]の続きを読む
スポンサーサイト