夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
助けて秋吉くん!-関野帆乃佳の場合-
助けて秋吉君! 関野帆乃佳の場合 (HJ文庫)助けて秋吉君! 関野帆乃佳の場合 (HJ文庫)
(2006/09/30)
不破 悠

商品詳細を見る
「助けて秋吉くん!-関野帆乃佳の場合-」を読了しました。
(不破悠   イラスト/超肉)HJ文庫

表紙は、秋吉純、ほのか(霊)。

収録内容は、
プロローグ
第一章 助けてください
第二章 言わないでください
第三章 信じてください
第四章 生きてください
エピローグ
 あとがき

大好きなアニメ「軌道戦史グレンダム」シリーズのプラモデル、「グレプラ」造りが大好きな高校一年生の秋吉くんの部屋に、ゴールデンウィーク最終日、突如として幽霊が現れた。
その幽霊はよくよく見ればクラスメイトの関野帆乃佳さんで、彼女は秋吉くんに叫ぶのです。
「助けて秋吉くん!」
……ほのか(霊)が言うには、帆乃佳はこの先近い未来、命を落としてしまうという。
そこで大好きな秋吉くんにその命を救ってもらいたいと懇願するのだが、現実の帆乃佳と秋吉くんには何の接点もない。
それでも頼まれたからにはと、秋吉くんは、帆乃佳を助けることを決意する。

執筆当時、作者はうら若き現役女子高校生、だそうです。
私が書店でこの本を手に取った理由は、何と言ってもイラストですね。超肉さんです。「半分の月がのぼる空」のイラスト担当の方なので、衝動買い。

まぁ、なんというか、ちょっぴりラノベ好き?な文系女子高生、としか言いようのない文章でした。
ストーリーは好きですが、基本的な技術力が、他の作家さんに追い付いていない気がします。
ですが表現方法は(若干、ですが)橋本紡先生やハセガワケイスケ先生に、似てないことも……ないのかなぁ。

ストーリーは最後の最後にどんでん返し(ちょっと予想できたけど)があり、うまく作り込まれていたので感心しました。
ですが二巻以降読むかなぁ、と思うと、「とらドラ!」があるし他にも読みたいけど買えてないのもあるからなぁ……っという風になりますね。
スポンサーサイト