夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
これからに期待の青春小説 「豚は飛んでもただの豚?」

豚は飛んでもただの豚? (MF文庫J)豚は飛んでもただの豚? (MF文庫J)
(2011/12/21)
涼木行

商品詳細を見る
「豚は飛んでもただの豚?」MF文庫J

著/涼木行
イラスト/白身魚

※第7回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞



ストーリー 7/10点
キャラクター 8/10点
筆力 7/10点
青春 10/10点
恋愛 6/10点
今後に期待 9/10点



これは良い青春ラブコメ。
恋愛ごとにとにかく疎い主人公が、ひょんなきっかけで知り合った三つ子の長女に恋をするお話。

良い青春ラブコメ、とは言った。
まぁ、まず初めにそれだけは名言しておきたい。
これは「良い青春ラブコメ」なんだ。
恋愛事に疎いというか、現役の高校生と言うにはあまりにも“遅れてる”主人公・真宮が、初恋の相手・綾と距離を縮めようと努力したり、綾の妹・瑞姫と協力関係を取ったりする様子は、まさに「俺は青春小説を読んでるぜ!」という気にさせられたし。
白身魚さんの描くイラストは素敵すぎるし。

ただ、なんというか……この先長くエピソードがある中での、プロローグだけを切り取って読まされたような感じでもあった。
ラブコメなのに、恋愛事に決着ついてないし。
大した山もなく終わっちゃったし。
三つ子設定なのに、次女の出番が恐ろしく少ないし、ていうかぶっちゃけ現時点でいる意味ないし。
一冊での物語の完結を期待していると、恐ろしいくらいの肩透かしを食らうし。

……というか、構成が「とらドラ!」の1巻みたいなんだよな。あらゆる意味で。
主人公のタイプも似てるし。
これで真宮が最後にくっつくヒロインが瑞姫だったりしたら、完璧。

ううん、このストーリーでなぜ新人賞最優秀賞?
いや、将来性はすごく感じられて、おもしろいんだけど。
かなり今後のストーリーに期待はできるんだけど……このストーリーだけが単独でポツンとあって、新人賞あげるかな?
それとも受賞した時は多少ストーリー違ったのかな?

この作品がシリーズ化されるなら、喜んで次巻以降も読むつもりなので今後の展開に期待。
ていうかシリーズ化しないと話成り立たないからな!
こんだけ言ってるけど、ちゃんとおもしろさは感じてたからね!

……あと、1巻はそれでいいのかもしれんけど、2巻以降もこのタイトル継続はキツくね?
と個人的には思ったり。

ベストイラストは、197頁の瑞姫と真宮。



オマケ。
キャラクター好感度。

瑞姫>綾>真宮>(平均値)>雲雀>風太郎
スポンサーサイト