夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
とらドラ5!
とらドラ! 5 (5) (電撃文庫 た 20-8)とらドラ! 5 (5) (電撃文庫 た 20-8)
(2007/08)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る
「とらドラ5!」を読了しました。
(竹宮ゆゆこ   イラスト・ヤス)電撃文庫

表紙は、逢坂大河。

今回は夏休みも開けて遂に文化祭編。
今年は生徒会の活躍もあってか、一日のみの開催だが盛り上がりそうな気配を感じさせる文化祭。
大河と竜児も文化祭で良い役(?)を割り当てられ、日々文化祭に向けての準備に励んでいたのだが、そんな二人の元に、大河の父親が訪れる。
大河の父親と初めて面会した竜児は、彼から衝撃の事実を突き付けられた。
父親は、娘と……大河と一緒に暮らしたいと言う。



さて、今回は改めて事実を再確認しました。
分かり切ってたことだけどさ、
「とらドラ!」おもしれぇ!!

コメディは盛りだくさん、だけどシリアス展開もバッチリ。
微妙なパロディあり、イラストも可愛い。 素敵だっ!

そして何よりも、熱くてまったく知的じゃないけど、とても心の奥に染み入る台詞、心理描写、何気ない情景描写。
竹宮ゆゆこワールドの虜となりました。
いつか……いつか、「わたしたちの田村くん」も、原作版でちゃんと読むぞ!

そういえば。
友人もとらドラ!読んでたけど、「川嶋亜美」が嫌い、という理由により2巻途中で読むことを放棄。
私も亜美ちゃんは、初登場時は嫌いでした。なんだこいつは、と。そう思いました。
だけど2巻終了時には「ほぅ」と思えるような行動を起こし、やがて4巻辺りからは……。
今ではあみたん(亜美のこと)、私のとらドラ!内で好きなキャラベスト3くらいにまで入ってます。
実はあみたん、割と良い感じのキャラです。ま……ひどい奴には変わりないかもしれないけど。

こういうあみたんみたいなキャラも、作者が女性ならでは、てことで。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)