夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
最上の命医
最上の命医 1 (1) (少年サンデーコミックス)最上の命医 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(2008/04/18)
橋口 たかし入江 謙三

商品詳細を見る
「最上の命医 1」を購入しました。
([取材・原作]入江謙三   橋口たかし)少年サンデーコミックス

表紙は、西條命。

収録内容は、
第1話 無限の樹形図
第2話 医者の味方
第3話 大いなる目標
第4話 とある事件
第5話 最も重要なコト



「焼きたて!!ジャぱん」の作者の、医療漫画。
2巻まで出てるので、とりあえず面白かったら読み続けようかと思って買いました。

いやぁ、面白いですよ。最上の命医。
ストーリーはしっかりしているし、ギャグも入ってるし。絵もうまいし。
たぶん今後ヒロインになるであろう、瀬名マリアも可愛いしね。

……まぁ、今作の主人公である命、「ジャぱん」の東とは似通うところが多いですな。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こうゆうマンガもあったんですね~
まだまだ疎いですね私は・・

そうですかぁ~
なんにもわかりませんが・・・

ブログは私も作ってみようと思いますが・・・
やはりPCにも疎いので・・・

それでわ♪
2008/08/23(土) 21:39:03 | URL | by菊智 みゆ (#zcpMMdzk) [ 編集]
こんなマンガもあるのですね~
やっぱりまだまだ疎いんですね私。・・・
ブログも作ろうと思うのですが・・・

ひとつ質問しますけど・・・
変なこといいますが・・
余命1年と告げられたら
何をしますか?
私は・・・・

それでわ♪
2008/08/23(土) 21:45:20 | URL | by菊智 みゆ (#zcpMMdzk) [ 編集]
余命1年、と告げられて実際に1年で死期が来るのかと考えてみると、それは現代の医学においては何が起こるとも分からないものなので、1年過ごしてみても意外とまだまだ元気でそれ以上生きてしまったような実例があることを考えてみれば、逆に1年経つ前に病状が悪化して突然死することも考えられ、あと1年という縛りがどこまで信用に値するものなのかは甚だ疑問です。やたらと長台詞で、結局何が言いたいのかよく分からない、政治家喋りでした。

しかしまぁ、余命1年と宣告されて実際できることなんて、割合少ないですが。
小説や漫画を読み耽りたい、というのもありますが、それって死ぬ前にやることなのかい?と言われればそれまでです。
ならば最期に自分が生きていたという実感を残すために、小説を執筆して出版社に投稿だ!と言っても、そんな状況で見事大賞を受賞できるなんてドラマチック的な展開を望むのも無理そう。
そうなると自分が何のために生きていたのか、なんて根源的な話になってしまいそうなのですが、自分が生きてきた理由をしっかりと話せる人間なんて、よほどの才人か運命に恵まれた人か、もしくは頭の良い人間にしか答えられないわけで。

結論。
まぁ、生活に支障が来さない程度の状態なら、普通に今まで通りに生活。
病床に伏すようになったら、ひたすら漫画と本を読みまくり。
いよいよ身体が病魔に蝕まれて苦しい毎日になったら、さっさと自殺したいと思います。
つまらない回答ですが、それはまだ自分自身に死ぬ予定が無いからに他なりませんね。
2008/08/24(日) 14:35:11 | URL | by星野流人 (#zxJvsWF.) [ 編集]
そうですよね・・・
すいません
変なこと聞いて・・・
2008/08/24(日) 21:37:52 | URL | by菊智 みゆ (#-) [ 編集]
そんな、まじめに返答されても。あやまられても。
2008/08/25(月) 18:10:56 | URL | by星野流人 (#zxJvsWF.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)