夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
神様ゲーム7 カミハナニヲハコブベキ?
神様ゲーム7  カミニナニヲハコブベキ? (角川スニーカー文庫 188-10)神様ゲーム7 カミニナニヲハコブベキ? (角川スニーカー文庫 188-10)
(2008/08/01)
宮崎 柊羽

商品詳細を見る
「神様ゲーム7 カミハナニヲハコブベキ?」を読了しました。
(宮崎柊羽  イラスト/七草)角川スニーカー文庫

表紙は、かのう様。

収録内容は、
PROLOGUE A:ヒトニカクシテ
PROLOGUE B:カミニカクシテ
GAME1:フシギノクニへ?
SAVE1:ハナハニホヘド
GAME2:フシギナワタゲ
AUTOⅠ:A Tug Of War
SAVE2:マイゴノチズ
GAME3:フシギノワノナカヘ
AUTOⅡ:Under Cover Of Smoke
あとがき

とある用事で和家を訪れた多加良。
しかし広大な敷地を保持する和家で多加良が見たものは、その敷地いっぱいを使った、遊園地だった。
そのまま勢いに流されて、多加良は無理矢理にミラーハウスに入れられてしまう。
ミラーハウスの中には、多加良と同じ境遇にある、和家の血を受け継ぐ少年が二人いた。
彼らの話を聞くに、今回はゲームをクリアして“王冠”を集め、そして“お茶会”に参加するのが目的だという。
またかのうに嵌められた!と思っても時は既に遅く、ゲームは始まっていた。
そして多加良は、今まで以上に大掛かりなゲームに挑むこととなる。

……最近まで「読み順」が、溜まってる本を飛ばして最初に読んでいた「神様ゲーム」。
それが今巻、一番最後にまわしてしまいました。
ですが……次の巻はやっぱり一番最初にしてみようかなぁと思いました。

ストーリーの感じや基本構成は変わっていないのですが、今回は多加良の熱すぎる語りがほどほどな感じで良かったです。
ゲーム自体も読んでいておもしろかったです。
ゲームの緻密性はツァラトゥストラ~~には適いませんが、こっちの方が気楽に読めますね。

あと、今回他の巻と違うところ。
まず、3~4巻以来久々の上下巻です。長いですね。
そして舞台が学校外ということで、生徒会メンバーがほとんど出てきません。(鈴木と尾田は出番なし)
尾田は前巻の街すごろくの時も、超出番が少なかったような……。
羽黒と桑田も次巻の出番は少なそう。

なんにしても、次巻楽しみです。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)