夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
電撃コラボレーション 最後の鐘が鳴るとき
最後の鐘が鳴るとき (電撃文庫 て 4-3 電撃コラボレーション)最後の鐘が鳴るとき (電撃文庫 て 4-3 電撃コラボレーション)
(2008/10/10)
電撃文庫記念企画

商品詳細を見る
「電撃コラボレーション 最後の鐘が鳴るとき」
(電撃文庫記念企画)電撃文庫
著/壁井ユカコ 渡瀬草一郎 三上延 佐藤ケイ 柴村仁 有沢まみず 鎌池和馬 成田良悟
コミック・イラスト/片瀬優
イラスト/文倉十

収録内容は、
『学園ホロ・MW学園編』/文倉十
『ハルカワくんと人体模型』/壁井ユカコ
『カガミのムコウ』/渡瀬草一郎
『M/W・二枚のメダル』/三上延
『MW学園の崩壊』/佐藤ケイ
『スケッチブック』/片瀬優
『天使は飛行船の夢を見るか?』/柴村仁
『NICE GAY』/有沢まみず
『謎のその先に』/鎌池和馬
『卆形式~マヨイガハレルヒ~』/成田良悟

廃校になることが決まったMW学園(マザーホワイト学園)、その最後の卒業式の日。
学園に噂されていた様々な謎が呼び起こされる。
生徒に紛れた賢狼、動く人体模型、講堂の大鏡、礼拝堂に隠された二枚のメダル、卒業式前に発見された死体、消えた絵画、神父らしくない神父、ナイスガイな生徒会長、体育倉庫に隠された金庫の謎、そして突如として校内から消える人間……
最後の下校の時刻を知らせる鐘が鳴るとき、すべてはある一つの結末を迎える――

電撃コラボレーション第三弾。
個人的には鎌池和馬先生の作品が好き。普通にこの後の二人の日常とか見てみたい。

今回の電撃コラボレーションの皆勤賞は、有沢まみず先生と成田良悟先生。
有沢先生は、ギャグからシリアスホラーまで幅広く、本当に最後まで楽しめました。
成田先生は、彼にしかつとめることのできない大役を、見事なまでに終えました。

非常に楽しめました。また機会があれば、文庫化してもらいたいです。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)