夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
バカとテストと召喚獣5
バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)
(2008/11/29)
井上 堅二

商品詳細を見る
バカとテストと召喚獣5」
(井上堅二   イラスト/葉賀ユイ)ファミ通文庫

表紙は、吉井玲。姫路瑞希、島田美波、木下秀吉、工藤愛子。

明久の生活態度の確認と成績の程度を把握するべく、明久の母親が送り込んできた最凶最悪な刺客は姉の玲。
彼女を再び国外に追い出し明久が気ままな一人暮らしを満喫するためには、今度の期末テストで一定以上の点数をとらなければならない!
補習無しの夏休みのために、一人暮らしの復活のために、明久はクラスメイトたちと勉強会を開くことに。

面白さはもちろん健在で、それにプラスして感動的な要素も詰め込まれていました。
前回は美波とのラブ展開でしたが、今回は姉弟愛のお話ですね。
物語のあちこちに細かい伏線がはり巡らされていました。
まあ、最後は明久がやっちまいましたが。ライトノベルだからこそできる演出、みたいな気がしました。
それにしてもちょっと続きが気になりますね、文月学園で何があったんでしょう。

あとがき。今回のあとがきはちょっと長め。「総受け」はすごい。

恒例のバカテストももちろん良かったですよ。つーか最終問題、姫路さんが……ヤヴァいってヴァ。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)