夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1
ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 (Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 (Gファンタジーコミックス)
(2008/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る
「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1」
(原作・監修/竜騎士07、作画/桃山ひなせ)Gファンタジーコミックス

表紙は、古手梨花、カケラ。

第1話 フレデリカ
第2話 山中にて
第3話 運命を変える力
第4話 幸運な世界
第5話 奇跡の再会

罪滅し編でも運命の壁を打ち破ることができなかった梨花。
時間を巻き戻すことのできる羽入の力も弱り、綿流しの日までの猶予はたったの二週間。
すっかりやさぐれていた梨花だったが、目の前で圭一が次々に予定調和を打ち破るのを見て、今度こそはと希望を見いだす。
さらにレナ、詩音までもが惨劇へのルートを自ら遮断していた、幸運の世界。
今度こそはいけるはず、やっと昭和58年6月の未来に辿り着ける。
しかし、梨花はこの時忘れていた。
誰が何をしても、どんなにがんばろうとも、今までに決して打ち破ることのできなかった、大きな障害があったことを……

ひぐらし物語もついに佳境を迎えて皆殺し編。
一致団結すれば奇跡が起こるという、まさにひぐらしの象徴ともいえる熱い物語ですが、今回は序章として梨花の状況説明まで。

鷹野さん初めての祭具殿入りのシーンは、もうちょっとはっちゃけても良かったんじゃないかなと思う。
「にぱー」まあ、良いけど。

次からはいよいよあの男が本編に……。
一気に暗くなるな。作風が。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)