夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
M-1グランプリ 3回戦
オートバックスM-1グランプリ2006 3回戦第1回東京大会の結果が発表されました。
12組が準決勝進出を決めました。

昨年ファイナル7位の実績を持つコンビ。
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)

2年前にはM-1ファイナルにいたコンビ。
東京ダイナマイト(オフィス北野)
POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)

もう負けられない、十年目のラストイヤー。
ライセンス(吉本興業 東京)

昨年の準決勝で涙を飲んだ、リベンジコンビ。
キャン×キャン(ヴィジョン・ファクトリー)
三拍子(サンミュージックプロダクション)

2年前の準決勝から昨年は転落、そして今年準決勝へ。
パンクブーブー(吉本興業 東京)

今年初めての準決勝で、麒麟枠の決勝進出を狙う…。
えんにち(吉本興業 東京)
超新塾(ワタナベエンターテインメント)
ハマカーン(ケイダッシュステージ)
髭男爵(サンミュージックプロダクション)
ポテト少年団(吉本興業 東京)


実力のある中での敗戦者は、アミ・ボロロク・ホエ・デシェ・ジェテ・チャイイシバシハザマエルシャラカーニクワバタオハラコア号泣5番6番360°モンキーズ上々軍団飛石連休バッドボーイズハレルヤホーム・チームヤポンスキーレム色末高斗夢とメグちゃん等。
出場辞退でなければ。
3回戦からはまさに激戦。
昨年準決勝だったコンビや、『ファイナル進出もあるのでは?』と囁かれたコンビもココで散った。
末高斗夢とメグちゃんもココで敗戦。
個人的にはホーム・チームと5番6番の敗戦が痛い。
追加合格を望む。

M-1グランプリ2006
ファイナルは12月24日(クリスマス・イヴ)
敗者復活戦も同日に

今年も聖なる夜に
新たな漫才の王者が決定する…
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)