夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
とある科学の超電磁砲 3
とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)
(2009/02)
鎌池 和馬

商品詳細を見る
「とある科学の超電磁砲 3」電撃コミックス
原作・鎌池和馬   作画・冬川基   キャラクターデザイン・灰村キヨタカ

表紙は、白井黒子、初春飾利、風紀委員(ジャッジメント)の面々。

第十四話 七月二十四日④
第十五話 七月二十四日⑤
第十六話 七月二十四日⑥
とある学徒の後日談集(エピローグ)
第十七話 七月二十五日
番外編 とある二人の新人研修(ジョブ・トレーニング)[前編]
番外編 とある二人の新人研修(ジョブ・トレーニング)[後編]



木山の奇襲攻撃の直撃を受けたかと思われた美琴だったが、間一髪で危機を脱していた。
美琴は電撃攻撃で木山を撃破するが、その時に電気を介した回戦が繋がり、木山の過去を知る。
さらに虚数学区が暴走を始めてしまい、木山でも止められなくなる。
果たして学園都市と美琴の運命やいかに!?



秋葉原でこれを見かけて、そういえば電撃コミックスの新刊チェックはしていなかったことに気がつく。
「放課後プレイ」「ワールド・デストラクション」も電撃コミックスか。

とりあえず「幻想御手(レベルアッパー)」編の完結編。
「とある魔術~~」では基本的に魔術編(要するにインデックス編)よりも科学編(要するに御坂美琴編)のほうがおもしろい。
そんで科学編を結集した「とある科学~~」が、つまらないはずがない。

「幻想御手」編のラストも良かったし、おまけ(?)の「とある学徒の後日談集」が凄く良かった。
野球部の連中、格好いいなぁ。

番外編はジャッジメント黒子&初春が小六の頃のお話。
黒子の先輩の眼鏡の人が好きです。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)