夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る
「夜は短し歩けよ乙女」角川文庫
森見登美彦

表紙は、先輩、黒髪の乙女。あと電車、緋鯉、林檎、達磨、猫、象の尻……。

第一章 夜は短し歩けよ乙女
第二章 深海魚たち
第三章 御都合主義者かく語りき
第四章 魔風邪恋風邪
解説に代えて 羽海野チカ

同じサークル内の「黒髪の乙女」に一目惚れをした「先輩」は、それとなく彼女にアプローチを仕掛ける。
先輩は巧妙な手段でもって彼女と自分との距離を埋めんとし、偶然を装い声をかける。
しかしそんな涙ぐましい裏の奮闘も知らぬ彼女は、今日も偶然の出会いに「奇遇ですねえ」と。
春に二人が出会ってから、夜の街を歩き、古本市を巡り、学園祭を駆ける。
気が合うようで巡り会えない、二人の物語。



作品そのものを表すならば、捕らえどころのない、というところか。

基本的に「先輩」と、先輩の恋する「黒髪の乙女」の二人の視点から物語が描かれます。
先輩は黒髪の乙女の気を引こうと奮闘するも、周囲のとんでもない状況に巻き込まれ、それがなかなか叶わない。
二つの視点から見ることによって、二人のすれ違う様がよく分かり、そこが面白かった。

登場人物も、どこかおかしな人間が多い。このおかしなという言葉は、無論褒め言葉である。
個人的には飄々としている樋口さんが好き。

ところで私。この小説を読むにおいて、キャラクター個々に以下の声優を当てはめていた。
黒髪の乙女=野中藍
樋口=小野大輔
羽貫=生天目仁美
なぜだか黒髪の乙女は野中さんの声がピッタリだと思っている。(もちろんもっと違う声が良いと考える人がいるかもだけど)

そういえばこの文庫って、意外と最近に出てるんですね。
2008年12月か。思えば忙しい時期だったのか。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)