夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
先週のアニメ感想
大体視聴確定作品が決まってきました。
「夏のあらし!」「シャングリ・ラ」以外は、最後まで観ます。
いや、あらしとシャングリラも一応最後まで観るつもりですが……心が折れなければ。

夏のあらし!
2 少女A
やっと原作第1話が登場。
「あの、塩ください……」しつこいよ。誰だよこいつ。
ていうか、潤が女の子らしすぎる気がする。可愛いから良いけどさ。
そしてマスターとグラサンの、レース対決。これも面白かったですね。
気づいたけど、俺がこの作品があまり好きでないのは、多分主人公がブサイクだからだ。
格好良くなく、普通のルックスでもない、若干ブサイク気味だから……なんか読んでて面倒になるんだと思う。



咲 -Saki-
第2局 勝負
キャラクターが良いよね。これ。
役は分からないけど、たぶんスゲーことになってるんだろうなぁ、って思う。
お披露目のエンディングはタコス。
咲、和、優希のリアルイラストはあったのに、まこだけ無いのが哀しい。
ま、俺は和の方が好きだからいいけどなぁー。



東のエデン
第二話 憂鬱な月曜日
特に急展開は無いが、徐々に物語の真核へと近づく気配。まだ二話だけど。
そしてあっさりと自分の記憶がないことを言っちゃう滝沢くん。
船のシーンが、良かった。印象的だ。
そういえば今気づいたけど、このアニメに出ている声優さん、ほとんど知らない人ばっかりだ。
まぁ、そのほうが妙な先入観がなくていいけど。



けいおん!
#3 特訓!
やっとギターを買ったのでバンドの練習が始まるのかと思いきや、今度は中間テスト。
唯は大方の予想通り、頭の方はちょっと弱い子らしい。
そして律は意外とかなりの点数を……と、思ったらやっぱり裏がありましたか。
想像の中の唯の妹像が凄かった。この姉妹だったら、今頃平沢家は崩壊状態にあったかもしれない。
一番おもしろかったのは、律が勉強会に飽きてうろうろした挙げ句、澪に叱られるシーン。
たんこぶ可愛い。



涼宮ハルヒちゃんの憂鬱
にょろーん☆ちゅるやさん

第19話
第20話
そのじゅうっ
19話がクリスマスのお話、20話がエイプリルフールのお話。
季節飛びすぎ。 もうやりたい物語をやりたいだけアニメにするんですね。
クリスマス、谷口が……。カッパくらい、どっかそのあたりに捨てりゃいいのに。
エイプリルフールは短かったですが、面白かったです。朝倉さんw
やっぱり朝倉さんは自分から何かをするよりも、何かをされる方が似合ってる。
ちゅるやさんは……にょろーん。



ハヤテのごとく!!
3 そして伝説にならない
原作で読んだ話ですが、やっぱりアニメで観るとまた違った味わいがあります。
そして地味に初登場らしい神父ことリィン・レジオスター。
漫画版で初登場時を確認すると、最近の姿とは若干違いが見られますよね。傷以外でも。



戦場のヴァルキュリア
第三章 第7小隊誕生
割とおもしろかったので漫画版も買っちゃいました。ポストみなみけ枠、ヴァルキュリア。
不可能とも思える逆境を乗り越えて自分を認めさせるウェルキンは、凄く格好いいと思う。
次回はセルベリア初登場。格好良さげですが、どんなキャラでしょう?期待してます。
本編のロージーは憎たらしいけど、エンディングのロージーはかわいいと思う。
そういえば。今ウィキペディアをみてて気づいたけど、主人公・ウェルキンの声優は千葉進歩さんでした。
しばらく入野さんだと思ってたんだけど……あれ、じゃあ入野さんは誰の声やってるんだ?
……調べたら、「アスラクライン」の夏目智春役だった。完全に違うじゃん。アスラクラインもう観てないし。どこで混同したんだろうね。

スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)