夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
こちら葛飾区亀有公園前派出所164
こちら葛飾区亀有公園前派出所 164巻こちら葛飾区亀有公園前派出所 164巻
(2009/05/01)
秋本 治

商品詳細を見る
「こちら葛飾区亀有公園前派出所 164」ジャンプ・コミックス
秋本治

表紙は、両津勘吉。

分冊本大ブームの巻
変顔大将の巻
飛行艇時代の巻
両津の決断の巻
スクーターボスの巻
スピンオフの巻
東京新都市構想の巻
キャラに一文字の巻
夏の冒険島の巻



両さん、今回も大暴走。

とりあえず天下のジャンプ作品で、しかも三十年以上連載を続けている大作「こち亀」の最新刊に作品イメージが付いていないっていうのが納得がいかない。
「最上の命医」とか「しにがみのバラッド」にも時々付いてないのがあるしね。



今回はいつも以上のバラエティに富んだ内容でした。
たまに数話続けて同じような話が続くときもありますから。(最近では「将棋」ネタとか「マグロ」ネタが多かった)
ちょっとヒヒ話(いい話)から、最後までギャグ一直線の話まで。
その分、面白い話からつまらない話までの幅も広かった気がしますが。

「夏の冒険島」は両さんがいい人だった話。両さんって、基本的に子供相手には優しいよね。
麗子含む婦警連中には厳しい割に、纏・マリア・早矢にだけは優しい気もする。

「両津の決断」では、部長がちょっと良いトコ取り。
部長は普段意地が悪いおじさんのくせして、たまにこういう「本当はいいおじさん」的なところを見せ……あれ、パターンが両さんと一緒な気が……。
娘を嫁に出す回は、良かったよね。大昔だけど。

「キャラに一文字」も良かった。全部のキャラを知ってたし。もっとマニアックなキャラがいても良かったかも。一般には伝わらないけど。
オチも良かった。個人的に。特に表情が。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
うそ、こち亀買っているの。
150巻超えているから1つ400円とした場合6万円ぐらいかかるじゃない?
あたしは絶対買わないんだけど、こち亀。
確かに面白いし、好きなアニメの一つだよ。でも、コレを買っちゃうなんて。お金ではなくて全巻置く場所とかどうするの?
ではきりりん失礼します。
2009/05/03(日) 18:19:54 | URL | by高坂桐乃 (#JczTfEdk) [ 編集]
ジャンプを読んでいない以上、読みたいものは単行本を買うしかありません。
それにそんなことを言っていたら、こち亀どころか「ジョジョ」も「ゴルゴ」も「ガラスの仮面」も買えません。……いや、買ってないんですけど。

「こち亀」は基本的に一話完結のギャグなので、どこから読んでも良いという利点があります。
なのでジャンプを読むことを止めて、定期的にこち亀を買うようになるよりも以前の巻は、実は結構買ってないものも多いんです。
100巻以降はけっこう持ってますが。
漫画なので読みやすく、1~80巻頃は特に読んでいない巻も多いため、夏コミ・冬コミなどの時間潰しように古本屋で数冊まとめて買うこともあります。

他の漫画やラノベはシリーズごとに並べてますが、「こち亀」だけは、1巻と最新刊(現在164)だけを並べて置いてます。
それ以外は全部押入です。読みたくなったら引っ張り出してきます。
2009/05/04(月) 13:14:34 | URL | by星野流人 (#zxJvsWF.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)