夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です
これはゾンビですか?1  はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)
(2009/01/20)
木村 心一

商品詳細を見る
「これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です」富士見ファンタジア文庫
木村心一   イラスト・こぶいち むりりん

プロローグ「あんたは今、現時点をもって魔装少女だっ! 光栄だろっ!」
第一話「好きなものは秘剣、燕返し。特技は秘剣、燕返し。趣味は秘剣、燕返しです」
第二話「――倒せない敵はいないっ!」
第三話「………………にゃー」
第四話「死んで」
エピローグ『嫌いじゃない』
あとがき
解説

第20回ファンタジア大賞 佳作受賞作

相川歩はゾンビである。
ゾンビであるが故に太陽に弱い彼が、闇夜の中墓場を歩いていると、天上から一人の少女と熊が落ちてきた。
そんな彼女らの墜落に巻き込まれたアユムは、ついでとばかりにある事態に巻き込まれることとなる。
落ちてきた少女は言いました。
「あんたは今、現時点をもって魔装少女だっ! 光栄だろっ!」
男なのにな。ていうか。ゾンビなんだけど。



くだらねぇもんを読んじまった。

なんていうかこの作品は好き嫌いが別れる気がするのだけれど、ライトノベルを好んで読むような人ならば、楽しめる人の方が多い気がする。
ちなみに私はこの作品、嫌いです。
いや、嫌いと言うと語弊が生じるので……あまり好きではありません。

このくだらない馬鹿さ加減は、なんなんでしょうか。
ストーリーもズタボロ、設定のほとんどが後付け、見事な御都合主義。
主に前半戦の、突っ込みどころ満載感は、作者の正気を疑いたくもなります。

ただラストにはしっかりと締めて(シリーズ物のようで、続きます感は残りましたが)くれたので良かったです。
ゾンビなのに後味すっきりで終了しました。

ラブコメでSFでホラーでミステリで、というジャンルごちゃ混ぜな感は好きです。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)