夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY
サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
(2009/05/30)
河野 裕

商品詳細を見る
「サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY」角川スニーカー文庫
河野裕   イラスト・椎名優

表紙は、春崎美空。

プロローグ
1章 土曜日に始まる
2章 水曜日からの出来事
3章 日曜日の結末
エピローグ
あとがき



その程度の奇跡も起こらないような世界なら、
きっと初めから言葉なんて生まれない。


咲良田(さくらだ)は、超能力者達の街。
浅井ケイと春崎美空もまた、超能力を保持する人物であった。
ケイの能力は、記憶を保持する能力。
そして美空の能力は……「リセット」 世界が三日分死ぬ能力。

ある日彼らは、死んだ猫を助けて欲しいという依頼を受ける。
依頼に若干の違和感を感じつつも、彼らは以来達成へと動き始める……



乙一絶賛!!
「超好みの小説でした。ほんとにスゴイです」
(帯より抜粋)

……ずいぶんと煽る帯じゃねぇか。
「乙一絶賛!!」とまで言われたら、そりゃあ買うよ。読むよ。
「確実に人気作家になっている」「未来にそなえるべき」とも書いてあり、ハルヒとかひぐらしで若干出遅れた感がある私は、とりあえず飛びついてみました。

とりあえず読んでみての感想は、面白かったです。
主人公が過去に行ったりする話なのですが、いわゆる普通の「時をかける」系ではありません。
能力によって「リセット」の一言だけで、三日間が無くなる……つまり現在まで過ごしてきた三日間の時間が消え去り、何もかもが三日前の状態に戻り、その事実を覚えているのも主人公の男の子だけ、ということ。
(色々な制約がある能力なのですが……大まかに説明するとそんな感じ)

時系列がどんどん「リセット」されるので、普通の作品よりも全体像を把握するのが少し難しいですが、理解できるととても面白いです。
文章的なおもしろさは特に抜きんでているわけでもないのですが、ストーリーがとても良かったです。
謎が一つずつ解けていく感じは、気持ちの良いものがあります。



まぁ……「とある飛空士」みたいな感じはあったかな。
帯に期待しすぎても若干危険かも。 おもしろいことには、もちろん変わりないが。

2巻の発売も決定しているようで。とりあえずそっちにも期待して。




簡易版:今日の日記


先週、某書評ホームページで「恋は三十路をすぎてから」を見かけて、「おもしろそうだなぁ。今度本屋で探してみようかな」と思いました。
すると次の日、昼食を買うために駅近くのローソンに行くと、その本が置いてありました。
速攻買いました。
(今思うと、ビニール包装すらされていないで置いてたんだな、あのエロ本を……)
予定になかった買い物だったので、その日の昼食はパン一つになりました。



そして昨日。
友人と伊坂幸太郎の話をしていて、「陽気なギャングが地球を回す」が面白いとかいう話になりました。
その作品は、私は読んだことがなく、またどこの書店を探しても見つからず、なのに一番読みたい伊坂作品だったのでした。

次の日。つまり今日。
昼食を買うために駅近くのローソンに行くと、その本が置いてありました。
速攻買いました。



……なんだあのローソン? 俺が欲しいと思ったらすぐに置く店なのか?

なら今度は、「僕にお月様を見せないで」が欲しいなぁ。
とか思ったら、明日置いてるかな?



余談。
最近あちこちのローソンで、よく「Doubt」を見かける。なんでなの?
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)