夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ゲッサン 7月号
ゲッサン 2009年 07月号 [雑誌]ゲッサン 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/12)
不明

商品詳細を見る
「ゲッサン」


表紙は、「ハレルヤオーバードライブ!」


週刊少年ジャンプを買わなくなってから、早二年半。
現在、私は新しく雑誌を買い始めました。
それが5月新創刊の月刊少年サンデー、「ゲッサン」。
週刊誌は買うのが大変だけど、月刊誌くらいなら大丈夫かな? と思って。



ハレルヤオーバードライブ!
高田康太郎(新連載・表紙&巻頭カラー)
Track01:音楽の魔法を信じるかい?
第1話のサブタイトルが、いきなり「楽神王」と激しく被っていると思うのは私だけかい?
イラストは上手いとは思わないが、嫌いではない。
主人公の朝桜小雨の見た目が、「隠の王」の俄雨に似ている気がする……っていうか名前も(漢字が)似てるな。
まだ初回なので今後どんなストーリー展開になるかは分からないけれど、期待して読んでいきたいと思う。



まねこい
モリタイシ
第3話:猫太郎さんの猫となり
第4話:明日のためにその1,まずは話しかけるべし!
モリさんの作品は恋愛がらみが多いな。
今回の作品は「いでじゅう!」くらいには面白いし、今後にも期待です。
「RANGEMAN」で拍子抜けだったので、素直にまた面白い漫画が読めて嬉しい。
第3話の方がコミカルでネタ重視だったので、面白かった。
かと思えば第4話でも話の本筋である、ホンチーとの接触の話で、次回以降何か展開がありそうな気配。



駅恋
原秀則(創刊記念読み切り)
普通に面白かったと思うのだが。
でもまぁ……ありがちと言えなくもない物語だったけど。



あずまんが大王・補習編
あずまきよひこ(連続カラー第2弾)
2年生
懐かしい、としか言いようがない。新装版が欲しくなる。いつか古本屋で……
今回は1年生編では登場しなかった、神楽とちよ父が登場。あと一応かおりんも。
当時のあずまんがよりも、若干シュール気味なネタが増えているかも?
あと余談ですが、この回の表紙がポスターとして付いてきました。



忍びの国
原作・和田竜   作画・坂ノ睦
第弐話
……主人公誰なんだよ。いないの?あずまんがみたいなもの?
ストーリーは超真面目な歴史物。
信長が「信長協奏曲」と被ってる……っていうかもうちょっと連載作品のジャンル設定に気を使ったら……?



イボンヌと遊ぼう!
荒井智之
3時間め:太郎と遊ぼう!
もしかしたらゲッサン作品の中で一番好きかも知れない。
コミックスが出たら、買っちゃうかも。いや、買うだろうな。
別段ギャグが面白すぎるわけでも、イラストがうますぎるわけでもなく……むしろ普通なコメディでしかないのだけれど。
雰囲気が好きなのかも知れない。あと……キャラクターも好き。
イボンヌと谷口さんもそうだけど……意外と校長先生も好き。もはやこの校長はギャグ漫画の為に生まれてきたような体格だからな。
最終ページのイボンヌが可愛かった。



マコトの王者
福井あしび
Round2:Pretty Boy
これはあれかな?毎月こうやって二人の生活をパート分けして進めていくのかな?
面白くなりそうだ。 イボンヌと信長に次いでこの作品も好きだ。
絵は一見上手いように見えるんだけど、細かいところが若干下手なのが残念。
幼子の等身がおかしいだろうよ。
……二人のマコトがそれぞれ違うマコトとしての日常に触れ、今後二人がどう変わっていくのか?
今後も楽しみにしております。



よしとおさま!
四位晴果
第2難 大家、現る
……あら? なんだろう、この感じ……
第1難の時は結構好きだったんだけど……第2難は、なんというか……微妙?
面白いシーンもいくらかあって(パン耳のシーン)、楽しめはしたんだけど……急にブレーキがかかったような。
第1難と第2難で違うところといえば……大家か?大家なのか?
正直終わりもよく分からないし……一応次号に期待。



権力の犬 ポリスワン!
杉本ペロ
第2話:バラバラ殺人事件
正直、面白すぎるだろう。
ここまでギャグ漫画然とした作品、最近あまり見かけなくなったので、とても嬉しいです。
ボケの連打が心地よく、突っ込みも冴えていて脱帽。



怪、刺す。
はなし刺・木原浩勝   刺し絵・伊藤潤二
第二刺・顔
……ん? 何、これ? ホラーなのか?
全貌が不明のまま締めるとか……正直、無いわ。
わけわからん。ギャグ?ギャグなの?



第三世界の長井
ながいけん
第2話:第1話の続き
これは……コメントしたら負けなのではないか、とさえ思った。



月の蛇 ~水滸伝異聞~
中道裕大(新連載第2話・センターカラー)
第2話
「月の蛇」とかいうよりも、「玲華(レイファ)と星華(シンファ)のパンダ大作戦」の方が好きだぜ。
むしろそっちを連載してほしい気もするけど、ヴァルキュリアでいう「陣中日誌」みたいなものだから楽しめる、という点もある気がする。
「玲華と星華のパンダ大作戦」はどうやらまだ続くようで。
「月の蛇」と同じくらい……むしろよりそっちの方を応援しています。更新頑張ってください。



信長協奏曲(コンツェルト)
石井あゆみ
第2話:兄と弟
相変わらず面白い。
絵がまったく好みではないのに、それでも読めてしまう。
信長について詳しかったりすると、もう少し楽しめたりするのだろうか?
私は信長がうつけと呼ばれていたことと、父親の葬儀中に焼香を投げつけたくらいのことしか知らないので。
少年誌として連載するには若干ハードルが高いかも知れないけれど、個人的には好きなので続いていってほしい。
地味にイボンヌの次に好きな作品です。




次号は表紙&巻頭カラーが「あずまんが大王・補習編 3年生」。
新連載巻頭カラーは鳴海アミヤ「No.1海童」、新連載・横山裕二「いつかおまえとジルバを」。
カラーは「アオイホノオ」「信長協奏曲」「ここが噂のエル・パラシオ」



8月発売の9月号からは、あの「とある飛空士への追憶」のコミックス版が連載開始ということで、目が離せません。
原作・犬村小六で、漫画の作画担当は小川麻衣子。

……最初はあずまんが目的だったけど、雑誌ってやっぱり楽しいな。



簡易版:今日の日記

4日ほど前の夕方から、寝る頃には治まっていたけど、後頭部に違和感が生じた。
一昨日の夜、寝てたら急に左足が攣る。一分くらい。まだ筋肉に亀裂が残ってるらしく、張ると痛い。

視力は両目が乱視&ド近眼。
かつて県道をやっていたときは、小手を付けていた手(特に左手)が汗もだらけになる。

冷たいものと酸っぱいものを食べると、歯にしみる。

年中神経性胃炎にやられている。何もなくても週に一度はチクリとする。
緊張すると食欲も減る。



……俺、身体弱すぎ。 死ぬの?
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)