夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
驚愕もいいけど憂鬱もね 「涼宮ハルヒの憂鬱 第14巻」

涼宮ハルヒの憂鬱 (14) (角川コミックス・エース 115-16)涼宮ハルヒの憂鬱 (14) (角川コミックス・エース 115-16)
(2011/05/26)
ツガノ ガク

商品詳細を見る
「涼宮ハルヒの憂鬱 第14巻」角川コミックス・エース
原作・谷川流、漫画・ツガノガク、キャラクター原案・いとうのいぢ
漫画家ツイッター/ツガノガク (g_tsugano) on Twitter
原案者サイト/BENJA-MING
原案者ツイッター/いとーのいぢ (itoww) on Twitter

ストーリー 8/10点
キャラクター 8/10点
画力 6/10点
かわいい 8/10点
アレンジ 5/10点
みくるちゃん 10/10点



原作でいう「涼宮ハルヒの陰謀」の前半部分にあたる。
八日後からやって来た何も知らないみくるちゃんと、同じく何も知らないキョンの奮闘記。

いやぁ、みくるちゃん&長門がかわいいんで他のことはどうでもよくなってくるね。
いや、どうでもよくないか。
とりあえずかわいかったのは、27頁のふくれたみくるちゃん、36頁のエプロン長門。


俺もみくるちゃんを怒らせて、「ぷう」って顔にさせたい!
いや、でもみくるちゃんはやっぱり笑顔がいいよ!
ツガノガクさんの絵だと、女の子が非常に魅力的だね。かわいいよ。
いろいろと難のあるツガノガク版ハルヒではあるが(一応断っておくけど、俺はツガノガク版ハルヒは好きだよ? みずのまこと版は知らん)、女の子のかわいさは手放しで評価できると思う。

みくるちゃんと長門の関係性がいいなあ。
普段の絡みが少ないだけに、なかなか印象的。
(同人誌等でもよくこの二人の関係を想像して描いたものがあって、どれもだいたい『実はちゃんと友情ができていて~』みたいな感じなんだけど、その昔すごく険悪なみくるちゃんと長門の関係を描いた人がいて、それは同人誌ではなかったんだが、ネチネチチクチク女の戦いを繰り広げていたんだが、あれはあれで気に入っていた。
調べたらTTTのミハルさんの作品でした)
閑話休題。

それにしても鶴屋さんは、なんとも不思議な方だ。
元々はただのおちゃらけた人に過ぎなかったのに、いつの間にかすっかりSOS団にとっての重要人物になってるよな。
「ハルヒちゃん」でも奇妙なキャラクターに昇華しているし、素養たっぷりだね。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)