夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
まず趣旨を説明してくれ!!! 「ヘルベチカスタンダード」

Helvetica Standard (角川コミックス・エース 181-8)Helvetica Standard (角川コミックス・エース 181-8)
(2011/07/23)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る
「Helvetica Standard」角川コミックス・エース
あらゐけいいち

※「日常」アニメ放送中



ストーリー 測定不能/10点
キャラクター 7/10点
画力 6/10点
シュール 12/10点
ファン垂涎 9/10点
「おもしろい」と「わけわかんない」の境界線 10/10点



あらゐワールド全開の「ヘルベチカスタンダード」、書店用ペーパーに掲載されている「『日常』販売促進漫画」、昔話を語る「文とコマ絵」、そしてイラストを収録。
驚くことに、オールカラー。
値段は高めに設定されているが、オールカラーということと内容の濃さ、マニアックさからいえば妥当なライン。

アニメ「日常」でミニコーナー的にアニメ化されたエピソードも多い。

「ヘルベチカスタンダード」は、「日常」以上にわけがわからん作品群。
裏表紙の阪本さんの「まず趣旨を説明してくれ!!!」、そして帯のはかせの「はかせには、まだちょっと早いかもしれない」という言葉が、端的にこの作品群を表している。
趣旨がまるで伝わらず、人によっては「まだちょっと早いかもしれない」、そんな読み手を選ぶ内容。
ただ、それだけにツボにハマった時の破壊力は抜群。
一級天使・ピノと、あらまさんのシリーズが好き。
あと単発でラストラン箱根、言ったら100万円、シンカー、絶体絶命。

「日常」の販促漫画は、販促半分、いつもの「日常」が半分、といった塩梅。
「らき☆すた」にも販促漫画が掲載されていることが多いが、あれよりもずっとやりたいことをやっている印象。

イラストは水彩イラストが結構好き。

あらゐさんの世界観が好きならば、買っても損はないクオリティ。
イナフ!



おまけ。
原作のなのもそりゃかわいいんだが、アニメ版の常軌を逸した可愛さには及ばなかった。
アニメが終わって、あのなのに会えなくなったらと思うと、今から悲しい。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)