夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
物語は終わり、現実は始まる。 「めだかボックス 11」

めだかボックス 11 (ジャンプコミックス)めだかボックス 11 (ジャンプコミックス)
(2011/08/04)
暁月 あきら

商品詳細を見る
「めだかボックス 第11巻」ジャンプコミックス
原作・西尾維新、漫画・暁月あきら



ストーリー 8/10点
キャラクター 9/10点
画力 9/10点
驚く 7/10点
悪平等(ノットイコール) 7/10点
女子中学生のパンツ(縞パン) 10/10点



生徒会戦挙会長戦、そしてまたまた新章突入。

やはりというか当然というか、会長戦ではめだかちゃんと球磨川さんが対戦。
しかし……なんだろうなあ。
予想を裏切らない、わりとそのままの決着に少々拍子抜け。
いや、まぁ、普通におもしろいんだけど。
普通のバトル漫画なら十分おもしろかったと言える出来なんだけど。
西尾さんだと「何か仕掛けてくるに違いない!」と、超展開に期待しすぎたこっちが悪いのか。

しかし生徒会戦挙の結末としては、うまくまとまった感じ。
副会長、そうくるかい。
すげえ熱血なジャンプ漫画だよこれは。どこまでもジャンプ漫画らしくないというのに。

新章突入により新キャラ続々登場で、「最後の敵」なんていってるけど、やっぱりまだまだ衰え知らず。
編が変わるごとにどんどん“読めない”相手になるんだけれど、安心院さんとか究極的に“読めない”な。

時世的にどうとか一切考えず、女子中学生のパンツを描かせる西尾さんパねえ。
正味九頁に渡る女子中学生のパンツ、マジパねえ。
財部さんはアレなのかな、ツンデレキャラとして認識しちゃっていいのかな。
新キャラではワンダーツギハが好き。
「……設定じゃないのに……」←かわいい。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)