夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
妹も妹じゃない子も可愛すぎて生きるのが辛い 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない9」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9 (電撃文庫 ふ 8-14)
(2011/09/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない9」電撃文庫

著/伏見つかさ
イラスト/かんざきひろ

※このライトノベルがすごい! 2010 第12位
※このライトノベルがすごい! 2011 第8位



ストーリー 8/10点
キャラクター 11/10点
筆力 8/10点
笑える 8/10点
これはひどい 8/10点
妹愛 10/10点



ページを開く前に、まず表紙で悶えます。
そして口絵のイラストに改めて悶えます。
本編入る前から悶えまくり。
そして問題の表紙イラストに関連するシーンでやっぱり悶えまくり。
ウェディングドレス素晴らしい!
京介、そして桐乃! あんたら兄妹、マジ最高だっぜ!

今回は俺妹シリーズ初の、京介以外のキャラクターたちの視点で描かれた短編集。
一つ一つのエピソードは短めながら、俺妹らしく濃厚な内容となっている。
短編ばかりなので修羅場が少なかったためか、いつもより楽しんで読めた。

「俺の妹はこんなに可愛い」は、赤城視点で妹(瀬菜)を愛でるエピソード。
それが何故か京介と「どっちの妹が世界一可愛いか勝負」に。
駄目だこいつら……早くなんとかしないと……。
完全にただの気持ち悪いシスコンなんだけど。
京介はなんかもう慣れちゃったけど、赤城は慣れてない分新鮮に気持ち悪い。

「カメレオンドーター」は沙織視点のエピソード。
沙織という人物像の根幹に関わるものであり、非常におもしろかった。
ていうかこれ本編でやるべきじゃね? なに、沙織ホントにいらん子?

「過ちのダークエンジェル」は、あやせ視点のエピソード。
あやせのデレ期キタコレ。完全にデレ期。京介、うまくやれば難攻不落のあやせたん攻略できんぞこれ。大切なのはセクハラのタイミングだ!
ていうかClariS出てきたね。
そして加奈子、素直に称賛できないけど、いいキャラだよな。

今回短編で描かれたのは、日向、黒猫、桐乃、赤城兄妹、沙織、あやせ、加奈子、ブリジット、ゲストのClariSなど。
……うん。
麻奈実はどうした。
麻奈実はどうしたんだよううう!

ベストイラストは、81頁の桐乃、黒猫、日向。



オマケ。9巻時点での俺妹キャラ好感度。

瀬菜≧麻奈実≧あやせ≧桐乃>沙織>(男は越えられない壁)>京介>加奈子>(平均値)>日向>黒猫>ブリジット>珠希>香織>彼方>赤城>他
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)