夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
まずは生き延びることを考えろ 「震災7日間」

震災7日間震災7日間
(2011/08/26)
槻月 沙江

商品詳細を見る
「震災7日間」角川グループパブリッシング

槻月沙江



ストーリー 10/10点(実録ですが)
キャラクター 7/10点(実在人物ですが)
画力 8/10点
3.11東日本大震災 10/10点
無から有をつくりだす 10/10点
槻月沙江の初単行本 10/10点



3.11東日本大震災での実体験を描きつづった漫画。
pixiv掲載のラフ版も読んでいたのだけれど、この作品に深く感銘を受けていたため購入を決意。
ちょっと高かった(1300円)けど、買ったことは後悔しない。

表題作「震災7日間」は当時の状況がリアルに語られている。
万一の場合には参考にできそうな豆知識も豊富。
その土地が好きでも、離れざるを得ない哀しさったらない。

4月7日深夜の地震のことは知らなかった。
既に(自分の周囲の)日常は戻っていたからか、あまり報道されなかったからか……。
しかし被災者たちのボロボロの心に追い打ちをかけるには十分なものだったんだろうな、と。

震災系の作品を出すということはデリケートな問題かもしれないけど、これは槻月さんにしかできないことだし、少なくとも私はこの作品が出て良かったと思っている。
ラフ版でも思ってたけど、ペン入れ版を見てやっぱり好きな絵柄だなあ、と改めて思った。

震災ネタ以外には、作者の半生をつづった「一進一退まんが道」も収録。
漫画家として生きてきた作者の努力が詰まっていて……「自分もがんばらねば!」と思わされた。

まだまだ震災は終わった過去のものとは考えられないし、苦しんでる人もたくさんいるだろう。
願わくは、一日も早い被災地の復興を。
たくさんの「希望」が、被災地に溢れることを切に願います。



震災、そして漫画家。
そのどちらかにでも興味があるならば(どっちにもあれば尚良し)、十分購入に値するレベルではないだろうか。
値段は高めではあるが、個人的にはかなりオススメ。
作者のマイナーさから、書店から消えるのは早いだろうと予想しているので、少しでも気になった人は書店へGO!
ちょっと高いのは……被災者への義援金だと思えばよかろうもん!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)