夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
アニメが終わっても、まだ全然好きだし!!! 「日常(七)」

日常 (7) (角川コミックス・エース 181-9)日常 (7) (角川コミックス・エース 181-9)
(2011/10/23)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る
「日常 第7巻」角川コミックス・エース

あらゐけいいち



ストーリー 8/10点
キャラクター 9/10点
画力 7/10点
笑える 9/10点
小ネタ 9/10点
シュール 10/10点



表紙の囲碁サッカー部の面々が素敵。
部長もホープも顧問も解説も差し置いて、ユリアがど真ん中。ヘルベチカスタンダード読んでます。

原作読んでて思ったのは、俺のなの好きは声優さんに依るところが大きかったんだなということ。
原作のなのもかわいいけど、なんかアニメ版の何らかの萌えパラメータ的なものを振り切った可愛さには届いていなかった。
……まぁ、アニメ観る前までは、日常キャラクターで好きだったのは安中と中村先生だったからなあ。
漫画の中では、キャラクターとしての印象はアニメ化前とそんなに変わってない。
アニメのなのが異常だったんだ。

パラシュート花火の話、バッティングセンターの話、顧問就任の話、スズメバチの話、カボチャの話がおもしろかった。

安中は、すっかり「今日はすっごく楽しみだ」キャラとして定着したなあ。
お馴染みの「ええー」はなかったけど。

スズメバチの話の中村先生は……かーわいいなあー。
なんだこれ。中村先生かわいすぎてどーしよーもない。
日常キャラは赤面すると非常にかわいくなる(立花みさととか、ゆっことか)。
なんだか高崎先生は、桜井先生よりも中村先生との方が似合うんじゃないかと思えてきたよ。

そしてアンケイト葉書でも楽しませてくれる。
アンケイト葉書で拡張版とか、フリーダムすぎるわ。
なんていうか、送るのがもったいないわ。



オマケ。
キャラクター好感度。

中村先生≧安中>なの>麻衣ちゃん>阪本さん>高崎先生>立花みさと>ユリア>小木>(平均値)>ゆっこ>ウェボシー>みおちゃん>フェッちゃん>教頭>桜井誠>中之条>桜井泉>大工部長>立花みほし>笹原>はかせ>校長>みーちゃん>田中君>タナボ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)