夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
猫に魅せられた少女 「猫物語(黒)」

猫物語 (黒) (講談社BOX)猫物語 (黒) (講談社BOX)
(2010/07/29)
西尾 維新

商品詳細を見る
「猫物語(黒)」講談社BOX
※〈物語〉シリーズ 第6巻

著/西尾維新
イラスト/VOFAN



※このライトノベルがすごい! 2008 第11位
※このライトノベルがすごい! 2009 第6位
※このライトノベルがすごい! 2010 第2位
※このライトノベルがすごい! 2011 第12位



ストーリー 8/10点
キャラクター 9/10点
筆力 8/10点
怪異 10/10点
作者の趣味 10/10点
猫 にゃおん/10点



シリーズ六冊目にしてようやく語られる、ゴールデンウィークの“猫に魅せられた少女”羽川翼のエピソード。
「つばさキャット」でそのエピソードの存在をほのめかしておいてから、大分引っ張ったね~。

導入……というか全体の四分の一程度は、いつもの通り阿良々木くんと前エピソードのヒロイン(今回は月火ちゃん!)のギャグパート。
相変わらず変態的で、我が道をまっしぐら。笑わされた。
アニメから多大な影響を受けた様子で、いろいろとメタなネタが豊富であったり、過去作(つまり未来)と多少ズレが生じているといったところも見られるが、作者の趣味全開であるこのシリーズに限ってはご愛敬、か。
アニメにできないネタをどれだけ使ってんだって。
……ってか、あれだけ本編中に「アニメにできない!」とか連呼していた「傷物語」までもが映像化でしょう?
どうすんの阿良々木くん。
このままだと近い未来、君のきれいな土下座姿が全国のお茶の間のテレビに映っちゃうぜ?

後半は導入からの四分の一は何だったんだと言いたくなるような、シリアス展開。
やっとその全貌が明かされた羽川のエピソードだが……完璧が故の欠陥、といった感じか。
バトルなんかないし徹底的に会話主体、時々瞬間的にスプラッタな内容なんだが……それでもバトル漫画のような熱さをはらんでいる感じ。

さて。
語るべきことはひとまず全て語り終えた〈物語〉。
次巻「猫物語(白)」からは、物語はいよいよセカンドシーズンへ。
こちらも楽しみだね。



オマケ。
キャラクター好感度。

羽川≧忍>戦場ヶ原>阿良々木>月火>火憐>忍野>(平均値)

……おい。どうしてくれんだ、あの(平均値)の意味のなさをよ。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)