夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ビバ青春のムダ足! 「学校の階段」

学校の階段 (ファミ通文庫)学校の階段 (ファミ通文庫)
(2006/01)
櫂末 高彰

商品詳細を見る
「学校の階段」ファミ通文庫

著/櫂末高彰(ツイッター
イラスト/甘福あまねpixiv

※第7回えんため大賞 優秀賞
※このライトノベルがすごい! 2007 第26位(新作)
※このライトノベルがすごい! 2010 第37位(本編完結)



ストーリー 7/10点
キャラクター 7/10点
筆力 6/10点
青春 8/10点
スポ根 7/10点
燃える 7/10点



学校の中を走り回ってレースをするという、はた迷惑な競技に熱中する高校生たちの物語。

こういった特異な設定の作品にありがちな、半ば無理矢理な入部。
よくある生徒会や教師との確執。
そしてやや腹立たしい態度の従姉妹。
……等々の要素から、これは自分には合わないな~、と序盤から中盤にかけては投げやりな気持ちで読んでいた。

しかし終盤、ライバルとの対決が近づいてくるにつれ、徐々に気分が盛り上がってくる。
あれあれ? おもしろいじゃないの?

一見無意味、よく考えても無意味な行為に心血を注ぐのは「ベン・トー」にも通じるものがあった(時期的にはこっちのが先だが)。
熱血・スポ根というには熱さが足りないような気もするが、無駄にディテールに凝っているルールの中で校内を疾走する様子は、読んでいて楽しいものだった。
不確定要素が多いのも、正規スポーツでない階段部ならではといったところか。

従姉妹に関しては、まぁ、薄々そんなこったろーよと読めてはいたのだが……破壊力抜群だったぜ。
俺のハートは完全に美冬に撃ち抜かれた。
涙は反則。微笑も反則!
それから希春も可愛い! どこのギャルゲヒロイン? って感じだが、気にしない気にしない!

これから階段部と従姉妹、二つの面において、どのような展開を見せるのか。
続きが非常に楽しみだ。

ベストイラストは、255頁の美冬。



オマケ。
キャラクター好感度。

希春≧美冬>小夏>三枝>天ヶ崎>幸宏>(平均値)>中村>刈谷>千秋>九重>井筒

好感度上昇・従姉
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)