夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ラノベで振り返る2011
この企画は、俺が2011年を振り返って、「このライトノベル、良かったなあ!」と思った作品を、ランキング形式で発表しちゃうぞ、的な企画だぞ!
俺が勝手に決めてるから、「え、そう?」みたいな作品も含まれるぞ!
それともちろん、ベストテンには入らなかったものでも、名作はいっぱいあるんだぞ!
あと、「2011」とは言ってるけど、年内に俺が読んだラノベ全部が対象なので、刊行時期は去年以前だったりするかもだぞ!
まあ、そんな感じの企画だぞ!
ちなみに去年もやってるんだが、去年はこんな感じだったぞ!

特/ギャルゴ!!!!!
10/バカとテストと召喚獣
9/“菜々子さん”の戯曲(シナリオ)
8/ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!
7/俺の妹がこんなに可愛いわけがない
6/ココロコネクト
5/マリア様がみてる
4/世界の中心、針山さん
3/サクラダリセット
2/僕は友達が少ない
1/とある飛空士への恋歌





さて、では今年の分。





第10位/蒼穹のカルマ(富士見ファンタジア文庫)
著/橘公司
イラスト/森沢晴行

姪の在紗のことが大好きな鷹崎駆真の、バトルアクションファンタジー!
……という紹介だけでは、カルマの全体のうち、一部の面しか表現できていないか。
1巻では在紗の授業参観に出席するために、2巻では在紗の欲しがっていたぬいぐるみを手に入れるために、駆真は空を駈けて戦う。
さらに3巻では学園モノ、4巻では異世界での魔王化などなど、予想外の展開が次から次へと襲ってくるのも魅力。
それでいて物語が破綻せず、順調に伏線を回収しつつまた張り巡らしているのは凄い。





第9位/俺の妹がこんなに可愛いわけがない(電撃文庫)
著/伏見つかさ
イラスト/かんざきひろ

3年連続3回目のトップテン入り。
安心安定のギャグはまったく衰えることなく、また京介自身がだいぶオタク世界色に染まってきたようで、地の文章からして壊れているようなシーンも目立ってきた。
桐乃・麻奈実派の人間なので、黒猫編ではちょっと低空飛行に感じてしまったけど……結局桐乃とのいいシーンもあったし、まぁ、いっか。
短編集を挟んで、次からはどんな展開に進んでいくのか。
まだまだ俺妹からは目が離せない。





第8位/涼宮ハルヒの驚愕(角川スニーカー文庫)
著/谷川流
イラスト/いとうのいぢ

4年ぶり2回目のトップテン入り。
20年代ラノベのトップリードが4年間の沈黙を破り、ついに再開。
年内に出たのは結局驚愕の上下巻だけ(ファンブックは除く)ということだったが、まぁ、久々に原作ハルヒを楽しめたのでよかった。
……みくるちゃんの出番、恐ろしく少なかったけどな!





第7位/ゴールデンタイム(電撃文庫)
著/竹宮ゆゆこ
イラスト/駒都えーじ

7位は竹宮さんのゴールデンタイムが初登場。
とらドラ!に比べるとストーリーの展開はゆったりしているが、ドロドロな恋愛劇は健在。





第6位/バカとテストと召喚獣(ファミ通文庫)
著/井上堅二
イラスト/葉賀ユイ

5年連続5回目のトップテン入り。
なんと企画設立初年度からずっとトップテン入りを続けている。
笑えるのはもちろんのこと、明久らが困難に立ち向かう熱さがあるのも特徴。
もうこの世界に、思考回路が正常な人なんていない。





第5位/ぷりるん。~特殊相対性幸福論序説~(一迅社文庫)
著/十文字青
イラスト/ま@や

5位はぷりるん。
暗い作品ながらも、主人公の転落と、どん底から這い上がっていくストーリーは素晴らしい。
オチもよかったし、ホントにいい作品。
第九シリーズ(「ぷりるん。」「ヴァンパイアノイズム」「絶望同盟」「萌神」「全滅なう」)の一作目なのだが、“第九シリーズ”として考えると順位がやや下がるので、ぷりるんの単独受賞。(念のため言っておくけど、第九シリーズの他作品が悪いわけじゃない。ただ、ぷりるんが良すぎるだけ。絶望同盟も好きだよ)
シリーズと言いつつも、花鳥風月シリーズと似たような感じなので、別にいいでしょ。





第4位/ココロコネクト(ファミ通文庫)
著/庵田定夏
イラスト/白身魚

2年連続2回目のトップテン入り。
「青春」そして「絆」というものを最高の形で描く、素晴らしい作品。
今年はこれまでのペンタゴン組の学年が上がり、新入生が登場。
新入生メインのエピソードとなった「ニセランダム」は、シリーズ屈指の名作。





第3位/ソードアート・オンライン(電撃文庫)
著/川原礫
イラスト/abec

今年読んだのは1~3巻だけなのだけれど、すごく引き込まれた。
3巻は上下巻の上巻にあたるエピソードのため爆発力はそこまででは無かったが、1巻2巻の破壊力は異常。
あまりにも熱く、あまりにもかっこいい。
近年は絶滅危惧種扱いされている“強くてカッコいい主人公”のキリト、そして王道こそ素晴らしいということを教えてくれたヒロインのアスナ。
この二人の存在もまた、SAOの爆発的人気の一因となっているはず。





第2位/プシュケの涙(電撃文庫)
著/柴村仁
イラスト/也

一人の自殺した女子生徒を巡る物語。
反則的構成。
後にMW文庫から再度出ていることから分かるように、一般文芸でも通用するレベル。
女性ラノベ作家によく見られるエグみはなく、ただただ純粋にきれいな作品。





第1位/とある飛空士への夜想曲(ガガガ文庫)
著/犬村小六
イラスト/森沢晴行

飛空士シリーズとしては2年連続3回目のトップテン入り。
「とある飛空士への追憶(2008・7位)」「とある飛空士への恋歌(2010・1位)」「とある飛空士への夜想曲(2011・1位)」とシリーズ全てがトップテン入り、且つ1位が2回とか……凄すぎる。選んだの俺だけど。
もしかしたらラノベで初めて泣いたのかも。
ラノベにおいて禁忌とされるネタ(男祭、大戦、飛行機)を満載にし、熱い熱い男の物語を描ききった。





特別賞/五年二組の吸血鬼(ヴァンパイア)(一迅社文庫)
特別賞/子ひつじは迷わない(角川スニーカー文庫)
特別賞/サクラダリセット(角川スニーカー文庫)
特別賞/フルメタル・パニック!(富士見ファンタジア文庫)
特別賞/らじかるエレメンツ(GA文庫)

特別賞は以上の5作品。

「五年二組の吸血鬼」は……とにかくロリでエロ。それ以外に表現できそうにない。
小学校5年生が全裸で水泳大会したり、全裸でリコーダー吹いたり、全裸で写生大会とかしたりする。
物語性とか完全に度外視して、ラノベとしてのエロの許容範囲を軽くはみ出した問題作。
……まぁ、主人公も小学校5年生なので、生々しいエロスでないのが唯一の救いか。

「子ひつじは迷わない」
このラノ2012では作品部門2位で投票したのだが……テイストを変えた4巻で評価を落とす。
学園全体を駆け回るなるたまの奮闘(空回り)っぷりや、仙波の名推理、そしてなんでもアリなストーリー展開はおもちゃ箱のようなおもしろさがある。
まぁ、5巻でまた上昇するっしょ。

「サクラダリセット」
こちらも惜しくも特別賞。
理由としては、審査対象となる年内に、完結間際で「ここからおもしろくなるよ~」って感じのとこまでしか行けなかったから。
一つのシリーズとしての完成度が非常に高いため、来年完結したらトップテン入りあるかも?

「フルメタル・パニック!」
今年1月から読み始め、長編7巻、短編8巻+1巻まで。
さすがに長年愛されただけのことはある。

「らじかるエレメンツ」
何それ? とか言わないの。
「蒼海ガールズ!」や「のうりん」で現在知名度上昇中☆の白鳥士郎さんのデビュー作。
作者本人のブログによると、恐ろしいくらい売れなかったらしい(実質打ち切りの3巻完結)。
でも作者としてはなかなか気に入っていて、未だにこの作品が一番好きだと言ってくれる読者もいるんだとか。



以上。
来年もたくさんラノベを読もう。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)