夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
努力は才能を凌駕するか? 「○×△べーす」

○×△べーす (1)ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド (ファミ通文庫)○×△べーす (1)ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド (ファミ通文庫)
(2011/01/29)
月本一

商品詳細を見る
「○×△べーす 1ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド」ファミ通文庫

著/「○×△べーす 1ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド」ファミ通文庫

著/月本一
イラスト/日高フウロツイッター

※第12回エンターブレインえんため大賞小説部門 特別賞



ストーリー 8/10点
キャラクター 8/10点
筆力 6/10点
熱い 9/10点
笑える 7/10点
スポ根 9/10点



おもしろかった。
近頃のラノベにしては珍しくしっかりと野球をやる(まぁ、多少ラノベ的誇張表現の多いプレーは目立つが)、スポ根作品。
廃部の危機にある野球部を存続させるため、急拵えのチームで甲子園常連校との試合に望む……という、スポ根としてはまあまあありがちなストーリー。
しかし、圧倒的才能を目の当たりにして野球から遠ざかっていた主人公が、再び野球に向き合うエピソードはすごく良かった。
試合のシーンそのものというよりも、野球に向き合う球児たちの心こそが、この作品の大きな魅力であろう。
キャラクターも個性派揃いで、慣れてくれば人数の多さも気にならない。

……しかし、作品としては穴が多いのも事実。
中盤以降のおもしろさとはまったく別物にすら見えるほど、序盤は読んでいて辛いものがある。

さらにヒロインの純が主人公と小学校一年生からの付き合いだというのにも関わらず、その双子の姉の水無美を、主人公が中学二年まで知らなかったという不自然さ。

野球をテーマにしている以上キャラクター数が増えるのは仕方ないとはいえ、正直必要性を感じない漫研部の二人も気になる。

そして何より、意味不明すぎるタイトル。
何これ?
三角ベースの話かと思っちゃうでしょ。
それにサブタイトルの「ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド」て。
そんな話と違うでしょ。
つーか1回しか出てないし、このワード。
編集さん、しっかりしてくださいよ。

……サブタイトルに「1」とある以上、続刊はあるのかしら?
けれど話としては、主人公にとってのラスボスを倒してしまったわけで……。
素直に単巻完結にしといた方が綺麗にまとまったんじゃ?
と思いながらも、2巻が楽しみです。

ベストイラストは、151頁の純。



オマケ。
キャラクター好感度。

優衣>純>赤嶺・青峰>桂木>西尾>(平均値)>中村>柴原先生>小島>チャーリー>堅霧>水無美>東西先輩
イラスト/日高フウロ

※第12回エンターブレインえんため大賞小説部門 特別賞



ストーリー 8/10点
キャラクター 8/10点
筆力 6/10点
熱い 9/10点
笑える 7/10点
スポ根 9/10点



おもしろかった。
近頃のラノベにしては珍しくしっかりと野球をやる(まぁ、多少ラノベ的誇張表現の多いプレーは目立つが)、スポ根作品。
廃部の危機にある野球部を存続させるため、急拵えのチームで甲子園常連校との試合に望む……という、スポ根としてはまあまあありがちなストーリー。
しかし、圧倒的才能を目の当たりにして野球から遠ざかっていた主人公が、再び野球に向き合うエピソードはすごく良かった。
試合のシーンそのものというよりも、野球に向き合う球児たちの心こそが、この作品の大きな魅力であろう。
キャラクターも個性派揃いで、慣れてくれば人数の多さも気にならない。

……しかし、作品としては穴が多いのも事実。
中盤以降のおもしろさとはまったく別物にすら見えるほど、序盤は読んでいて辛いものがある。

さらにヒロインの純が主人公と小学校一年生からの付き合いだというのにも関わらず、その双子の姉の水無美を、主人公が中学二年まで知らなかったという不自然さ。

野球をテーマにしている以上キャラクター数が増えるのは仕方ないとはいえ、正直必要性を感じない漫研部の二人も気になる。

そして何より、意味不明すぎるタイトル。
何これ?
三角ベースの話かと思っちゃうでしょ。
それにサブタイトルの「ねっとりぐちゃぐちゃセルロイド」て。
そんな話と違うでしょ。
つーか1回しか出てないし、このワード。
編集さん、しっかりしてくださいよ。

……サブタイトルに「1」とある以上、続刊はあるのかしら?
けれど話としては、主人公にとってのラスボスを倒してしまったわけで……。
素直に単巻完結にしといた方が綺麗にまとまったんじゃ?
と思いながらも、2巻が楽しみです。

ベストイラストは、151頁の純。



オマケ。
キャラクター好感度。

優衣>純>赤嶺・青峰>桂木>西尾>(平均値)>中村>柴原先生>小島>チャーリー>堅霧>水無美>東西先輩
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)