夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
機械化・自動化する社会へのアンチテーゼ 「ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編」

ギロチンマシン中村奈々子―義務教育編 (徳間デュアル文庫)ギロチンマシン中村奈々子―義務教育編 (徳間デュアル文庫)
(2006/10)
日日日

商品詳細を見る
「ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編」徳間デュアル文庫

著/日日日(ツイッター
イラスト/大出長介ツイッター



ストーリー 7/10点
キャラクター 8/10点
筆力 7/10点
SF 8/10点
熱い 6/10点
アクション 7/10点



初徳間デュアル文庫。
しかし文庫と言いつつもサイズは文庫サイズよりも若干でかい。
ちょっとだけ、しかし確実にサイズが違うため、同じく文庫と言いつつ実は新書サイズの「青い鳥文庫」よりも質(たち)が悪いぜ……。



自我を持つロボットと人間が戦争をする時代。
敵方のトップの存在をこっそり殲滅するために、ロボットたちが集まる島に単身で乗り込む羽目になった主人公。
そんな彼が、一癖も二癖もあるようなロボットたちと出会い、交流していく、ロボットSF学園モノ。
そんな感じかしら。

とりあえず「義務教育編」は、プロローグといった感じ。
順調に主人公に味方する仲間を増やし、目的もしっかりと定めている。
“中村奈々子”を中心にした陰謀の存在をほのめかしてはいるが、細かいことは続刊へ。

この巻単体には導入程度の印象しか持てなかったが、エピローグを読んで、次巻以降への期待が高まった。
果たして“中村奈々子”とは一体何なのか? もう犠牲は出さずに済むのか?

……ギロチンマシンと赤ずきんの○○が一緒だってのは、まぁ、いいんだけど。
でも男(なんだよね?)のはずの○○まで同じ○○ってのはどういうわけか……?

ベストイラストは、123頁の赤ずきん。



オマケ。
キャラクター好感度。

千紗>赤ずきん>奈々子>(平均値)>山田>ロリエ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)