夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
女の子同士の恋物語、ついにフィナーレ! 「ささめきこと 9」

ささめきこと 9 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2012/01/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る
「ささめきこと 第9巻(最終巻)」MFコミックス アライブシリーズ

いけだたかしツイッター


ストーリー 9/10点
キャラクター 8/10点
画力 7/10点
百合 10/10点
泣ける 10/10点
完結 10/10点



全9巻に渡る、純夏と汐の恋物語。
ハッピーエンドにて、堂々完結!

甘くて切なくて胸に響く物語だった。
思えば、百合ネタを扱っている作品で、ここまでガッツリ恋愛として描ききった作品は初めて読んだかも。

ここまで散々すれ違ってきたのを見てきただけに、その二人がようやくくっついてくれたことが、純粋に嬉しくて仕方がないね。

ヒロインズだけでなく、脇を固めるサブキャラたちも最終巻にて見事な活躍。
中でも個人的に最大級の活躍を見せたと思うのが、空気読めない女キョリちゃん。
彼女は後半は若干邪魔な子?的な感じになってきたけれど……でも、連載最初期から二人を友人として支えてきた人物なのだ。
それだけに、蛇足の52、そしてその裏のちびキャラ三人組は感動した。

前巻の引きから、多少駆け足で物語が過ぎていった感はあるが(およそ一年間の出来事が、この一冊に!)、描くべき部分や、描いて欲しかった部分にはたくさんのページ数を費やしてじっくり描いているため、十分満足のいく内容だった。

朱宮くんもなんだかそれなりにやっているみたいだし、よかったね。
あとハチよ、EUよりもまず日本をなんとかしてくれ。

純夏と汐の未来に、幸あれ!
きみたちのたたかいはこれからだ!



オマケ。
キャラクター好感度。

朋絵>純夏>朱宮くん>キョリちゃん>まゆ>(平均値)>汐>蒼井>ロッテ>恋乃>みやこ



さ~て、「ささめきこと」が終わって、次にいけださんが描く作品は~?
……無職女子!? アラサー女子!?
またまた、ピンポイントなところを狙ってくるなあ……。
まぁ、期待しちゃうけど。来月買うけど。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)