夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
表紙に騙されるな、それは残念系ギャグ漫画だ! 「僕らはみんな河合荘 2」

僕らはみんな河合荘 2巻 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 2巻 (ヤングキングコミックス)
(2012/01/30)
宮原 るり

商品詳細を見る
「僕らはみんな河合荘 第2巻」ヤングキングコミックス

宮原るり



ストーリー 9/10点
キャラクター 10/10点
画力 9/10点
笑える 10/10点
かわいい 9/10点
残念 8/10点



相変わらずの素晴らしき表紙詐欺。
麗しい表紙とは対称的な、残念な人たちばかりが出てくる下宿ギャグ漫画。
ギャグセンスが高すぎて、すごく笑えるし、もはや感心してしまうレベル。
ボケの内容もそうなんだけれど、ツッコミの精度がピカイチ。
特にお気に入りのツッコミは、「やばい スズメの舌切る方のばーさんだ!」。
どんなボケだったかは、想像で補うか、読んで確かめてください。

そして律ちゃんがとにかく可愛くて可愛くて。
時折見せる恥ずかしげな表情とか嬉しそうな表情とか、宇佐くんじゃなくても悶えるわ!
しかも性格も純情で、宇佐くんが心底惚れるのもよく分かる。ラブコメしやがって!

和カフェの話では、律ちゃんかっこよかったなあ。
そしてその後の、ばっ、ぬり、の流れも好き。
2人の武器を端的に表した擬音。

水鉄砲の回では巻中カラーで麻弓さんの濡れ透け(上下揃ってない)!

麻弓さんと彩花さんの会話がリアル女子すぎてちょっと怖い。



オマケ。
キャラクター好感度。

麻弓>律>宇佐>住子>(平均値)>彩花>シロ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)