夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
地を駆け拳を交わすシンデレラ 「アイドライジング!」

アイドライジング! (電撃文庫)アイドライジング! (電撃文庫)
(2011/02/10)
広沢 サカキ

商品詳細を見る
「アイドライジング!」電撃文庫

著/広沢サカキ(ツイッター
イラスト/CUTEGpixiv

※第17回電撃小説大賞 金賞
※このライトノベルがすごい! 2012 第9位(新作)



ストーリー 9/10点
キャラクター 8/10点
筆力 7/10点
アクション 7/10点
かわいい 9/10点
元気になる 10/10点



これは個人的には、けっこう好き。

この世界のアイドルは、歌って踊るものではなく、拳を交えて闘うもの。
アイドルが特殊な技術を用いて開発されたバトルドレスを身に纏って戦う、アクションストーリー。
まぁ、その昔、アイドルだっつってんのにロボット物をやらかしたような作品もあったし(おもしろかったらしいよ? 観たい)、十分許容範囲。

主人公がアイドルになる経緯も動機もちょっとお粗末かなあ……とは思ったけれど、努力が正統に評価されて結果が伴ってくるという展開は、読んでいてとても清々しく、楽しかった。
読んでいて元気になる、「頑張ろう!」と思える秀作。
特にシャトルトレインの中でのモモとサイの会話には、ちょっと涙ぐんでしまった。

バトルのアクションシーンに、そこまでの迫力は無いの。
また、そもそもがアイドル(=可愛い女の子)の戦いなわけだから、あまりエグいような展開もない。
しかし、どちらかというと発想での勝利が多かったため、バトルとしての展開も楽しめた。
勝てた理由の解説が、戦闘終了からしばらく後で語られるのが、ややまどろっこしくもあったが。

気になったキャラクターとしては、序盤にて主人公モモの噛ませ犬的な扱いを受ける、人前では猫を被る性悪女のオリンを挙げたい。
最初は完全に嫌いなタイプのキャラクターだったはずなのに、いつの間にか彼女の虜になっていた。
なんか、あきら様(らき☆すた)みたいで。
彼女には、そのままオタク道を突き進んでいってもらいたい。

ベストイラストは、272頁のモモ。



オマケ。
キャラクター好感度。

オリン>サイ>タキ>(平均値)>マリノ>モモ>エリー

サイとモモ、身長差40センチには見えん……。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)