夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
灰色狼だって風邪をひく 「GOSICK3」

GOSICKIII  ‐ゴシック・青い薔薇の下で‐ (角川ビーンズ文庫)GOSICKIII ‐ゴシック・青い薔薇の下で‐ (角川ビーンズ文庫)
(2011/04/28)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
「GOSICK3 青い薔薇の下で」富士見ミステリー文庫

著/桜庭一樹
イラスト/武田日向

※このライトノベルがすごい! 2005 第24位
※このライトノベルがすごい! 2006 第20位
※このライトノベルがすごい! 2007 第23位
※このライトノベルがすごい! 2008 第29位
※このライトノベルがすごい! 2012 第42位



ストーリー 7/10点
キャラクター 8/10点
筆力 8/10点
ミステリー 7/10点
オカルト 7/10点
かわいい 6/10点



ヴィクトリカが風邪でダウンしてしまったため、今回の冒険は一弥のみ。
いつものような2人の小気味良いやり取りはあまり無かったが、代わりにグレヴィールとの名(迷)コンビが誕生したので良しとする。

電話越しでなら強気で出られる一弥くん。
なんてヘタレ。

毎度だがアブリルの語るオカルト話を、うまくミステリーとして繋げ、成立させていると思う。
しかしまあ、ミステリー的にはルイジの存在ってありなんか…… 
今回はグレヴィールの過去が語られており、ブロワ兄妹の因縁が印象的だった。
「わたしを絶望させたいなら~」というやり取りは特に印象深かった。
一弥と出会えた今のヴィクトリカなら、きっとあの頃のヴィクトリカとは違うはず。

ベストイラストは、59頁のヴィクトリカ。



オマケ。
キャラクター好感度。

アブリル>セシル>一弥>ヴィクトリカ>(平均値)>ジャクリーヌ>グレヴィール>コルデリア>ブライアン>アナスタシア>ルイジ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)