夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
なるほど。女子高に男子を1人だけ放り込むと、こうなるわけか(※ただしイケメンに限る) 「私立! 三十三間堂学院」

私立!三十三間堂学院 (電撃文庫)私立!三十三間堂学院 (電撃文庫)
(2005/02)
佐藤 ケイ

商品詳細を見る
「私立! 三十三間堂学院」電撃文庫

著/佐藤ケイ
イラスト/かみやまねきツイッター



ストーリー 7/10点
キャラクター 7/10点
筆力 6/10点
群像劇 8/10点
恋する 7/10点
どたばた 9/10点



まさか群像劇とは思わんかった……。
単なる学園ラブコメかと思ってたわ……。

三十三間堂学院という元女子高に、まさかの学院唯一の男子として入学することとなった法行(イケメン)を巡る、学院中を巻き込んだ大騒動を描く。
初っぱなから登場人物が多すぎ&インパクトの薄いキャラクターもそこそこいるせいで、キャラクターの把握にはとにかく苦労した。
文章が読みやすいだけに、キャラクターの多さが読みにくさとなってしまっているのがネック。
同じ群像劇を扱った成田良悟さんの「バッカーノ!」や「デュラララ!!」に比べれば見劣りするという点は否めない。
ただ、女の子がめっちゃ多いという点に関しては評価したい。

ストーリー自体は、事態の勃発から二つの勢力の対立、第三勢力の出現、そして収束と……なかなかおもしろく、うまくまとまっていると思う。
女の子って怖いね、というのを再確認できる一冊。ま、ライトな味付けにはなってますけどね。
ていうかやってること、要するに男の奪い合いだしね!
シリーズ作品として、今後の展開にも期待できそうだ。

しかしいくらハーレム系とはいえ、ちゃんと一本“コイツがヒロイン!”っていうキャラクターがほしいかなとは思った。
花音がそうなんかもしれんけど……ストーリーの流れに対して、立ち位置が地味だったしね。

普通、生徒会長さんみたいなキャラクターって萌えるっつーか可愛いと思うのだけれど(蒼海ガールズの副長みたいな)、なぜか今回の浄里にはあまり好印象を抱けなかった。
やはりアレかな、自分のやっていることを微塵も間違っていないと考えているあたりが痛いのかなあ。

しかしまあ、皆それぞれ様々な思惑を持って動いてるってのは分かるんだが……腹黒や利己主義者多いな。

ベストイラストは、178頁の花音。



オマケ。
キャラクター好感度一覧。

千秋>冬美>真奈>南>東>(平均値)>法行>かずち>あや>花音>浄里>美沙
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)