夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
東南アジアでひとりぼっち 「燃えるワン・マン・フォース」

フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース (富士見ファンタジア文庫)
(2006/01/20)
賀東 招二

商品詳細を見る
「フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース」富士見ファンタジア文庫
※フルメタル・パニック!シリーズ 本編8巻、通算17巻

著/賀東招二ツイッター
イラスト/四季童子ツイッター

※このライトノベルがすごい! 2005 第17位
※このライトノベルがすごい! 2006 第13位
※このライトノベルがすごい! 2007 第22位
※このライトノベルがすごい! 2008 第1位
※このライトノベルがすごい! 2009 第8位
※このライトノベルがすごい! 2011 第11位(本編完結)



ストーリー 8/10点
キャラクター 7/10点
筆力 7/10点
ミリタリー 10/10点
アクション 10/10点
燃える 9/10点



かなめと離ればなれとなり、ミスリルも壊滅状態。
1人だけになってもかなめの奪還を目論む宗介は、東南アジアへ向かい、孤独な戦場に身を置く。

なんとかなめがほとんど出てこず、新キャラを除けばメインキャラクターは宗介しか登場しません。
おお……なんとも辛い……。
前回も相当なものではあったが、今回は状況そのものがすべて辛い。
今まで以上に不利な状況な立たされながらも、驚異的な技術と精神力で困難な状況を打破していく宗介はやはりカッコいい。
新しい知り合いに囲まれる東南アジアでの日々の中で薄れていったかなめの記憶が、最後になって宗介の脳裏に浮かぶシーンは感動的。

そして、あまりにもあっさりと死んでいく人々。
いくら名もない警察官や軍人とはいえ、ホント簡単に死ぬね。
(人はいつでもこんなに簡単に死んでしまうものなんだ、という賀東さんからのメッセージ……というわけではなかろ?)
えーっ、この人まで死んじゃうんですか!?
しかし死んでしまったとはいえ、その存在はなんとなく伏線っぽいような気も?

ベストイラストは、27頁のナミとレモン。



オマケ。
キャラクター好感度。

かなめ>レイス>宗介>ナミ>(平均値)>レモン>クラマ

テッサとかは今巻出てこないから除外。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)