夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
大晦日、東京を駆けずり回る15人 「15×24 link two」

15×24 link two 大人はわかっちゃくれない (15×24 シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)15×24 link two 大人はわかっちゃくれない (15×24 シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2009/09/25)
新城 カズマ

商品詳細を見る
「15×24 link two 大人はわかっちゃくれない」集英社スーパーダッシュ文庫

著/新城カズマツイッター
イラスト/箸井地図



ストーリー 9/10点
キャラクター 8/10点
筆力 7/10点
クール 7/10点
スリル 10/10点
群像劇 10/10点



1人の自殺志願者の少年を止めるため、大晦日の東京を様々な人間が走り回る群像劇第2巻。
12:51~16:42まで。
全6巻なので、まだまだ折り返しにすら辿り着いていません。

お昼を過ぎて、事態は更に混沌とした状況になってきた。
徳永を筆頭に15人がメインキャラクター(=語り手)なわけだが、関係者がガンガン増えていって、すごいことになってきた。
公園のシーンなんて、視点がぐるぐる&メンバー入り乱れまくりですごいことに。

しかしキャラクターごとに特徴がハッキリしているためか、あまり近藤はせずに済んでいる。
世の中いろんなことを考えている連中がいるんだなあ……と思考パターンの多様性に思いを馳せる。
特に徳永が自殺をしようとしているということに関して、捜索隊メンバーの考えている「自殺」というものの捉え方が異なっているのもおもしろい。

てかマーチは、ほんと何やねん。

元々は自殺志願の徳永を捜すだけの物語だったはずが、“無くなった暴力団の携帯電話”という要素が加わったために、一気に緊張感が増してきた感じ。
物語がどのような展開を辿っていくのか、今後がますます楽しみになってきた。
早く3巻を読まねば。

ベストイラストは、307頁の満里衣。



オマケ。
キャラクター好感度。

満里衣>愛>聖美>笹浦>枯野>亜希穂>(平均値)>陶子>伊隅>ノブ>藤堂>三橋>〈17〉>徳永>マーチ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)