夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
一週間サイクルバトル、チャンピオン大会の件
「一週間サイクルバトル」のチャンピオン大会の結果が出ました。

我らが七女も、何の間違いか(出れなかった人に失礼な言い方かもしれませんが……)出てました。

せっかくのチャンピオン大会なので、普通じゃないことがしてみたいなあと考えました。

七女は発展途上の劇団です。
サイバト通常回では400を超えたことがないのに、いきなりチャンピオン大会でトップを獲れるはずもありません。
というかまず、通常回で最も成績の良いネタ(囚人)からして、設定発案者が自分じゃありません。
発案者とは、喜び報酬山分けという形と相成りました。

というわけで、七女は、チャンピオン大会では場違いなことをしてやれと考えました。

そこで生まれたのがあの寸劇――「或る小説家の話」なのです(タイトル元ネタは芥川龍之介の「或阿呆の一生」だったが、原型無いな)。
ギャグ4:シリアス6 くらいの割合で作られた、ミステリー……ではないのかな? シリアス劇であります。

読んだ方なら分かるでしょうが、このネタ、笑いどころが非常に少ないです。
だけでなく、非常に長い(投稿時七女最長。現在は2番目に長い)。
綾崎隼という作家の「雪色吐息」という作品を、構成の参考にさせていただきました。
当初は第5章で終わりという形だったのですが、「お笑いの大会で、笑えないバッドエンドは如何なものか」ということで、急遽救済のための第6章を付け加えたため、あのようなラストとなっています。

結果的には、6位でした。
まぁ、最下位すらも覚悟はしていたため、上々の出来ではないでしょうか。
点数は伸びなかったですが。

点数は伸びなかったけれど、『やりたい事やりきった感じ』『感想は「面白かった」』『「文章って面白いんだぞ、こんなにも色んな展開が出来るんだぞ」という活力を与えるようなパワーがありました』等、場違いネタながらも、なんとか評価された部分や伝わった部分もあったのかなって。
逆に『話がごちゃごちゃしていた』『よくわからない、が正直な感想』というコメントもあり、そのあたりは自らの文章力とか構成力の未熟さのせいですね。
もっと文章が上手くなりたいです。



今季のサイクルバトルは、多少頑張りすぎた感があるので、来季はちょっと羽を休めます。
ネタができたら投稿するかも、くらいの気持ちで、チャンピオン大会は目指さずにのんびりやっていこうかと。
あとは、単発企画とかがあれば、七女が忘れ去られないよう、そういうのにも送り込もうかなあ、とか。

今後も七女は、シリアスを入れるスタンスは変えません。
一瞬悩んだけれど、七女はそういうユニットだから。
……まぁ、今回ほどシリアスの色を強くすると、審査員を困らせるだけなんで、、、次回以降はギャグメインのいつもの七女にしていきます。

爆発力の無い、小技頼みのユニットですが、誰か1人だけでも「七女が好きだ」「七女はおもしろい」と言ってくれる、思ってくれるだけで……彼女たちは今後もがんばっていくでしょう。
即興短文やMM-1予想でも、七女に票をくださる方々がいらっしゃいますし。
七女はそういう人たちのため、そしてそういう人たちを増やすため、今後も誠心誠意活動を続けて行きたいと思います。

最後に、第七女子会のメンバーより、メッセージです。



一条春香「サイバトは6位でした。不甲斐ない成績となってしまい、応援してくださった方々に申し訳なく思います。そしてそれ以上に、とてつもなく、悔しいという気持ちが強いです。これからはさらなる高みを目指して、七女の新しい挑戦が始まります」

二階小梅「ま、そんなもんっすよね。でもま、こういう半端な感じがウチらっぽくもあるっす。無理せず気楽にやってたら、気がついたらこんなとこまで来てたんす。のんびりしてたって、行けるとこまで、行けるんすからね」

三田夏奈「……次はもっと高みへ。それだけ」

四谷千秋「まぁ、なんだ。あたしらにしちゃ、頑張った方だろ。点数は不甲斐ないがな。ただ、いつまでもこんなとこでくすぶってるわけじゃないぜ? やられたら、倍返し! 前へ前へだ!」

五島冬馬「とりあえず、ここまで応援ありがとうございました。その声援だけが、我々を強くします。その声援だけが、我々の成長する糧となります。まだまだ未熟な我々ですが、これからも見放さずに応援してくれたら嬉しく思います」



以上。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)