夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
今度の男の娘は新体操! 「MiX!」

MiX!  オトコの娘はじめました (角川スニーカー文庫)MiX! オトコの娘はじめました (角川スニーカー文庫)
(2010/06/01)
岩佐 まもる

商品詳細を見る
「MiX! オトコの娘はじめました」角川スニーカー文庫

著/岩佐まもる
イラスト/CARNELIANツイッター



ストーリー 6/10点
キャラクター 7/10点
筆力 8/10点
かわいい 8/10点
男の娘 9/10点
新体操 6/10点



初恋の女の子に「男らしくない」という理由でフラれた主人公が、男らしくなるために空手部に入部しようとしたら、手違いで女子新体操部に入部しちゃうお話。
……いや、まあ。
設定だけ聞くと「なんじゃそりゃ」だけど。
事実、物語の導入は「そんなバカな」で「ご都合主義丸出し」な感じなんだけど……このライトノベル感丸出しな作品が、案外おもしろい。
男の娘モノはそんなに好きでもないけど、これはなかなか良作。

主人公の視点で描かれる文章は、軽い文体で読みやすい。
軽いノリでサクサク進んでいくため、あまり浮き沈みの無い序盤のストーリーも楽しく読めた。

そして中盤以降は主人公の初恋の女の子が新体操部に入部してくるなどおもしろい展開に突入し、そこから最後までは見事に引き込まれた。
蘭(女装なう)と三枝さんのやりとりは非常に印象的。
決してストーリーで読ませるタイプの作品ではないのだが、主人公の心理描写などの細かな点でのおもしろさや上手さがあり、楽しんで読むことができた作品だった。

女装した方が男らしくなる男の娘でした。
反面、もちろん可愛いシーンもたっぷり。

新体操をテーマにした作品ながら、男の娘モノに終始してしまい、新体操のシーンが少なかったのがやや残念。
また、キャラクターに対しての踏み込みも、人数のわりにメインの数人だけにしか深く掘り下げていなかったのが残念。
物語のラストには新しい仲間も加わるし、次巻以降には新入生の他、今回出番の少なかった美琴やぬこたちの活躍にも期待したい。

ベストイラストは、161頁の蘭と葵。



オマケ。
キャラクター好感度。

蘭丸(蘭)>美琴>涼子>(平均値)>葵>三枝さん>正春>ぬこ
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)