夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
血で血を洗う生徒会長選挙! 「らじかるエレメンツ2」

らじかるエレメンツ 2 (GA文庫)らじかるエレメンツ 2 (GA文庫)
(2008/08/15)
白鳥 士郎

商品詳細を見る
「らじかるエレメンツ2」GA文庫

著/白鳥士郎
イラスト/カトウハルアキ(ツイッター)(pixiv



ストーリー 8/10点
キャラクター 8/10点
筆力 7/10点
笑える 10/10点
恋する 8/10点
パロディ 10/10点



化学実験部がメインメンバーなのに、化学実験をしないどころかスポーツチャンバラしかしなかった1巻。
それに続く2巻もまた、化学実験などすることなく、生徒会長選挙がメイン。

1巻にて不遇の立場にあったアルミにスポットライトが当てられており、非常に可愛らしい幼なじみ分を大量摂取することができた。
ただその分、正ヒロイン羽卵の出番が極端に減ってしまい、脇役クラスの立ち位置にまで下がってしまっていたのが……ちょっとバランスが悪いというか。

さりげなく、しかしコアなパロディが随所に散りばめられており、非常におもしろい。
もちろんギャグの切れだけでなく、ストーリーも良い。
1巻のような荒唐無稽さは無いが、選挙日までのやり取りを順を追ってしっかり描ききったのは好印象。
大事なシーン以外の繋ぎの部分は鉄太郎の独白で描かれるわけだが、このあたりも会話が無くとも読みやすく上手く作られていると思う。
選挙の結果も劇的であり、思わず「あ!」と口に出して驚いてしまった。

ギャグの破壊力こそ同じ白鳥作品で現在連載中の「のうりん」にはやや劣るものの、しかし水準以上のものである。
シリアスの入れ方、話の運び方などは、笑いのみに特化したのうりんよりも高いレベルであるといえよう。
ギャグだけでない随所にこだわりを見せた作品のため、質の高さ的にはこちらを推したいと思う。

こうして改めて三角関係がバッチリ構築されたわけだけれど……ラスト1巻です。
びっくりするくらい売れなかったらしいです。
最後は短編集ですって。
……こんだけおもしろくても、埋もれてしまうというのか……!?

……俺はカトウハルアキさんのイラスト超好きなんだけど、あんまり評判良くない?
「ヒャッコ」読んでるからかな?

ベストイラストは、15頁の羽卵。



オマケ。
キャラクター好感度。

凛>アルミ>瀬連>羽卵>シエレ>輝瑠>ティーガー>鉄太郎>(平均値)>満貫>小野寺>陽租
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)