夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
魔法少女かるま☆マギカ 「蒼穹のカルマ5」

蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ5 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/06/19)
橘 公司

商品詳細を見る
「蒼穹のカルマ5」富士見ファンタジア文庫

著/橘公司(ツイッター
イラスト/森沢晴行



ストーリー 9/10点
キャラクター 9/10点
筆力 7/10点
ファンタジー 8/10点
愛情 10/10点
伏線回収 10/10点



うわあ、こりゃあおもしれえわ。

蒼穹のカルマ5巻は和解編。
前半は、駆真と在紗の中身が入れ替わってしまうという、超常現象なんだけどカルマ的には許されちゃうような展開で巻き起こるコメディ。
特に駆真の外見をした在紗と、槙奈たちのやり取りはニヤニヤしながら読んでしまった。

中盤も、魔法少女になって敵と戦う幼女駆真(表紙)という、シリアスなのに笑っちゃうような展開になる。

そして驚くべきは後半である。
駆真の熱いバトルや、在紗への想いはもちろんのこと、ここまでのカルマシリーズの全てを伏線にしてしまう展開に見事に持っていった。
しかもそれだけでなく、引き際にはさらなる爆弾を投下していって……いやホントに、カルマはおもしろすぎるな!

使い捨てキャラがほとんどいない、という点でもポイントが高く、今までのメインキャラ扱いだった槙奈ウタアステナは一旦出番が減り、ここまで若干出番少なめだった天由良霊由良の注目度がアップ。
しかもまさかの再登場を果たしたあんなキャラが……いやいや語りたいことが多すぎるぞマジで!

ベストイラストは、37頁の駆真。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)