夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
2015年3月の読んだ本まとめ
2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:4033ページ
ナイス数:449ナイス

のうりん10 (GA文庫)のうりん10 (GA文庫)感想
いよいよ年末を迎えたことにより、次第にこれからの進路を意識する時期になってきた耕作たち。そんな彼らは、インターンシップやオープンキャンパスなどで、自分たちの進むべき進路をたくさんの選択肢の中から考えていく。そんなわけで今回は、これから進むべき道を考え、今ある農業社会の実態を描き出す巻です。一口に働くと言っても単に農家に行くことやJAに就職すること、それに市役所であるとかいろいろ。進学にしても農大国立大と、可能性は様々。それらを目の当たりにしてどのように考えていくべきか。学生に読んでもらいたい作品でしたね。
読了日:3月22日 著者:白鳥士郎
食戟のソーマ 11 (ジャンプコミックス)食戟のソーマ 11 (ジャンプコミックス)感想
料理人人生のすべてを賭けた戦いに、いざ、創真が赴く……! タクミの弔い合戦となる、創真と美作の対戦、そして黒木場対葉山という甲乙付け難いガチンコ対決。非常にハイレベルな2戦を収録する、第11巻。まず相手のすべてをコピーする美作を相手取っての創真の対策は、プロの料理人としての技術を全て注ぎ込んだ凄まじすぎるものでした。お上品な葉山に、どこまでも攻撃的で野性的な黒木場という対照的な勝負も非常に盛り上がりました。これは……勝者達による頂上決戦には、とてつもなく期待してしまいますね。 8/10点
読了日:3月22日 著者:附田祐斗
ソレミテ それでも霊が見てみたい 3巻 (ヤングキングコミックス)ソレミテ それでも霊が見てみたい 3巻 (ヤングキングコミックス)感想
どうしても霊が見てみたい漫画家の石黒正数さんと、小野寺浩二さんは、ついにムー編集部の協力をあおぐことに。あの天下のムーが手を貸してくれて、霊が見れないわけが無い! さらにウニさん協力のもと、水上悟志さん、鈴木小波さんを携えて、こっくりさんにも挑戦。あの有名な八甲田山や恐山、青木ヶ原樹海……と採算度外視としか思えないレベルで取材費を注ぎ込んだのだから、さすがに霊が見えるに決まっているでしょう! というわけで豪華ゲストに豪華心霊スポットでお送りする、ソレミテ最終巻。巻末の石黒劇場完成度高杉。 8/10点
読了日:3月21日 著者:小野寺浩二
デート・ア・ライブ アンコール (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ アンコール (富士見ファンタジア文庫)感想
ドラゴンマガジン掲載の短編をメインとした、短編集作品。本編では追えなかったヒロイン達の日常を描き出す。どの短編でもしっかりとお色気シーンを抑えてきているのは注目したいところです。十香と折紙は、良くも悪くも短編でも同じような感じでしたね。折紙……。 「琴里バースデー」では、普段は司令官モードの琴里も、この時ばかりは妹モード全開で可愛らしいことこの上ない。妹ながら、お色気面でもここでは大活躍。「八舞ランチタイム」は過激なベン・トー? カルマ時代のようなぶっ飛んだバカキャラクターたちも愉快で、おもしろいです。
読了日:3月21日 著者:橘公司
○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)感想
第50回メフィスト賞受賞作品。なんとこのミステリは前代未聞のタイトル当てミステリ。ストーリーを読んでいく中で、作中のミステリと、そのミステリの様子を表すにふさわしいことわざを当てるという異色の作品。 どこまでネタバレをしてもいいものか分からないが、まずメフィスト賞受賞作というだけあり、そしてタイトル当てだなんて仰々しいものを掲げているだけあり、まず間違いなく尖った作品であることは言い添えておきたい。そしてミステリの真相そのものに興味は持たぬこと。あくまでこれは、タイトル当て作品。驚きは必ず、訪れます。
読了日:3月21日 著者:早坂吝
女子かう生(3) (アクションコミックス)女子かう生(3) (アクションコミックス)感想
台詞が無くても騒がしい、女子高生の日常コメディ。お気に入りは寝相、ボウリング、本屋。本屋のお話は、特にしぶ美の可愛さが詰まっていたと思うのでとてもお気に入りです。漫画を読んでてあれだけ感情移入して、続きが早く読みたくなっちゃう子は、よいこ。別の駅の本屋に行こう、と決心する時のちょっとやばい表情、好き。 おまけのページだと普通に3人ともしゃべってるんだよなー。カバー裏見ると分かるけど、この作家さんが3人に普通にしゃべらせたら結構変なことになりそうな気はする……。 8/10点
読了日:3月21日 著者:若井ケン
クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえばーすでい (ログインテーブルトークRPGシリーズ)クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえばーすでい (ログインテーブルトークRPGシリーズ)感想
今回は「誕生日」にまつわる3つのエピソードを収録。一つはさやかちゃんの、もう一つはるるいえ堂の、そして最後の一つは……。今回は番外編として、エピソードの一つはソースブック「クトゥルフと帝国」を使用した、昭和初期を舞台にしたシナリオを収録。やることは今も昔も変わらないとはいえ、昔の有名な出来事や偉人の存在がうまくシナリオに盛り込まれていると、その感動はひとしおです。携帯電話どころか、電話すらもが満足には普及していない時代、というのもポイントですね。
読了日:3月17日 著者:内山靖二郎
でぃす×こみ 1 (ビッグコミックススペシャル)でぃす×こみ 1 (ビッグコミックススペシャル)感想
長年投稿を続けていた漫画家志望の女子高生が、遂に念願かなって大賞受賞! と思ったら実はそれは兄の描いた原稿で、しかもBLで!? という兄妹取り違え漫画家コメディ。主人公・かおるのコロコロと変わる表情や、それと遂になるかのようにぼんやりとした弦太郎のタッグが素晴らしい。放っておけば勝手に暴走する妹を、兄がしっかりと手綱を握って必要最小限の動きで操っている感じ。そんな二人のでこぼこしたやりとりが読んでいてとてもおもしろかったです。コメディらしいコメディといった感じでしたね。 8/10点
読了日:3月13日 著者:ゆうきまさみ
やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション)やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
男同士が絶倫で激しく交わる。という本を男友達からこれを貸されて読んでる男の俺って、この状況マジなんなんだろう? 身体を売ってその日暮しをする男を、なんの因果か共に暮らし養うことになった男の物語。常時の場面は力がこもっていて、情感たっぷりに描かれていました。あとから現れる、あるいは再びモモの前に須田も、誰が悪いわけでもなくただ全て間が悪かったのだろうと思う。主の情事の後を見ても淡々と清掃する冷徹仮面の家政婦さんってキャラクター、使い捨てるにはもったいないな……。 7/10点
読了日:3月12日 著者:はらだ
“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)感想
今度のヒカルの心残りの相手は、儚げな引きこもり薄幸美人。いじめを苦に引きこもり続ける少女のために、彼女の心を縛り続ける怨霊退治に是光が挑む。自己保身に走る少女たちに、冷静気取った頭条先輩と胸くそ悪い登場人物たちばかりかと思ったが、読み終えた今では是光の無茶への爽快感と、夕雨への切ない感情が心を支配する。そして……頭条先輩ったら……! 失恋の物悲しさはいつだって辛いけど、今はそれ以上に帆夏が可愛すぎることの方がインパクトでかかったりもする。……がんばれ、負けるな! ベストイラストは、69頁の夕雨。8/10点
読了日:3月11日 著者:野村美月
とらドラ! (7) (電撃コミックス)とらドラ! (7) (電撃コミックス)感想
文化祭での大河の親父騒動から、生徒会選挙での北村騒動までを収録。印象的なシーンは情感たっぷりに描いてくれるので、原作スキーにも満足。北村くんが転がり込んできたところで、きっちり北村くんちに連絡入れてたり、髪の色戻させようとしているあたり、やっちゃんがちゃんとお母さんしてるのがとてもよく伝わってくるので、何気ないけど好きなシーンです。竜児の『お前はバカじゃないよ。傷ついただけだ』は、すげー良いセリフですね。竹宮さんの青春満点な台詞運びは素晴らしい。 8/10点
読了日:3月11日 著者:竹宮ゆゆこ
侵略!イカ娘 19 (少年チャンピオン・コミックス)侵略!イカ娘 19 (少年チャンピオン・コミックス)感想
ずっと真夏の侵略コメディ、19巻目。今回のお気に入りは、長雨、一体化、超高級スイカ、先生らしく、コーチ、あたりです。基本的にゆるゆるコメディな中に、謎の深海生物とか、庭先に埋まってる人形の話とかを突っ込んでくるあたりがツボです。栄子がイカ娘にビンタをしてる場面の、清美ちゃんの心境やいかに? 渚ちゃんは魔法少女アニメを見たり侵略者の理想をどんどん高めて行ったり、いい感じに迷走していってると思いました。 8/10点
読了日:3月10日 著者:安部真弘
甘々と稲妻(4) (アフタヌーンKC)甘々と稲妻(4) (アフタヌーンKC)感想
お父さんと子一人で、たくましくご飯を食べて日々を生きる、日常とご飯の漫画。生姜焼きに、クレープ、きんぴら、お好み焼き、ビーフシチュー。どれもこれも、読んでて心はほっこりしてくるし、美味しそうな料理を作っていてお腹も空くしで、最高の漫画だと思います。生姜焼きは特に個人的にも好物なので、作っているのを見て、食べたくなってしまったり……。指を切るのって確かに怖いけど、それを怖がっていたら、前に進めないもの、本当だからね……。本当に、表情が豊かで楽しい漫画です。 8/10点
読了日:3月9日 著者:雨隠ギド
ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)感想
自分自身がいわゆるブラック企業と呼ばれる場所に身を置いているため、これを読んだらうっかり辞めてしまうのではないかと危惧をしながらも読み終えました。仕事をする上で大事なこと、究極的なこととしては絶対に自殺をしてはならないこと、というメッセージをとにかく端的に伝えてきてくれる良作。ちょっと終盤に爽やかすぎる流れになってしまったのは、働き手として読んでいると多少引っかかりを覚えるものの、メッセージ性が強く、読み手の涙腺を直撃するストーリーなのは確かです。自分の身の振り方を考えるべき時期なのかもしれない。8/10
読了日:3月8日 著者:北川恵海
聖☆おにいさん(11) (モーニング KC)聖☆おにいさん(11) (モーニング KC)感想
お彼岸MIDNIGHT、いいねLINE既読、インビジブル三角、がお気に入りです。ブッダが写真を撮ろうとするお話は、視覚的に強烈なインパクトを残すようなボケがてんこ盛りで、とても面白かったです。人が一番見たくない己の姿の絵とか、信者どう思うのよこれ? 個別のネタでは、金魚のお話の、口の中に銀貨入ってる魚が面白かったです。あとは、ライオンによる本人モノマネ。 7/10点
読了日:3月3日 著者:中村光
天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟 (新潮文庫nex)天久鷹央の推理カルテII: ファントムの病棟 (新潮文庫nex)感想
病院を舞台にした不可思議な病や事件を鮮やかに解き明かす、医療ミステリ第二弾。一巻では明朗快活だった鷹央先生が、今回は苛ついていたり弱っていたりと“らしくない”場面が多かった印象。それでも『甘い毒』事件では患者の隠された疾患を見事に見抜くなど、その推理力と洞察力は健在。末期の白血病患者を相手取った際には、天才医師でも人である以上どうにもならない悲劇を目の当たりにさせられるなど、強く心を打たれた。世の中には、どうにもならないこともある。それでも、生きてるうちに、後悔の無いようにやりねばならぬのだ。 9/10点
読了日:3月1日 著者:知念実希人
マンガで分かる肉体改造 糖質制限編 (ヤングキングコミック)マンガで分かる肉体改造 糖質制限編 (ヤングキングコミック)感想
ちなみに私自身はむしろ痩せすぎ判定くらうくらいの体型なんで、現状ヤセる理由まったく無いんですけれども……。理論的に言いたいことは分かるし知識があるわけではないから具体的な反論もできないんだけど、やはりどこか『ほ、本当に……?』と読んでて二の足を踏んでしまう感はありますね。端的に糖質カットして代わりにタンパク質増やせばいーじゃーん!と言われても……。ただ、現状肥満体質である人が即効性を求めて肉体改造をするぶんには効果ありそうですね。 7/10点
読了日:3月1日 著者:ゆうきゆう
マンガで分かる心療内科 12巻 (ヤングキングコミックス)マンガで分かる心療内科 12巻 (ヤングキングコミックス)感想
笑って学べる心療内科漫画。今回は、アルコール依存症、人物描画テスト、伝説の中の精神病、絵画欲求不満テスト、ピンチはゲームと考えろ、あたりが面白かったりためになったりしたエピソードでした。人物描画テストはけっこう細かな部分まで解説があったため、自分の描いた人物画と見比べることで十二分に自己分析ができそうで、良いですね。緊張をほぐすとか、ピンチはゲームと考えるとかは日常生活の中で活かして行けそうな考え方があり、少し参考にしてみようかななんて思ったり。 7/10点
読了日:3月1日 著者:ゆうきゆう
フルメタル・パニック!  アナザー5 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー5 (富士見ファンタジア文庫)感想
マオ社長が何者かに襲撃され、D.O.M.S.の乗っ取りまで発生。そうして激動の時間を過ごした達哉は、遂に自らの生きるべき場所を自分の意志で選ぶべき分岐路に立つこととなる。本家フルメタの宗介にも似たようなことはあったと思うが、やはり自分の意志で死地へと赴く決断をする場面は、重い。 しかしあれだけ塞ぎ込んだ日常を送っているようなら、やはり最初から達哉の腹は決まっていたようなものだよなとも。お気楽AS物語かと思ったら、どんどんハードになっていきますね。 ベストイラストは、293頁の達哉とアデリーナ。 7/10点
読了日:3月1日 著者:大黒尚人

読書メーター
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)