夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
第5回大喜利天下一武道会チームバトル(2)
1はこちら

2015年5月5日。
朝、5時48分、起床。5時50分、目覚まし時計が鳴る。目覚まし時計をかけていた2分前に、目が覚める。いつもは布団の中でたっぷり30分はうだうだするのに、今日はすぐにしゃきっと起き上がる。
……なんだよ。わくわくしてんのかよ。

わくわくしてんだよ。

というわけでチームバトルの当日の朝を迎えました。
が! なんとまだチームバトルの話にはたどり着きません!
なぜならこの日私は、お粥さん主催のチームバトル直前練習会に出席していたためです。



会場は新宿スポーツセンター。
祝日の朝っぱらという惰眠をむさぼるにこれ以上無いシチュエーションの中、都会に住む彼らは何を好き好んでこんな時間からジョギングしたりテニスしたり、朝っぱらから良い汗をかいているんでしょうか……。

suposenn.jpg
本来の集合時間のおよそ1時間ほど前から、新宿スポーツセンターの前に到着。
いや、早いな。わくわくしてんのかよ。

そして私よりももっとわくわくしていた博士の生い立ちさんと、会場の入り口前で合流。
さすがに遠方からいらしているということもあって、お会いするのは初めてでした。
(前にも上京していたはずですが、そのときはお会い出来ませんでした)
というわけで、同じ悪答のよしみとして、せっかくの機会なんでいろいろとお話しさせてもらいました。

もうしばらく待っていると、やがてスプリンガーさんが合流してきました。
ここでなんとなく思いつきから、スプリンガーさんに私物のホワイトボードとペンを手渡して、「こんなスポーツセンターは嫌だ」とお題を無茶ぶり。
生い立ちさんから「年上の人に無茶ぶりしないでくださいよ。やるならせめて僕にしてくださいよ」と、年下からリアルなおしかりをうけました。
スプリンガーさんは自分の半分も生きていない若造の無茶ぶりにも、「5坪」という素晴らしい回答で応えてくれました。素敵かよ。
その後、生い立ちさんにもまったく同じ題を出し、自分も「あさま山荘の鉄球が近くに控えている」という回答を出したり。
そしてこの日がお会いして二日目というほぼ初対面のヒゲ王子さんやヒロムさんらにも無茶ぶり出題。皆さん戸惑いながらもちゃんと答えてくれたので、いい人だと思いました。
なお、久しぶりにお会いした空九さんには、回答拒否をされました。
……いや、普通にさらっと再会したけれど、空九さんお久しぶりです!

やがてぞろぞろと参加者が集まって来て、お粥さんの先導のもと、会場入り。

oogirikai.jpg
講習会。

なんとも人数が多いため、参加者を3ブロックに分けてのローテーション大喜利での練習会。

私と同じ組には、博士の生い立ちさん、うっらいさん、スプリンガーさん、妙子さん、スパムちゃん、番茶が飲みたいさん、椙田政高さん、羊狩りさん、見過ぎさんがいました。
このとき私と羊狩りさんの着てきた衣装が見事に被り、お互い眼鏡に短い髪という風体だっため、「兄弟なのでは?」と言われました。
流「羊狩り兄さん!」
羊「やめろよ」

そしてこの日の前日の喜利の箱に見学で来ていた方が、このお粥さん会にもいるのにも気付きました。
よくよく話を聞いてみると、橋本直也さんでした。で、出る人だ……!

ローテーション大喜利は参加者があらかじめお粥さんに「やりたいお題ジャンル」をリクエストしていたため、それを元に作られたお題をまわしていきます。
私はお題を見てから脳みそから要素を引っ張り出す練習がしたかったため、「あるある」お題をリクエスト。
その結果、「食べ放題の終盤あるある」というお題が出てきました。
なるほどピンポイントだけれど遊び代があり、絶妙なラインのあるあるですね……。
回答は「それでも皇帝岸は涼しい顔」とかを出しました。微妙に伝わらないので、皇帝岸はもう世代交代なのか……。いや、盛大交代も何も、普通にギャル曽根とかに取って代わられてるか……。女王赤阪と皇帝岸は自分の中での鉄板フードファイターなんですが……。

また、見過ぎさんが、かつて喜利の王東京予選で回答してDVD収録時に思いっきりピー音の入った回答のネタをここに来て再び回答に盛り込み始めるなど、リアルにぞっとする場面にも立ち会うことができました。
それ本番で絶対やるなよ! と羊狩りさんにマジテンションの説教を喰らっていました。

後は、うっらいさんが『苦手なので……』と俳句お題をリクエストしていたのですが、『苦手なんだあ……』とリアルに制限時間いっぱいまでほぼ何も出せなかったりとか。
そんな感じでいつもの大喜利会と似たような和やかな雰囲気でウォーミングアップをしていきます。

会の後半は、疑似チームバトル。
私としてはチームバトル初参加なので、こうした形で『どういうルールなのか』を肌で知れるのはありがたかったです。

まずは前半Aブロック。

星野流人・ダミー・妙子チーム
スパムちゃん・スプリンガー・ワロングチーム
秦小池・入来・橋本直也チーム
ヒゲ王子・蛇口捻流・間雲亭吠駆チーム
権藤・空九・タミフルロケットチーム

ウチのチームは一番最初の組だったため、1問目のお題選択権を持っていました。
ので、他の人が選んだ無茶なお題にどの程度対応出来るのかを確認しておきたかった私は、ダミーさんにお題選択権を譲渡。
ダミーさん選択の「普通お題」から疑似チームバトルが始まりました。
ここではスパムちゃんが大当たりをしており、「やべえ……『誰も悪くない』がノっている……」と怖くなりました。

私は二問目での登場。
お題ジャンルは「制約がほとんど無いお題」。これは私、かなり苦手なヤツです。
で、出てきたお題が「古い音」。
なにこれ。なんなの、これ。なんだよ、古い音って……。
もうこの時点で苦戦確定というくらい古い音のイメージがつかめず、とりあえず古っぽいような「プリュンッ」とか出してみましたが、駄目だ駄目だ、こんなんじゃ勝てない。
うーんうーんと少し悩んでから、閃きます。
音なんだから、例えば歌とかでもいいはず。そこから発想を繋げていって出した回答が、
「チャンチャカチャンチャンチャチャンチャチャンチャン……」小梅大夫のあれです。
これは私含め他の人たちも単音だけしか出せていなかった中で意表をつけたのか、大きな笑いを獲ることができました。
「いやいや、現役だからな!?」と野次が飛びます。
皆が苦戦する中一人だけ突破口を見つけた私は、「私のお墓の前で泣かないでください〜(千の風になって)」「ポンポンスポポンポンスポポン(永井)」ととにかく古い音を出しまくります。
まあ、さすがに同じ系列で小梅以上のウケは取れないと途中から悟り、最後はなんとか変化球が出せないかと思って、無理矢理ひねり出したのがこれ。
「ドンドンドンドンドンドドンドドン、ドンドンドンドンドンドドンドドン(オオカミ少年の2番)」
まあ、知ってる人には伝わったかな、といった感じでした。
「そうなんだ」という声もあったので、たぶん知らない人もいたっぽいです。

というわけでなんとかこのブロックを制し、良い形で妙子さんにバトンを渡すことができました。
妙子さんは、最初から「気になる」と言っていたジャンル『ヤマザキ』を選択。
しかし予想を裏切って、別にアンタッチャブルのザキヤマなお題ではありませんでした。

それぞれのチームが1人1回ずつ大喜利をやったら、4戦目は各チームから1人代表者が出てくるシステム。
ここでウチのチームは、2戦目を獲ったからということで、私が代表として4戦目に臨むことに。
そ、そんなつもりでやったわけじゃなかったんだ……もっと気楽に大喜利してたんだ、あの時のぼかあ……。

4問目はジャンル『哲学』。
お題は「自我とは何か」。なんだそれは……知らねえよ。我思う故に我ありだよ……。
一目見た瞬間からとにかく困り果てた私は、とりあえず「あ? 何言ってんだお前。今は遅刻の話をしてるんだろう」というずらした視点からの回答を出してみたのですが、これがうまくハマらず。
いやあ……哲学お題に真正面から向き合うのはキツいって……と思っている間に、あれよあれよと時間が過ぎてほとんど手が出せないままに終わってしまいました。

……1勝しても、4問目で票を稼がなければ意味が無い。それを実感した疑似戦でした。
それだけでもやる意味は十二分にあったかと。

そのあと、軽くチームメイトの秦小池さん、権藤さんと本番に向けての打ち合わせ。
疑似チームバトルでの調子を見た感じで一番跳ねているのが私だったということから、基本的に私が4問目を務める形でいこう、という風に話がまとまります。
一応気持ちの上ではそのつもりで準備していたけれど、いざ当日言われると、責任感とかがすごいのしかかってくるな……いや、まだだ。まだ、舞台にすら上がっていないのだから、気を強く持とう。

Bブロックはこちらの面々が参戦。

番茶が飲みたい・ヒロム・見過ぎチーム
椙田政高・ぺるとも・うっらいチーム
罠箱・せいぎのみかたの片割れ・博士の生い立ちチーム
羊狩り・fromyoh・国井チーム

椙田さんワールド、ここでも早くも片鱗を見せている。誰も悪くないチームが、本当に不気味で恐ろしいのですよ……!
なお、羊狩りさんは、チームメイトのいいさん、何かもちもちさんらとランチの約束をしていたので、早退け。
「ランチて」「OLかよ」とツッコミを受けつつの退場でした。

疑似チームバトルはAブロックBブロックの勝者たちによる決勝戦まで行った上で、優勝はヒゲ王子・蛇口捻流・間雲亭吠駆チーム。
ここにもわくわくしてんだよが……。わくわくしてんのかよ……。

予定されていた行程を全て消化したら、大慌てで撤収して駅へと向かいます。
駅への道中は、ダミーさんや橋本さんとお話をしてみたり、わくわくしてんだよの3人とじゃれてみたり。
ちょっと遅刻してきたぺるともさんとは、「スマホの位置情報サービスを見ながら来たんですけど、全然ワケ分かんないところで『着きました!』って出て、『いやいや全然着いてねえよ!』ってなりました」とか、そんな感じの会話をした気がします。

さすがに駅まで離れていたのと時間がギリギリだったため、『ちょっと走らないとまずいかもしれないです』ということで、小走りになり始める大喜利集団。
スパムちゃんが走っているのを見て、横に並走してカメラを構えるフリをして『赤坂五丁目ミニマラソンでランナーを撮ってる人』ごっこをしたりしました。

三々五々に散り散りになりつつも、各々なんとか電車に乗り込み、田無へ移動。
その道中わくわくしてんだよを記念撮影しました。
ぺるともさんと生い立ちさんが全然よそ見している中、蛇口くんだけがやけに張り切ってファイティングポーズをしている写真とか。

何気なくツイッターを確認したら、オフィユカスさんが、「やばい、確実に遅刻する」とつぶやいていました。
なんでだよ。わくわくしてねえのかよ。
ユカスさんのチームメイトのせいぎさんにそのことを教えてあげたら、「もう、吠駆さんと2人で出るしか無いです」と言ってました。

田無駅に着いたら、完全に時間が無いので、みんなコンビニでパンやおにぎりだけを買って、コンビニ前でお昼ご飯。
羊狩りさんたちは、優雅にランチを楽しんでいるのに……。

その後会場へ向かう道中、宇多川ぱるるさんとも偶然合流。
宇多川さんは、出会うや否や田んぼマンさんと抱き合っていました。なんでや。
そんなこんなで、コール田無へ。
ようやく、たどり着いた……ということで、次回からようやくチームバトルの話です!

(続く)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
ありがとうございました
こんにちは

お題出された時はすごく嬉しかったですよ(^O^)
「受け入れてもらえた感」がすごくうれしかったです(^O^)

また一緒に大喜利やらせて下さい!
2015/05/14(木) 08:07:32 | URL | byスプリンガー (#qbIq4rIg) [ 編集]
コメントありがとうございます。

お題の件は、そう言っていただけるとありがたいですねえ。

また大喜利やりましょう。喜利の箱で待ってます。
2015/05/16(土) 01:26:26 | URL | byほしの (#zxJvsWF.) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)