夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
2015年6月の読んだ本まとめ
2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4751ページ
ナイス数:381ナイス

とある飛空士への誓約 8 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 8 (ガガガ文庫)感想
いよいよシリーズ完結編直前となる、第8巻……飛空士の通算で言えば16巻目か。今回は清顕、イリア以外のエリアドールの七人の動向が気になるエピソードが多かったですね。バルタザールについに火を吹くかつてセシルに送ってしまった手紙とか、ニナの悪評を得意げに披露するバルタザールとか、バルタザールだけコミカルなシーンが多かったがなんともまあ……。物語の最後は劇的に話が動きます。まずはミオがすべての想いをフィオに乗せる場面。そして、かぐらとバルタザールの不自然にいつも通りの停戦協定。ほんと、泣くかと思いました。
読了日:6月28日 著者:犬村小六
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)― (電撃文庫)ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)― (電撃文庫)感想
飛び交う銃弾、食らいつく執念。様々な思惑の入り交じるスクワッド・ジャムも、いよいよ決着です。主要人物たちの見せ場と見せ場がそれぞれ交錯していき、最終目標であるレンとピトフーイの大戦の前にも様々な艱難辛苦が立ちはだかるなど、息つく暇もない展開の速さとあまりにも意外なそれぞれのメンバーの動き方も相まって、本当におもしろかったです。レンの目的を知らない人々が思っきり引っ掻き回していった感じが良かったですね。 ベストイラストは、147頁のシャーリー。 8/10点
読了日:6月28日 著者:時雨沢恵一
ヲタクに恋は難しい (1)ヲタクに恋は難しい (1)感想
ヲタク同士で、幼なじみの二人の恋物語。二人の先輩社員もヲタクなので、都合4人2組のヲタク恋愛が楽しめます。ヲタクらしくあちこちにパロディネタが盛り込まれてるのが、楽しいです。アニメとかゲームだけに限らず『とんへー♪』とか『違うそうじゃない』とか、幅広いパロディがあるのが良いですね。引用大好きなヲタクの会話っぽい。 キャラクターは可愛いし、やり取りも面白い、そしてヲタク同士の恋愛とかいう夢いっぱいの物語……面白くないわけがなかったですね。ヲタク最高。 9/10点
読了日:6月23日 著者:ふじた
“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)感想
ヒカルの心残りとなる次なるヒロインは、なんと顔も名前も分からない少女。そんな謎のヒロインを探すべく是光は夏休み中、約束の地である喫茶店へと足繁く通うこととなる。正体不明ヒロインもさることながら、今までのほとんど全てのヒロインが総出で登場してくるくだりは、本当に楽しかったです。こうして振り返ってみると、多種多様なヒロインたちに囲まれている是光……そんな姿を見れば、そりゃあ待ち人も困惑するでしょうと。そして式部がほんとに可愛かったのと……思わぬ伏兵みちる……! ベストイラストは、109頁のひいな。 8/10点
読了日:6月21日 著者:野村美月
ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)ぐらんぶる(1) (アフタヌーンKC)感想
バカテスの井上堅二さん原作の、相変わらずバカ大爆発な大学ライフを描く漫画。スキューバダイビングがメインテーマ……とはいえ、中身は男の全裸と飲酒で占められていると言っても過言ではないでしょう。女の子の水着姿とか、期待しちゃダメだぞ! それ以上に大量の男の全裸が踊り狂う漫画だからな! と……そんなバカな漫画とはいえ、ほんのわずかのスキューバダイビングに関わる場面ではいい場面もあったりします。……あ、1巻のウチで遂に主人公海に潜らなかったな。いいのかそんなペースで……。 7/10点
読了日:6月21日 著者:井上堅二
SHIORI EXPERIENCE~ジミなわたしとヘンなおじさん~(2) (ビッグガンガンコミックス)SHIORI EXPERIENCE~ジミなわたしとヘンなおじさん~(2) (ビッグガンガンコミックス)感想
音楽で伝説を残すため、軽音楽部設立のため、紫織の奔走が今始まる。まずは手始めに校長の籠絡作戦、そして部員集め。 新メンバー候補は野球部主将の台場くん。野球部一筋で正捕手としてチームを引っ張る存在ながら、彼の心の底には、熱い音楽への衝動が……。音楽に正直に生きる軽音楽部達と、そんな彼らの笑顔を目の当たりにした父親たちの表情、凄まじく印象的でした。そして際立つ、台場の彼女の駄目女感。いやほんと、印象的シーンの描き方がうますぎますね。 9/10点
読了日:6月21日 著者:長田悠幸×町田一八
中古でも恋がしたい!2 (GA文庫)中古でも恋がしたい!2 (GA文庫)感想
綾女の悪い噂払拭大作戦に邁進することとなる第2巻では、新キャラクターとしてギャルの……あるいは清一のかつてのトラウマの元凶を作り出した原因ともいえる少女。悪い噂払拭大作戦に重ねるようにして、なんとかして出したい新キャラも話に絡めようと差し込んでいるような無理矢理感はあったものの、噂払拭のエピソードと天女のエピソード、それぞれおもしろかったのでなんだかんだ1冊の本としてはまとまっていたり。同じく新キャラにして男の娘である才谷きゅんが、異様な可愛さで……攻略待った無し。
読了日:6月20日 著者:田尾典丈
信長協奏曲 12 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 12 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
手取川の戦いと、信貴山城の戦いのエピソード。表紙の通り、秀吉絡みでまたまたきな臭い展開が……。その存在が信長にとって将来的にどう作用するのか読めないだけに、不気味な男です。 信貴山城の戦いでは再びの裏切りである松永さんが遂に追いつめられる。任侠者として生きてきて、戦国の世でその最期を迎えようとする男と……森長可がどんな会話をするのか。 今回は破天荒な信長さんの存在感ちょっと薄いかも……というか、ここしばらくそうか。 7/10点
読了日:6月20日 著者:石井あゆみ
徒然チルドレン(3) (講談社コミックス)徒然チルドレン(3) (講談社コミックス)感想
恋する少年少女達のオムニバス4コマ漫画群。どこのカップルもかわいいかわいい、そしてあるところで主人公だったキャラクター達が別の話ではサブキャラとして賑やかし、ある人が好きな人は別の人との恋物語を別に描いていたりと、キャラクター達がそれぞれの道を生きていた結果、このよう中達でそれぞれ交差している感じが出ていて、すごく良いです。今回のお気に入りは「質問してあげる」「沸騰」「罠」「ドライ」。「沸騰」、赤面する七瀬可愛いし、ぼろ泣きする七瀬も可愛いし、先輩に彼氏居るのを知って呆然とする七瀬も最高に可愛いからな。
読了日:6月20日 著者:若林稔弥
アオイハルノスベテ3 (ファミ通文庫)アオイハルノスベテ3 (ファミ通文庫)感想
夏休み。横須賀たち輪月症候群推進派(木崎とかは別にそういうわけではないけど)が、みんなで旅行! 海! 水着! BBQ! という楽しげな雰囲気もそこそこに、学校卒業後も輪月症候群の能力を保持し続ける男に会うべく、物語は進んで行きます。その中で大河内の家族についても話が及んでいき、楽しげな道中からシリアスな旅先での物語へと移ろっていきました。ずっと立ち止まったままだった大河内も前へ進めるようになり、いいお話でした。 ベストイラストは、261頁の大河内。 7/10点
読了日:6月14日 著者:庵田定夏
山田くんと7人の魔女(7) (講談社コミックス)山田くんと7人の魔女(7) (講談社コミックス)感想
魔女から能力を消し去るために、山田が動く。そして始まる、次期生徒会長を決めるための、最後の魔女探し……。ようやく「7人の魔女」最後の一人の登場も近くなってきたところですが、一方で山田は自身にとって非常に大きな、自分の気持ちに気付きます。山田は宮村と共同戦線を張り、最後の魔女探しへと動き出すことになります。そして登場するのが、宮村の姉……出会い頭にいきなりハサミをぶん投げてくる、クレイジーな女ですね……。どんどん過去の因縁やら魔女の謎やらが出てきて、おもしろくなってきました。 7/10点
読了日:6月14日 著者:吉河美希
クトゥルフ神話TRPG VS いい大人達 リプレイ 生放送で邪神召喚! (ファミ通文庫)クトゥルフ神話TRPG VS いい大人達 リプレイ 生放送で邪神召喚! (ファミ通文庫)感想
ニコニコで活動しているゲーム実況グループ『いい大人達』がクトゥルフ神話TRPGに挑戦しました! というリプレイ小説。いい大人達自体は存じ上げていなかったのですが、終止和気あいあいとしたプレイスタイルで、楽しそうにやっていることは伝わってきました。ただ、NPCの主要キャラクターにおそらく身内ネタを挟んできて、しかもそれを満足に説明すらしない辺り、ちょっと仲間内で楽しんでる感が強過ぎて「読ませる」作品ではちょっとないのかなと思ったり。全員が笑っている描写も、多過ぎてちょっと萎える。まあ、初心者卓ですし、ね?
読了日:6月14日 著者:坂東真紅郎
第13保健室 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)第13保健室 2 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
序列ごとに13の保健室のある学園での物語、第二巻。今回は主人公の12、13保健室の二人に加え、第10保健室の動物娘、第11保健室の厨二病女と下位保健室のメンバーが登場して徒党を組み始めた感じ。第11保健室の明堂院神楽先生、アホほど可愛いと思うんですが。第2保健室の温泉回は眼福でした。なんていうかこう……みんな、胸とお臀の重量感が凄いですね! 第12保健室、体育祭では未だ上昇のきっかけはつかめてない感じですが、このままモコちー奮起エピソードとなるのでしょうか。 7/10点
読了日:6月14日 著者:あおやぎ孝夫
フルメタル・パニック!  アナザー6 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー6 (富士見ファンタジア文庫)感想
達哉、遂に●●卒業……。そして物語としても、キャラクターの一人……まあ菊乃なんですが……に重大なターニングポイントが来たような感じです。ここからの立ち居振る舞いの如何によって、シリーズに今後どう関わっていくのかということにも絡んできそうなので、まずは直近の第7巻での彼女の様子に期待したいところです。 今回エピソードでは強敵の出現と、更なる組織の登場と、今までの強敵の境遇の変化など非常に大きな動きが目立ち始めましたね。さて、どうなることやら。 ベストイラストは、105頁のアデリーナと達哉。 7/10点
読了日:6月14日 著者:大黒尚人
たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。 (MF文庫J)たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。 (MF文庫J)感想
「泳ぎません。」で衝撃的打ち切りを喰らって以降、別レーベルへ活動を移した後、久しぶりにMF文庫Jに比嘉さんが帰ってまいりました。今回は余命1週間と宣告された主人公が決死の1週間を送ることにより始まる、多角関係の恋物語。正直ここまでねじれにねじれた多角関係になってくると、まったく先が読めません。しかもそれが、比嘉さんの手による物語であるとすれば尚更です。シリーズ単位で傑作を生み出す作家さんなだけに、久々に完走を目指して頑張って欲しいです。 ベストイラストは、183頁の色鳥さん。 8/10点
読了日:6月13日 著者:比嘉智康
こんなこと (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)こんなこと (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)感想
絵柄やキャラクターは可愛らしく、物語もハッピーエンドやイチャラブしたものが多く私好み。そして何より、エロい。胸が大きい娘も小さい娘も、明るい娘も静かな娘も、いろんなバリエーション全部ひっくるめて、全部かわいい。楽しく読めて、どのお話も読後感がほっこりします。 個人的なお気に入りは『家出イトコ』『Revenger×Massager』『かりものの』『スペアキー』。初出の最も古いのが2009年なのに、今年初単行本? これからの活躍に期待したい作家さんですね。 8/10点
読了日:6月10日 著者:三巷文
天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)感想
不思議な事件を医学的知識で謎解きする、医療ミステリ。今回のエピソードでは殺人事件、それも密室殺人に鷹央が挑むこととなります。関係者に事情聴取をしたり事件当時の映像を見たりといった様子は今までよりもミステリ小説を読んでいる感覚が強くて、楽しめました。完全に追い詰められたところから、ほんのふとしたきっかけですべてを解き明かす様子は、読んでいて痛快でもありました。やはり鷹央先生と小鳥先生はナイスコンビですね。 拒絶する肌、のエピソードも、そういうこともあるのかと感心しきりでした。 8/10点
読了日:6月7日 著者:知念実希人
食戟のソーマ 13 (ジャンプコミックス)食戟のソーマ 13 (ジャンプコミックス)感想
秋の選抜編もようやく決勝戦を迎え、そしてこの時点での序列が決まります。長きに渡る熱き戦いがここで一度幕を下ろし、しかし息つく間もなく新章へ突入。ここからは修行編とでも言うべきか職場体験カリキュラム。慣れない場所に圧倒され打ちひしがれ、けれどすぐに奮起して巻き返し、自らのフィールドで力を発揮しだす秘書子……とにかく可愛かった。とかくこの一冊は、努力で何かを巻き返す勇気を得られる、非常に素晴らしい一冊でした。……巻末の仲間りょう版食戟のソーマが、全印象を持っていってしまったわけですが……。超おもしろ。9/10
読了日:6月5日 著者:附田祐斗

読書メーター
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)