夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
喜利の箱の思い出 10選
東京都池袋にある大喜利ルーム「喜利の箱」が、この度閉店と相成りました。

大喜利を趣味とするようになった私にとって、このお店の存在は非常に大きなものでした。
というわけでこの機会に、喜利の箱での思い出深い企画・出来事・イベントなどを10個選んでみました。



2013年9月14日 新人大喜利会「ひなどり」

今から1年と10ヶ月前に生大喜利に足を踏み入れるきっかけとなった新人大喜利会です。
もともとは六升さん、秦小池さんが参加するとのことだったので興味本位でついていっただけだったんですが……。
おやどり枠としてばらけつさん、虎猫さんがおり、ひなどり参加者としては空九さん、NYのヤンキーさん、赤黄色さん、エ松さんらがいたように思います。
箱のカレンダーを見るに、新人大喜利会としてはこの会合が第1回目だったはずですので、現在ひなどり出身として活動されている方々のほとんどの直属の先輩にあたると思うんですよボカァ。だから何って話ですが。
なお、初めてやった大喜利企画は、「ベストアンサー大喜利」「大喜利トーナメント」「子育て大喜利」だったようです。
「子育て大喜利」……?
以降のひなどり関係の企画にはおやどりになった以降も積極的に参加するようにしていました。
いいさん、無名人形師さん、スパムちゃん、納得さん、タミフルロケットさん、ぺるともさん、ワロングさん、といった今となってはめがっさ豪華なメンバーがひなどりキッカケで知り合ったメンバーなのでした。



2014年4月27日 まどマ喜利~叛逆の大喜利~ まどマギ展直前の番外編

その名の通りまどマギ展の直前に行われた「魔法少女まどか☆マギカ」オンリー大喜利会……なんですが。
その内容は、揃ったまどマギ好きたちで「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」を箱のプロジェクターで観るというもの。
みんなで映像を垂れ流したまま、好き勝手映画の感想やら考察やらを言い合うという、ものすごい濃い時間でした。
ほむほむがベベを拉致した際に、その直前のシーンでマミさんが追跡のためにほむほむにリボンを巻き付けている……という情報が出ると「マジで!?」「巻き戻せ!」というような一幕も。
終わったあとに「せっかくだし……」みたいなだるだるなテンションで大喜利を始めていたのも、良い思い出です。



2014年11月3日 文学大喜利

本好きの集まる大喜利会に、ライトノベルもって颯爽と参戦。
自身のおすすめ作品を紹介し合うビブリオバトルでは富士見ファンタジア文庫の「蒼穹のカルマ」全8巻を紹介し、自分でも驚くほどの好評をいただくこととなりました。
ただ本を紹介しただけなのに『R-1でネタとしてやっても2回戦行けるレベル』とまで評価されたので、それだけでこの日は満足です。
なお、引用大喜利で引用元を言うだけで笑いを搔っ攫う椙田さんが印象的だったのと、作家になりきって回答するお題が出た時にみんなして「○○です!」と作家名を名乗る流れが出たときのやってるみんなの楽しそうな感じ半端なかったです。



悪答

悪答の会合は、喜利の箱を舞台にして4回開催。
「サイキッカー大喜利」「デス大喜利」「大喜利巌流島」「P for U」「学業冒涜大喜利」「ポケモンマスター大喜利」「憑依大喜利」と、盛り上がった企画・跳ねまくった場面は数知れず。
愉快な仲間達と最高のばか騒ぎをする。企画大喜利の楽しさと言うものを十二分に感じられたように思いました。
印象に残っているのは、デス大喜利で神回避を連発するゴハさん、大喜利巌流島で踊り狂うAlcoギットさん、パソコン音痴なオフィユカスさん、新卒採用をしよう!で最大サイズで画面を埋め尽くす文字群、ポケモンマスター大喜利での連係プレーを連発するばらけつ組、憑依大喜利で加山雄三、えなりかずき、RIOらがガヤを飛ばす地獄のような空間……名場面だらけでは?
なお、悪答自体は今後も継続して会合をやっていくと思われ。今後もよろしくお願いします!



2014年12月31日 年越し大喜利会

この年の年越し大喜利には、最初は私とオーナー、山本さん、無名さんくらいしかいなかったのですが、夜が更けていくにつれて人が増えていき、最終的には10人くらいでがやがや楽しく年を越しました。
年明け一発目の日本一早い大喜利トーナメントでは、1位がうっらいさんで、私が2位。
その後に行われる第2回喜利の王東京予選の1位と、票数的に1位(順位的には3位)が……!?
最終的には被っちゃ駄目よゲームで大盛り上がりしたり、年明け早朝のガストでAV女優談義に花を咲かせたりと……とても楽しかった思い出があります。



2015年1月31日 第2回喜利の王決定戦 東京予選

箱ではないけれど、箱主催の大会なので。
この日の私は2番手グループで早々に出番を終えて、手応え自体はよかったものの、後続で次々おもしろい人たちが出てきて完全に「やべーなー」って感じになっていました。ギリギリ12位か13位で通過してればいいなあくらいに。
ところがどっこい、なんと結果発表でいきなり自分の名前が出てくるわ、しかも順番的には3位だけど票数的には同率1位だわ(なお、発表時点ではまったく票数なんて見えてませんでした)……誰よりもあの場で茫然自失していました。
そしてこのとき私の傍で固まって座っていた、悪答組、長文関係者の人たちから次々「おめでとー!」と声をかけられて、ようやく実感として湧いてきて……トップグループで通過したことよりも、その場にいた仲の良い人たちがこぞって祝福してくれたのが本当に心から嬉しくて……今思い出しても泣きそうになる。
初代頭領の私と二代目頭領の雑魚さんが一緒に通ったこともあって悪答組はめちゃくちゃ盛り上がっていて、なんていうか、あの時は最高でした。



2015年2月21日 じゃぐぷち2nd

やまおとこさんが東京に来てた時ですね。
私自身にとってもじゃぐぷちで初めて決勝進出という意味でも思い出深いのですが、個人的に印象に残っているのは、じゃぐぷちが終わった後。
サッカーの長友選手がズボンからどこでもドアを出しているというコラ画像が、じゃぐぷちで画像お題として出ていて、これがかなり跳ねていたのがそもそもの発端でした。
そこでまだまだ良い回答が出るんじゃないかとみんなして頭をひねり出した結果、なんと同じ画像お題でこの後1時間以上も大喜利をし続けてしまいました。
サッカー要素もドラえもん要素も何もかも使い果たして、果ては勉三さんとか笑ゥせぇるすまんとかまでボケの範囲が広がってしまったところで収集がつかなくなるということで強制終了。
オーナーはじゃぐぷちが終わった後、バックヤードの方で寝ていたのですが、起きてきた後「まだこのお題でやってんのかよ、と思った」とコメント。



2015年5月4日 チームバトル前に大喜利をしようの会

喜利の箱史上屈指の入場者数を記録したのでは? というほど人が集まっていました。
北から南から人が集まっていたということもあって、普段はお会い出来ないような顔ぶれとも大喜利ができて、とにかく楽しかった。
お昼は和気あいあいと企画大喜利なんかやってみたりして、夜になったらひたすら天下一形式で大喜利をやりまくって、わくわくしてんだよがほんとにわくわくしてて、むしろ大人もみんなわくわくしていた。
人が入りきらなくてカーペット拡張したり、途中で誰が来ただの帰っただのの把握が困難なくらい人が入り乱れていて、自分としても大喜利人生の中でもトップクラスの手応えを得られたり、とにかく圧倒されました。
そしてそのほとんどの時間を自分は司会役としてまわしまくっていたという。チームバトル本番を目前にして、喉をつぶしかけてどうすんだ……。



2015年5月6日 通常営業

一昨日とは打って変わって、熱気も何もない、ただひたすらぐうたらした日。
チームバトルが終わってすっかり気の抜けた喜利の箱で、のんびりお絵描きしたり、オーナーにピザを買ってきてもらってみんなで食べたり、夜には初来店の恐るべきルーキーの方と一緒に大喜利を楽しんだり、そろそろ帰ろうかなってテンションになってる時にダミーさんが来て結局閉店まで大喜利をしまくったり。
ああいう感じの空気が楽しめるのも喜利の箱ならではだなって。



大喜利道場

大喜利力がまったくと言っていいほどなかった私でしたが、この道場に通い詰めることで多少なりとも鍛え上げられた気がします。
キルヒホッフさん、赤黄色さん、FANさん、虎猫さん、田んぼマンさん、居心地さん、冬の鬼さん、といった強豪相手にタイマンで勝負を行えるのは非常に有意義な時間でした。
負け越しの方が圧倒的に多くて、未熟さばかりを痛感してばかりいましたが、一撃の重さとか、相性のいいお題だとか、大切なこともまたここで負けまくる中で学んでいけたかなと思います。
印象に残っている試合は、自分のでは、FANさん相手の「佐村河内守のブログに書いてありそうなこと」、納得さん相手の「包丁を持ってる人対斧を持ってる人の見所を教えてください」とか。
他人のでは、一発ギャグお題の時の虎猫さんとか、阿部総理の画像お題でお粥さんが大爆笑を搔っ攫った後に試合をひっくり返してみせたキルヒホッフさんとか、が印象深いですね。
常勝ではないけれど、一発のある大喜利ができるのなら。私はこの道場で得た糧を胸に、明日もまた大喜利をするでしょう。




初めて足を踏み入れてから2年に満たない期間となりましたが、長らく大喜利の場を提供してくださり、ありがとうございました。
オーナーの星野児胡さんは、お体にご自愛し、しばらくはゆっくりとお休みになられてください。

あと、私はずっと「オーナー」と呼んでいたのですが、今後なんとお呼びすればよいのか教えてください。
「星野さん」でしょうか。



喜利の箱最後のイベントとしまして、絵回答限定大喜利「望景2~墓穴~」が開催されるようです。

望景2~墓穴~
8月9日(日曜日)18:00~21:30 予定(時間縮小の可能性あり)
価格:未定
MC:まるお
出演者:概念覆す/鮫亀/タミフルロケット/直泰/星野流人/三ル貝/くじ/星野児胡/見る目なし/六升
企画内容:普通大喜利/スケッチブック交換大喜利/4分1答大喜利

是非是非、最後の喜利の箱を皆さんで笑って締めましょう。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)