夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
URRAIグランプリ&わいわいチーム大喜利に参加した話
2016年1月30日。朝の6時半に起床して、そのまま最寄りの駅までバスで向かいます。
そして電車を乗り継いで人生で初めて新幹線に一人で乗り込み、その移動距離はおそよ400km。
はるばる新幹線やら在来線やらを乗り継いで……行って参りました!茨木!
……茨城じゃないぞ、茨木だぞ。なんだ俺、2016年の1月の内に、茨城(大洗)にも茨木にも行ってるじゃないか。好き者かよ。
茨木からの刺客ならぬ、神奈川よりやって参りました茨木への刺客です。

さて。わざわざこんな遠方まで脚を運んできた理由は、他でもありません。
実はこの翌日である31日、「未来杯NEXT2」という大喜利大会の予選があるため、それに出場する為に初めての遠征を決めたのでした。
ちなみにその前日である今日も大喜利会が同じく茨木で行われるということで、せっかくなのでそれにも参加するべく前乗りを決めたのであります。

阪急茨木市駅に到着すると、まずは昼食をとるべくその辺をうろうろ。
事前にオススメのお食事スポットを教えてもらっていたため、それらの情報を元に良さそうな店を探します。
そうして入ったのが、駅に隣接するレストラン街みたいなところにあった「ニューミュンヘン」というお店です。
ここはゴハさんから教えてもらったお店で、唐揚げランチがすっごい美味しいとのことなので、入ってみました。
食前に味噌汁が来たり、大ぶりの骨付の唐揚げが味わえたりと、教えてもらった通り美味しかったです。
mirai001.jpg



開場時間も迫っていたため、食後はそのまま会場へと向かって歩いていきました。
その道中、道路の隅っこで電話をしている田んぼマンさんとたまたま遭遇。
……いくら同じ目的でここまで来ているとはいえ、路上でまでたまたま会うかよ……。
さらにそのあとすかいどんさんまで近くを通っていきました。出会いが交錯している。
田んぼさんが電話を終えるのを待ち、そのまま一緒に会場まで行きました。
ちなみに電話していたのは、「またーりできるカプセルホテルを予約していた」とのこと。

会場に到着すると、Ikoriha Yimiranさんが会場前にいらっしゃいました。
田んぼさんに紹介してもらって少しお話させていただきました。
今思うと「大喜利ドラフト会議ではお世話になりました」とか言えればよかったんですが、そんな気の効いた言葉も出ず。
その後しばらく何人かも合流してきたのですがなかなか会場が開かず、「これ、中にもうあふろだんぺ〜さんいるのでは?」と会場の扉を開けてみたら、普通に開いてました。
開いてたんかい。

知らない人も多かったので会場の隅っこで縮こまっていると、やがてくじさんがやって参りました。
くじさんは朝からUSFの方に遊びに行っていたらしく、到着するなり机の上にもたれかかりながら「満足しました……」と至福の笑みを浮かべていらっしゃいました。
そのあとも知ってる方が来たり、知らない方が来たり、名前は知っているけどリアルでは初めましてな方々がいらっしゃったり……全体的にちょっと「初めまして率」が高過ぎて満足に挨拶もできずになんかすみませんでした……。

やがて予定されていた開始時刻が来たため、あふろだんぺ〜さんの進行が始まるのですが……。
始まるや否や、「なんで半袖なん?」と、あふろだんぺ〜さんの着ていた服に思いっきりツッコミが入りました。
まあ、確かに1月末という寒さ真っ盛りの中で、健康的な半袖のティーシャツを着てましたけど……。
その後も進行が止まるくらいのガヤで盛り上がっていたのですが、あふろだんぺ〜さんはおもむろにホイッスルを取り出しました。
おお、なるほど。裁判長の「静粛に!」的な感じでアレを吹いて、静かにさせようということなんですね!

プヒュィー……

全然鳴ってねえええええ!

「静かにしてください」

口で言っちゃったよ!

そんなこんなで始まった、最初の企画は「URRAIグランプリ」。
ルールはこんな感じですよー、とスライドを使って説明している最中に、遅れて到着したfromyohさん、スパムちゃん、脳髄筋肉さんらがドアを開けて入室。
脳髄筋肉さんは「おう、やってる?」みたいな普通なテンションで入ってきた為、そこからさらに少し遅れてすまなさそうに入ってきた椙田政高さんと比べられてそれがまた大いなるざわつきを呼んで、

ピュヒー、ヒュヒー……

鳴ってないってば!

ちなみに椙田さん、到着した時に「お名前は?」と聞かれて、

「椙田政高です!」

と声高に答えて爆笑を取ってました。
関西では名乗るだけで笑いを獲れる、怪物椙田。

ルール説明の途中から人が来たということもあったので、最初から説明をすることに。

「6人の審査員のうち、3人が手を挙げたら1URRAIとし……」
ガチャ
「すいませーん遅れましたー」
「……えーと、URRAIグランプリとは、」
「もう最初からやらんでええよ」

こんな感じの導入でした。



最初の企画は、URRAIグランプリでした。
これはIPPONグランプリと、関東の大喜利活動者うっらいさん(ひよこかけごはん主催)が謎のコラボレーションを果たした大喜利大会です。
審査員6人中3人が挙手すると1URRAIとなり、最も多くのURRAIを獲得していた人が勝利、というルールです。
お題は文章お題、画像お題ルーレット2題、文章お題、という感じです。
初代URRAIは蛇口捻流さん、2代目URRAIは番茶が飲みたいさん、そしてこの日3代目のURRAIが決まるというわけです。
なお、今回のURRAIグランプリは、初めて本家のうっらいさんが関わっていない会としても貴重なものかと思われます。
うっらいが関西で一人歩きしている。

URRAIグランプリは予選の組み分けとか完全にメモり忘れていたので、詳細な説明は省きます。すみません。

自分はAブロックに入ったので、いきなり出場となりました。
同じブロックには、田んぼさんやfromyohさん、のりじゅさんなど。
のりじゅさんは以前から知ってはいたものの、リアルではこの時が初対面でした。どうも星野流人です。

お題は「PTAから『豪華すぎる!』と苦情が殺到した運動会」「貧弱戦隊の特徴」みたいな二題でした。
一問目はあまり答えを出せなかったのですが「万国旗が我が国のものばかりだ(日本国旗ばかりの絵回答)」「競技中の音楽を東京フィルハーモニー交響楽団が演奏している」と二答ともURRAIに繋がりました。URRAIに繋がる……?
画像で一言ルーレットは、2周するのですが、二つとも苦しみながらもURRAIを落とさずに済みました。URRAIを落とす……?
二問目は「博士のことを『医学博士!』と呼ぶ」で大きな笑いを獲り、合計6URRAI獲れていたのですが、最後の最後で田んぼさんに7URRAIで抜かれて決勝進出はなりませんでした。
他の人で言うと、ヒロムさんが「ピッカピカの一年生のアンサーソング」のお題で「パッキパキの覚せい剤」と出して爆笑をとっていたり、椙田さんが出す回答出す回答会場内をめちゃくちゃ湧かせるのに結果的に1URRAIしか獲れてなかったり、Fujiさんが画像で一言ルーレットでまさかのパス権を発動したり、どのブロックも多いに盛り上がっていました。
決勝戦では画像で一言ルーレットが『なりきり画像で一言ルーレット』となり、画像で表示された人になりきって一言を言わなければならないという特殊ルールになっていたのですが、くじさんが真矢みきさんの画像と地球儀のお題が当たって「まわさないで」と言って爆笑を取ってました。
そしたら2周目でもまた同じ組み合わせの真矢みきさんと地球儀の画像に当たって、「まわさないで」と言うしか無い状態に陥っていたりしました。
激戦の結果、三代目URRAIは田んぼマンさんが襲名することとなりました。おめでとうございます!

少しの休憩時間を挟んで、「わいわいチーム大喜利」へと移行します。
これは無作為に選ばれた6人組のチームを4つ作り、そのメンバーで協力して色んな企画大喜利でポイントを奪い合い優勝を目指すという企画になります。

私のチームは、Riceさん、椙田政高さん、本塁MAXさん、Ikoriha Yimiranさん、ひらたいさん、という顔ぶれでした。

最初に行われたのは「アフレコ大喜利」。
これは一部の音声の消された動画にアフレコする大喜利です。
動画は、ドラマ版GTOの、鬼塚が壁を壊すシーン
「どうだななこ」「こっから先はお前次第だ」の2か所の台詞が消されています。
うちのチームからは私と、Riceさんが挑戦します。
自分は「寿限無 寿限無 五劫の摺り切れ海砂利水魚の 水行末 雲来末……あああ間に合わねええ」とか「ヒロシです……君ら世代は知らないかな?」とかを出しました。
他の方の回答ですと、「修繕費はお前持ちな」「ハア……ハア……どうも、変態です」とかがおもしろかったですね。

続いては「スベリ大喜利」。
これはお題に対しておもしろくないことを言って、一番つまらなかったチームが勝利というルールでした。
うちのチームからは、真っ先に決まった椙田さんと、ひらたいさんが出場しました。
椙田さんが前の方に出て行くと、「椙田さんおるやんけええええ! 終わったあああああ!」と他のチームは阿鼻叫喚でした。
しかしそこは椙田さん、いざ大喜利を始めたら普通におもしろい回答を出して笑いを獲っていました。
まあね。椙田さんは、おもしろいからね。
これだけは誤解の無いように言っておきたいんですが、椙田さんはめちゃくちゃおもしろいんですよ。
「なんでその回答でホワイトボードにそれを書くの!?」とか「なんでそれをオチにもってくるの!?」とかむちゃくちゃなツッコミどころ満載なボケを次々出してくるから、「めっちゃおもしろいけど、これに投票したら大喜利が大喜利じゃなくなる」的な判断でみんな投票することができないだけで。
だから、いざスベリ大喜利としてスベリ回答を出そうとすると、それはそれでウケてしまうのではないか、という椙田考察でした。
あとこのスベリ大喜利、きんしたまごさんやFujiさんが確かなスベリ回答を出すと満足そうにガッツポーズをしてたのも印象的でした。主旨合ってるけども。

次いでは「キレ大喜利」。
こちらにはRiceさんとIkorihaさんが出場。
数秒ごとに切り替わる画像に対して、自由にキレるという大喜利です。
「ヤジ飛ばし王決定戦」みたいな感じでっしゃろか。
子供がサランラップに顔を押し付けてる画像が出て、Riceさんが開口一番「ブッサイクやな〜!」と言ってたのめっちゃおもしろかった……。

4つめは「まんが大喜利」。
これはお題として出てきた漫画の画像の、続きのコマを描く大喜利です。
うちのチームからは私と、本塁MAXさんが挑戦します。
画像は「ドラえもん」ののび太とドラえもんにしずかちゃんがスモールライトを当ててる画像でした。
で、これ私が絵を描きたいという思いから志願して挑戦していたのですが、まんが大喜利でもあるが故にどうしても絵のディティールにこだわりたくなってしまい、結果2答しかできないという結果に終わってしまいました。
まあ、この時間に関しては、大喜利じゃなくて絵を描きに行ってただけだったからな、完全に……。
なお、2答目はしずかちゃんのエロい絵を好き勝手描いて出しただけなんですが、それは。

5つめは「半雀」。
これは面雀の半分の企画で、出てきた単語一つの前か後ろに一つ単語を付け足しておもしろい単語にする大喜利です。
うちのチームからはひらたいさんとIkorihaさんが出場。
しかしこれ、端から見ていると、普通の一単語を、付け加えるだけでおもしろいものに変えなければならないので、普通に大喜利らしい大喜利で、むずかしそうな感じがしましたね。

最後は「ものボケ」です。
これはそのまま、小道具を使ってボケるというもの。
最後はうちのチームからは椙田さんと本塁MAXさんが登場。
ここでは椙田さんが非常に生き生きとしていました。
おもちゃのテニスラケットで剣玉みたいな動きをした後に本物の剣玉を取り出して「ご本人、登場ー!」とか。
あとはコウショウさんがホワイトボードを持って愛想笑いしながら、「大喜利始めた頃の僕」とかやってたのもおもしろかったですね。
最後は椙田さんの爆発により1位を獲ったのですが、その時には1位を獲ろうが最下位のままというくらいには獲得ポイントが離されてしまっていたり。

6つの壁でそれぞれ奪い合ったポイントを持ったまま、チーム戦は最終局面へ。
「一問一答博打ルーレット大喜利」と題されたこの企画は、3問のお題に対し各チーム2人ずつが挑戦し、それぞれの一番良かったチームが最後にポイントが倍になったり減ったりするルーレットをまわすことのできる、大逆転可能な博打企画。
しかしながらうちのチームは3問あっていずれも0票で、完封負けを喰らわされてしまいました。
そんなこんなで優勝したのは、きんしたまごさん、卵焼兄弟さん、ヒゲ王子さん、かるあさん、ピエタ・ノアレさん、夢雅一片さんによる白チームでした。おめでとうございます!

というわけで初遠征先で行われたURRAIグランプリ&わいわいチーム大喜利は大盛況のままに終わりました。
主催と進行をしてくださいましたあふろだんぺ〜さん、本当にありがとうございました!
なお、会が終わってもあふろだんぺ〜さんが半袖な理由はまったく分かりませんでした。外套は普通に着てました。



終わったあとは打ち上げと称して飲み会に向かいました。
参加メンバーは、わたくし星野流人、田んぼマンさん、椙田政高さん、スパムちゃん、くじさん、のりじゅさん、Fujiさん、Riceさん、すかいどんさん、ピエタ・ノアレさん、コウショウさん、本塁MAXさん、脳髄筋肉さん、fromyohさん、でした。
隣接するテーブル3つを占領して、飲めや騒げやの楽しい会でした。
飲み会の様子は、ハイライトでどうぞ。

・乾杯のあいさつでまったく挨拶無く「乾杯ー!」に流れ込む
・fromyohさんがアヒージョを食べたがる
・椙田さんが焼き鳥の串を外したりしてたので、「椙田女子力」と呼ばれる
・fromyohさんが「のりじゅさんすぐ怒る」と、すぐ怒る人に面と言ったら駄目だろう的なコメント
・ボケ問答の話題で盛り上がる。あの回答おもしろかったとか、ピックアップしたとか、ああいう話をリアルでできるのはとても楽しい
・ウメトナの話題でも盛り上がる
・すかいどんさん「悪答と聞いていたけれど普通の大喜利をする方で安心した」。そら……。
・本塁MAXさんが私と同じ広島東洋カープファンかつ朝比奈みくるちゃん好きと判明
・私が生絞りパインサワーを頼んだら、パインがそのまま出てきて自分が搾るタイプだった
・女性店員さんに「おしぼりしましょうか?」と言われたので「お願いします」と頼んだら、のりじゅさんから「星野流人 へたれ」と検索ワードみたいに言われた
・くじさんの前でタバコを吸うふりをしてココアシガレットをくわえ、それをそのままバリバリ食べて驚かせることに成功

そんな飲み会でした。

で。
飲み会が終わったあとはそのままみんなしてワッツマフィンへ向かう流れになったのですが、私は茨木に宿をとっていたもので、一旦茨木駅から離れてしまうよりかはこのままホテルにチェックインしようと思い、ここで一旦お別れすることにしました。
……「電車乗るんですよね? 今から行くと遠い」と言ったら、なぜかめっちゃ非難囂々でしたが。

皆さんと別れた後は、そのまま予約していたホテルへ直行。
チェックインして荷物を置いたら、今度はホテルへ向かう道中に見かけて気になったラーメン屋へとって帰りました。
飲み会後でも、俺はラーメンを食う。
mirai002.jpg


そのあとは再び宿まで戻って、初めてのビジネスホテルを堪能しました。
サッカーの韓国戦を観ていたのですが、前半で2点を入れられてしまい、「明日も早いから、もう寝るか……」と思ってテレビを消したら、その数分後に2点をとって、逆転勝ちをしていたということを、翌朝知りました。
プレミア12の真逆ですね。

そんな感じの、初遠征・大阪1日目でした。



2日目につづく。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)