夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
神様ゲーム3 カミハダレガマモルベキ
神様ゲーム3 カミハダレガマモルベキ」を読了しました。
宮崎柊羽   イラスト/七草

表紙はかのう様。

収録内容は、
prologue:シロイヨル
prologue:クロイヨル
game1:マヒルノヨビダシ
save1:ユウバエノスリル
game2:ヨイノギワク
save2:タソガレニノビルイト
game3:マヨナカノウソツキ

何だかんだで購入から3日目で神様ゲーム3を読み終えました。
今回は今までの一巻完結式で無く、「神様ゲーム4」に続きます。
いまだ真相は闇の中。
そして今作でも鈴木の出番はやっぱり少なかった。
かなり入り組んだストーリーなので、全く先が読めませんでした。
4で気持ちよく終了することが出来たら凄いと思う。
果たして羽黒花南の真相とは!?
………もう完全に学園を忘れ去っています。

春。土地神である“かのう様”を和家がもて
なす盛大な“祭り”の季節。秋庭多加良たち
生徒会の面々は特別に招待されたものの、黒
猫の仮面を被った謎の集団が和家に侵入し、
祭りは大混乱に陥る。しかも黒猫集団の目的
は“神を盗むこと”だという。実体がない“
かのう様”をどうやって盗むんだ? それと
も今回も“かのう様”が仕掛けた、腹黒ゲー
ムなのか? これは最も謎めいて、少しせつ
ない“神様-神様ゲーム”の始まり――!

神様ゲーム裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)