夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 第1巻
ひぐらしのなく頃に解 目明し編」を購入しました。
(原作・監修・竜騎士07  /  作画・方條ゆとり

表紙は園崎詩音。

収録内容は、
第1話/帰郷
第2話/再会
第3話/オヤシロさま
第4話/「ユルサナイ…」
第5話/ワタ流し

ひぐらしのなく頃に解、目明し編。
主人公は園崎詩音で、出題編の一年前・昭和57年からのスタート。
まだまだショッキングな内容は含まれておりません。
…ということは第2巻は相当濃い内容に………?

とりあえずは詩音と悟史くんの微笑ましい数日の日常。
しかし段々と心の病が悪化する悟史。
………そして惨劇が始まる。

個人的にはカバー裏にある4コマ「医師 入江京介」が面白かった。


07th Storming Party
舞台は昭和57年。
双子の妹という事で忌むべき存在だった園崎詩音は、
園崎家頭首の意向に背き興宮の街に戻ってくる。
詩音を襲う不安と孤独。
だがそんな彼女の前に一人の少年が現れる。
彼の名は北条悟史。
悟史との出会いが詩音の運命を大きく変えていくのだった!
ひぐらしのなく頃に 綿流し編」で語られなかった謎が、今明かされていく―!!

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)