夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ひぐらしのなく頃に 宵越し編 第1巻
ひぐらしのなく頃に 宵越し編 第1巻」を購入しました。
(原作・監修・竜騎士07  /  作画・みもり

表紙は園崎魅音。

収録内容は、
第0話
第1話/6月21日午後9時
第2話/6月21日午後10時
第3話/6月21日午後11時 集会所①
第4話/6月22日午前0時 集会所②
第5話/6月22日午前0時30分 古手神社①
第6話/6月22日午前1時 古手神社②

舞台は普段のひぐらし世界から飛んで現代の平成18年。
ストーリーは竜騎士07氏書下ろしのオリジナルストーリー。
昭和58年6月に大災害が起こり、その後20年の時を経て再び立ち入りが許可された地・雛見沢が舞台。
主人公は観光で雛見沢に訪れた、乙部彰。
そして旅先で偶然出会った女性、園崎魅音。
同じく観光で雛見沢に訪れた、十和田八重と黒澤工。
雛見沢に取材で訪れた、フリーライターの荒川龍ノ介。
世代が違えど闇が巣食うひぐらし世界で、乙部達は一体どうなってしまうのか!?

………っていうストーリー。
イラストは多少くせがあるので、好き嫌いが出るかも。
園崎魅音20年前のレナの学校篭城事件で死亡したらしい。
(つまり圭一は奇跡を起こせなかったワケか…)
………って事は、もしかして詩音とかいうオチ?
乙部も充分怪しいけど。


07th Storming Party
舞台は平成18年、雛見沢。
雛見沢村――それまではごく平凡な山間の小さな寒村に過ぎなかった。
しかし、昭和58年6月に起こった大災害により一夜にして村は全滅する。
20余年の年月を経て、やっと封鎖が解かれたその村に、
何者かに呼び寄せられるがごとく集まってくる者達。
奇しくも、かつて綿流し祭りの行われていた初夏、彼らに訪れる運命とは!?
長き眠りについていた鬼が、―――再び目を覚ます!

ゲームから始まり、コミック、アニメと異例の大ヒットを続ける
ひぐらしのなく頃に」の原作者・竜騎士07が書き下ろしたひぐらし外伝!!

ひぐらしのなく頃に 宵越し編 裏表紙より)
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)