夜空の日記
『夜空の日記』といっても天体観測をする日記ではありません。 漫画や小説(ラノベ)やアニメについて色々書いたり書かなかったり。
ハヤテのごとく! #6
ハヤテのごとく!

第6話 時が見えると君は言うけど、たぶんそれは走馬灯

前回、伊澄を無事三千院家に送り届けると、ボロボロのカシミアのコートと共に何処へと走り去って行ったハヤテ君。
帝さんから例の物も貰っていないのに、こんなに不幸で良いんでしょうか。

ボロボロのカシミアのコートを片手に、何処へ行くでもなく歩いていると、以前ハヤテを売り飛ばそうとしたヤクザの連中と遭遇。
原作では「以前、僕を売りとばそうとした人身売買のヤクザ!!」。
アニメでは「南国のパラダイスに連れてってくださろうとした心優しい方々!!」。
うん、とってもやわらかいです。
そしてその後伊澄家の執事とも遭遇、全面戦争勃発。

ちょっとした勘違い(?)から、戦争から命辛々戻ってきたハヤテを、ナギが外へ締め出してしまい、ハヤテくんは風邪を引いてしまいました。
画面チェンジの際、意味もなく西沢さんが風呂場で「みどりのたぬき」を食べて「暑っ……」と言ってました。
そろそろ西沢さんにちゃんとした登場シーンを与えてあげてください……。

原作通り風邪を引いたハヤテを看病するために、ナギがおかゆとやらを作ろうと言い出します。
「行くぞ、タマ!」「ニャ、ニャア……」
……タマの声、やっぱり渋すぎますってば。

台所では前回からずっと部屋でダウンタウンのDVD BOXを観ていたらしい咲夜が、食材を物色中。
……なんだろう、咲夜のお笑い好きって、若手系よりも往年のベテラン系が好みなのだろうか?
ところで咲夜ってば、三千院家にわざわざ何しに来ているのであろうか。



CM入り。(前回まで。 伊澄「血祭りワッショイ」)
ヤクザ「いらっしゃいませ ご主人様!」
鷺ノ宮家執事「まぁまぁまぁ」
CM明け。(ヤクザの「ご主人様!」は、吹いた……)



見た目は意外と美味しそうなおかゆを無事完成させたナギ。
果たして、そのお味は……!?
「!?  ……これは、塩加減が間違ってるとか…微妙に酢飯の味がするとか中まで火が通っていないとかそれ以前に!」
………。
キッチン用中性洗剤(ママレモン)の味がする……。
でも、それでも洗剤入りおかゆをハヤテは無事完食!
主の期待に答える事! それが執事のアイデンティティ!!

結局夜のビリヤード編はありませんでした。
この期を逃がすと、ビリヤード編は無いかもしれないなぁ……。

夜が開けてハヤテの風邪もすっかり回復!
すると屋敷の中に見慣れないメイドさんが……。
貴嶋サキさん登場です。
声優さんは「中島沙樹」さん(メルヘヴンのドロシーより、この時間連投)。
サキ&沙樹じゃないですか。
声もピッタリでした。

そして庭に出てみると、もう一人の客人、橘ワタルが登場。
声優さんは「井上麻里奈」さん(ジャぱんの冠茂。 言われてみれば、確かに…!)。
微妙にあんまり雰囲気合ってないような気もするけれど、子供だしまぁアレでも良いのかな?

と、言う訳で無事、三千院ナギの許婚、橘ワタルくんが登場いたしました。
次回、アンダーグラウンドと闘いまっす!

………あ、咲夜、まだDVD観てたんですか!?



そして今回から始まった新コーナー!
「執事通信」!
………まったくもって意味不明!
また来週!



次回、ハヤテのごとく!
第7話「男の戦い」
ハヤテにしては、珍しく短いサブタイでした。
3巻1話のタイトルそのまんまです。
多分、ワタルの家に行こう!っていう内容で……そのあたりで終わる気が。



今回のお話は、
2巻8話 バッドエンド直行フラグ立ちまくり
2巻9話 バカでもカゼは引くから助けてナースエンジェル。まだまだいくよーっ!!
2巻11話 振り返った時 あれが不幸の始まりだったと思い出す
より。


ハヤテのごとく!アニメ
出演者

綾崎ハヤテ
三千院ナギ
マリア

愛沢咲夜
鷺ノ宮伊澄
橘ワタル
貴嶋サキ
西沢歩

クラウス
タマ
兄貴分
舎弟
黒服
警備メカ

天の声
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
品質評価 31 / 萌え評価 49 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 33 / シリアス評価 26 / お色気評価 56 / 総合評価 35レビュー数 251 件 伊澄がナギの家に遊びに来た。ナギは、伊澄が迷子になると予想していたのだが、意外と早くに遊びに来れた。伊澄はちゃんと迷子になったのに、ナ
2007/08/26(日) 13:36:55) | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン